ジャナイトスタッフ日記TOP > バックナンバー:2006年02月

« 2006年01月 | ジャナイトスタッフ日記TOP | 2006年03月 »

2006年02月28日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード005 空想ギター。

005Bです。


皆さんは「air guitar」をご存知でしょうか?

知っている方もおられるかと思いますが、

最近、雑誌やテレビで、話題になりつつある、少し変わった空想ギターパフォーマンスなんです。

自分も少し面白いなと感じテレビ等でチェックする様になったのです。 


「air guitar」… 簡単に言ってしまえば、ギターの弾きまね。

「音楽に合わせて目に見えない楽器をプレイすること」空想のギターを奏で、

ロックパフォーマンスとして人々の注目を集め始めている。

1996年から世界大会も開催され、2005年、エアギター日本支部も設立されてる。

テレビでは、「Gの嵐」などで

ジャニーズの嵐などがエアバンドを結成し、空想の楽器をプレイして話題となっている。

そんな「air guitar」がこちら↓


air01.jpg

air02.jpg


(↑日本唯一のエアギター世界大会ファイナリストであり2年連続で4位を獲得し、

初の国内大会優勝者の、金剛地武志 氏 その彼のエアギタープレイ。)


そんなエアギターが気になっていた矢先、

なんと、美術大学時代の友人が「air guitar」の日本大会で6位に入賞したと言うのです!!

えぇ! あの「air guitar」で?

聞いた瞬間、驚きつつ笑ってしまったのですが、

私自身、最近テレビで知ったばかり。日本だけでなく世界大会がある事に

驚きながら番組を見ていたのに、

まさか大学時代の知り合いが入賞していたとはまさにビックリ仰天です!

大体、どれほどの人がエアギターをやっているものやら…。

しかしながら、その友人、大学時代からバンドをやっており、

パフォーマンスとしても面白い活動をしていたので、その話を聞いて納得。

エアギターをするエキサイトした姿が目に浮かび、また何だか笑えてくるのです。


小学校や中学校で、ほうきをギター代わりにし、遊んだ記憶は

自分自身にもあるのですが、まさか何も持たず演技をする

「air guitar」と言う大会までが開かれる様になるとは、驚きです。


パフォーマンスで物事を表現することを大学時代からして来た友人。

現在、社会人として生活しているのですが、今もこうして違う場所でも

パフォーマンスを忘れず活動している。そのことを知ると、

何となく笑ってしまう様なものですが、嬉しく感じるものです。


それでも、見てる分には楽しいが、自分には出来ないなと思う

005Bでした。

 

投稿者 staff005 : 20:18 | コメント (0)

2006年02月27日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 【ちょっと気になるこのクルマ】 ランボルギーニ ミウラ コンセプト

001です。
1976~77年頃の広島県は安佐郡(現在の安佐南区)、
とある幼稚園ではスーパーカーが大ブームでした。
アイテムとしてはスーパーカー消しゴムとブロマイド。
ポルシェやフェラーリが人気の中心となっていましたが
私が何よりも惹かれたのはランボルギーニ カウンタック LP400でした。
這いつくばるような低さ、そしてガルウィング。
少年の頭の中は寝てもさめてもカウンタックでした。
なぜかリアウイングの付いているLP500ではなく
付いていないLP400がお気に入り。
いまだにGTウイングは好きではありません。。

そんなカウンタックが登場したのは1973年。
その前の時代にランボルギーニ社を代表していたのがミウラというクルマです。
1966年に市販されたこのミウラ、
1075kgの軽量ながら、運転席のすぐ後ろに積まれたエンジンは
排気量4000ccで350馬力!
1968年には370馬力、そして1971年にはなんと385馬力にまで
出力が上げられたのです。

そんなミウラが今年の1月にデトロイトで開催された
北米自動車ショーのランボルギーニブースで復活しました。
その名も「ランボルギーニ ミウラ コンセプト」。
考えたらミウラの登場からちょうど40年。
アウディグループのヴァルター・デ・シルバというデザイナーによって
デザインされた新しいミウラの形はほぼ当時と同じ!
スッキリしていてメチャクチャカッコイイ!

いわゆるスーパーカーの中で、所有してみたい!と思ったのは
「フェラーリ 412」に続いて2台目です。
(412はスーパーカーと言ってよいのでしょうか・・)


「ランボルギーニ ミウラ コンセプト」の詳細や写真はココでチェックできます。
  ランボルギーニ ジャパン WEBサイト内 Press Release
  「ランボルギーニ ミウラ コンセプト」発表

投稿者 staff001 : 22:52 | コメント (0) | トラックバック

2006年02月26日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 【Project 8】 ステッカーデザイン

001です。
2月17日の投稿「ステッカーチューン」。
格安でイメージを大きく変えられる。
しかも気に入らなくなれば剥がすことができる。
剥がせば元通り、キレイにすることができます。
そして完全オリジナル。
誰かが同じものをつけているかも知れない市販のエアロパーツや
その他のチューニングパーツとはわけが違います。

というわけでボディサイドに施工をしたらどんなことになるのか・・
PC上で試してみることに。
あまりハデハデもいかがなものかと思うのでシンプルな色使いに。
8-001.jpg
 アドバンパターン
8-002.jpg
 ファイヤパターン1
8-003.jpg
 ファイヤパターン2

こうしてやってみてはじめて気付いたことがあります。
センス無~っ!!
こういうのはやはりデザイナーさんに任せないとダメです。

投稿者 staff001 : 21:43 | コメント (0) | トラックバック

2006年02月24日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 ホンダ新型軽乗用車「ゼスト」を発売

ホンダは、新型軽乗用車「ゼスト」を2月23日に発表、
3月1日から全国で発売を開始します。
am0602001L.jpg
ゼストは、日常のショッピングや週末のレジャーなど
さまざまなシーンでパーソナルな使い方のみならず、
家族での使い方まで幅広い用途に応えることができる
軽乗用車を目指し開発されました。
独自の低床プラットフォーム技術により、
低いテールゲート開口地上高と大容量の荷室を実現。
同社のステップワゴンと同等の室内高により
広々とした空間も生み出しています。
さらにi-DSIエンジン・i-DSIターボエンジンと
電子制御4速ATとの組み合わせにより、
中低速から力強くスムーズな走りを実現しています。
am0602031L.jpg
加えて、前後席に対応したサイドカーテンエアバッグシステムや
車相互の衝突時に自己保護性能を大幅に向上させるとともに
相手車両への攻撃性を低減するコンパティビリティ対応ボディを
採用するなど高い安全性能を確保しています。

ちなみにゼスト(ZEST[英語])の意味は
ピリッとした刺激・魅力、熱情、楽しみ・風味を添えるモノ。
価格は1,039,500~1,575,000円(消費税込み)となります。


ホンダの軽自動車には他にライフやバモス、
ミッドシップオープン2シーターのビートなど
魅力的なクルマがありますね。
そんな中でも私が最も気になる1台が「Z(ゼット)」です。
発売当時、ZZ TOPがCMに出ていたからではありません。
軽ワゴンっぽいスタイルながら
デカめのタイヤを履いてしかも4WD。
クロカンのような風情もあるわけです。
「アンダーフロアミッドシップ」といって
後席の床下に配置されているエンジンは
3気筒SOHC12バルブの自然吸気とターボの2種類。
前席の下あたりがクルマの重心となるため
安定感があって走りが楽しいクルマということです。

前に何かの雑誌で見かけたZは
ビス留めのオーバーフェンダーを装着し、
ゴツゴツのタイヤを履き、ややリフトアップしていました。
カッコよかったですね~。
z.JPG
写真はJU栃木に所属している日晃自動車販売のZ UM-4です。
平成12年式、走行距離49,504kmで590,000円です。
(2月24日現在JUジャナイト在庫)

投稿者 staff001 : 22:30 | コメント (0) | トラックバック

2006年02月23日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 事故現場からの戒め

「警察24時」的なTV番組が好きな001です。
といっても別に
悪質なひき逃げ犯を追え とか
暴走族検挙に燃える警部 とか
祭りの最後は若者大乱闘 とか
酔っ払いvs警官の珍問答 とか
無許可風俗店に家宅捜索 とか
盗難車の中から薬物が・・・ とか
初日の出暴走を食い止めろ とか
ほのぼの村の駐在さん物語 とか
そういうのを期待しているわけではないのです。

見どころは何と言っても交通事故現場系です。
かといって「しょーがね~な~」と言いながら
人の不幸を笑うわけではありません。
いつ自分が同じ状況になるかわかりませんから。
事故現場の映像が悲惨であればあるほど
「やっぱりクルマやバイクの運転って怖いもんだな」
って思うじゃないですか。
2、3ヶ月に1度でもいいから
たまにはそういうことを思わないと
「気をつけて運転しよう」
って改めて思わないじゃないですか。
何にもないのに
「最近のオレって飛ばし気味だったかも」
なんて思わないんですよ。

実際に街中を走っていて偶然
事故現場に出くわすこともあります。
そういう時はできるだけしっかり見ておきます。
「ああならないように気をつけよっと」
思いますよ、やっぱり。
でもそうそう事故現場に遭遇することもないわけで。

ですからこういう番組で事故現場の映像を見て
何となく忘れかけていたころに
「気をつけて運転しよう」って思いたいわけです。

投稿者 staff001 : 23:35 | コメント (0) | トラックバック

2006年02月22日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 Enjoy Honda SUZUKA 2006

ホンダは4月15日(土)、16日(日)の2日間、
三重県の鈴鹿サーキットにおいて
ホンダファンへの感謝イベント “Enjoy Honda SUZUKA 2006”
を開催します。
このイベントは2001年9月に第1回を開催して以来、
鈴鹿サーキットと栃木県のツインリンクもてぎ
で毎年開催しており、今回で9回目となります。

今回のイベントは、2輪、4輪、汎用製品などの展示のほか、
ホンダが取り組むハイブリッド車や太陽電池などの環境技術、
二足歩行ロボット「ASIMO」などの先進技術、
そして親子バイクスクールや交通安全講習など
ホンダの取り組む環境、安全、先進技術を紹介します。
さらに、レーシングマシン展示やコクピット乗車体験など、
いろいろなホンダを見て、遊んで、体感できる内容だそうです。

■■開催プログラム(予定)■■
○ 国際レーシングコース
・Enjoy Honda応援席
・バスツアー
・パドックツアー
○ グランプリスクエア
・最新の2輪車・4輪車・汎用製品の展示
・Hondaレーシングマシン展示
・Enjoy Hondaステージ(ASIMOショー・ゲーム大会)
・スタンプラリーゴール受付
○ 交通教育センター
・交通安全講習体験
・親子バイクスクール
・先進技術体験試乗会
・最新バイク試乗会
○ オートキャンプフィールド Gサイト
・Honda Dog World(愛犬同伴入場可能エリア)

詳しくは「Enjoy Honda」ページから


今年はこの鈴鹿のほか、
レースシーズンが終了した11月23日(木)の祝日に
モータースポーツファンを対象とした“Honda Racing THANKS DAY”
をツインリンクもてぎにて開催します。

投稿者 staff001 : 23:47 | コメント (0) | トラックバック

2006年02月21日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード005 白夜行がヤバイ!

ようこそここへ 遊ぼうよパラダイス 胸の林檎むいて

大人は見えない しゃかりきコロンブス 夢の島までは さがせない


…。

書いてみるとすごい歌詞ですね。

ご存知の通り光GENJIの『パラダイス銀河』です。

唐突な書き出しですいません。

午前中から頭の中で『パラダイス銀河』がずっとループしている005Aです。

1月31日の005BのBlogに

東野圭吾氏の『容疑者Xの献身』がおもしろい!

ということが書いてありましたが、

今005Bも含め、社でハマっているのが同氏原作のTVドラマ、『白夜行』です!

高視聴率のドラマなので見ている方もたくさんいると思いますが、

byakuyakou.jpg

これもまたヤバイです!ヤヴァイです!毎週続きが気になって仕方ありません!

主演の山田孝之さんや綾瀬はるかさんも結構好きな俳優なんですが、

特に松浦勇役を演じる渡部篤郎さんがすごいです。

渡部さんは、『ストーカー -逃げきれぬ愛』(1997)や『ケイゾク』(1999)の時も

その演技はすさまじいものがありましたが、

今回もまた違った渡部篤郎、というか松浦勇がそこにいました。

そして今回の『白夜行』で、すごく新鮮な印象を受けたのは、武田鉄矢さんです。

どうしても武田鉄矢といえば、金八先生のイメージを持ってしまいますが、

今回は見事にその武田鉄矢=金八先生のイメージの図式を打ち消していると思います!

刑事の役なんですが、その眼光の鋭さは必見です!

というわけで、最近木曜が待ち遠しい005Aでした。

投稿者 staff005 : 20:30 | コメント (0) | トラックバック

2006年02月18日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 【たまに聴くならこんな音】 音楽ダウンロード

はじめてNetwork Walkmanに転送した曲は
PRE-SCHOOLというグループの「Spunky Josh」という曲だった001です。

昨年秋にNetwork Walkmanを購入以来、
自宅のCDの曲だけを転送して持ち歩いておりました。
といっても厳選に厳選を重ねたため、
CDの枚数のわりに入れた曲数はたいしてなく、
メモリはスカスカな状況。。

そこで遅ればせながら今回初めて、
音楽ダウンロードサイトから音楽ファイルを購入してみました。
以前にもチラリと紹介しましたが
自宅のPCはSONYのVAIO、ソフトウェアもSONYのSonicStage、
というわけで利用したダウンロードサイトは「Mora(モーラ)」です。
mora.jpg
私の場合はクレジットカードを使いましたが
ほんとにすぐに落とせてしまうんですね。
スタッフコード006氏も以前言っていましたが
1曲のためにCDを1枚買うのもどうかという場合があるじゃないですか。
1曲150~200円ですから。
お買い得なのでついついあれもこれもになってしまいます。。

今回購入したのは計10曲。
1回で購入可能なのが10曲だったからなんですが。
・ 20年近く前に聴いていたBON JOVIの「You Give Love A Bad Name」
・ 16、7年前に出たANTHRAXの「GOT THE TIME」
・ ドラマ“トリック”のエンディングに使われていた鬼束ちひろの「月光」
・ 大塚愛のノリノリの曲「さくらんぼ」と「SMILY」
・ 前から気になっていたダンスロックグループ DOPING PANDAの「MIRACLE」
などなど。

しかしまあ我ながら・・・なんという脈絡の無さ!
でもこういうのをシャッフルして通勤途中に聴く、というのが味わい深いわけですね。

投稿者 staff001 : 23:31 | コメント (0) | トラックバック

2006年02月17日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 ステッカーチューン

001ですこんばんは。
D1グランプリのDVDを見ていて思いつきました。
D1の車輌ってハデハデじゃないですか。
まあ、エアロパーツもまとっていますが
やはり一般のクルマと「見た目で」大きく異なるのは
カラーリングやステッカーです。

そうです!
比較的お金をかけず、極めてオリジナリルな感じに仕上がってしまうのが
ステッカーチューンです。
よく見かけるものに、自分が交換したパーツメーカーのロゴステッカーを
フロントドア付近に並べて貼るなんてのがあります。
マフラーであれば、装着したメーカーのステッカーを
マフラーの出口付近に貼ったりしてますね。

別にパーツメーカーロゴにこだわることはなく、
自分が気に入ったステッカーを好きな場所に貼る!
というのが基本です。
文字でも柄でも絵でも何でもいいんです。
一気に周りのクルマと違う感じになりますし、
自分のテンションも上がり気味になることうけあいです。

気に入ったステッカーが売っていない場合は
カッティングシートを買ってきて自作してしまうのもいいですね。
いわゆるステッカーチューンとはやや違うのかも知れませんが
個人的にやってみたいと思っているのが
クルマの中央にド~ンとラインを引いてみることです。
ホントならペイントするところなんでしょうが
お手軽カッティングシートを利用すれば自分で簡単に、
しかも安く仕上げることができる上、
気に入らなければ剥がすこともできるわけですよ。

というわけで
恒例の妄想をPC上で再現してみました。
賛否両論あるとは思いますが、1つの方向性ということで。
8のコピー.jpg

投稿者 staff001 : 23:19 | コメント (0) | トラックバック

2006年02月16日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 水素ロータリーエンジン車の限定リース販売開始

マツダは2月10日、運転席のスイッチを切り替えることで
水素での走行/ガソリンでの走行を選択できるシステム
「デュアルフューエルシステム」を採用した
水素ロータリーエンジン車「マツダRX-8ハイドロジェンRE」の
国土交通大臣認定を取得しました。
これにより、リース車両の限定販売を開始、
2月15日にはエネルギー関連の民間企業2社との
リース販売契約に合意したそうです。
納車は3月下旬を予定しており、
今年度、地方自治体やエネルギー関連企業などに
合計10台程度の限定リース販売を行う計画です。
jptms05_022s.jpg
このクルマは水素とガソリンのどちらでも走行できるため、
“水素ステーション”などが近くにない地域でも
不安なく走行できるというのが特徴です。
水素走行時のCO2(二酸化炭素)排出量はゼロ、
NOx(窒素酸化物)もほとんど発生しないにもかかわらず
自然なドライビングフィールを両立しているそうです。

既存のエンジン部品や生産設備などを活用できるので
低コストでの実用化が可能なこのクルマ。
気になるその標準リース価格は、
現在国内でリースされている燃料電池車のほぼ半額となる
消費税込42万円/月(リース期間30ヶ月の場合)だそうです。

しかし“水素ステーション”ってのはソコソコあるんでしょうか。
私は見かけた覚えがまったくないのですが。。
見かけたらぜひのぞいてみたいですね。
マツダのディーラーでも充填(?)できないと・・という気もしますが。


関係ありませんが、ウチの8の燃費はノーマル状態の時で
 街乗り100%・・・・7km/L
 高速道路50%+街乗り50%・・・・8km/L
 高速道路100%(110km平均)・・・11km/L !!!
でしたが、
足回りを変更してからは街乗り100%で6.5km/L になりました。。
ハイオクを食らいますのでキビシイ。
といいつつ、そこを気にしてたらこのクルマは買ってませんね。

投稿者 staff001 : 23:51 | コメント (0) | トラックバック

2006年02月15日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 本人を確認する方法

001です。
ラ・フランス堺氏のブログ「おフランスな生活」の記事に
モバイルスイカ、おサイフケータイのお話がありました。
私もJR東日本のSuicaやビットワレットの電子マネー“Edy”カードを持っています。
そうしたカードたちが携帯に組み込まれているというわけです。
前にもそんな事柄を書きましたが、カードという概念はなくなり、
すべてが携帯で事足りる という時代が来るのかも知れません。

しかしながらインターネットのニュース記事には
「おサイフケータイには不安がある」と感じている人が
全体の半数以上いるという意識調査の結果が載っていました。
紛失したときは不安ですよね。
非接触での読み取りが可能であれば、
知らないうちに決済されていることも考えられます。

ということはですよ
クレジットカードでの決済もそうですが
携帯内蔵型を含む電子マネーでの決済では
しっかりと本人確認をすべきだと思うわけです。

でもですよ
キャッシュコーナーで小型カメラを利用した“盗み見”
なんてのがあるわけです。
暗証番号や署名ごときでは本人確認手段にならんわけですね。

そこで考えられるのがバイオメトリクスという技術です。
これは生物個体が持つ特性により人物を認識する技術。
一部銀行のキャッシュカードでは
手の甲の静脈を利用した本人確認が行われています。
有名なものでは指紋認証というのがありますね。
PCや携帯のログイン、住宅用の鍵などでも利用されています。
他にも眼球の血管膜で認証する虹彩認証、
顔の特徴(目や鼻のバランスなど)で認証する顔認証、
手の形で認証する掌形認証などがあります。

映画なんかでは
大金の入った最強セキュリティ金庫に入るときや
機密情報にアクセスするためのコンピュータ室に入るときなどに
こうした本人認証をする場面が出てきます。

本人認証手段をまとめると以下のようになろうかと思われますが
究極はきっとバイオメトリクスなんでしょう。
─────────────────────────────────
■個体の特徴による →バイオメトリクス
記憶や持ち運びが不要だが、特種で高度な機器やソフトが必要になる
─────────────────────────────────
■持ち物による    →ICカードや磁気カードなどを利用
持ち運びや操作が簡単だが、盗難・偽造・紛失の可能性あり
─────────────────────────────────
■知識による      →パスワードや暗証番号などを利用
物的に盗まれず、システムが単純だが、記憶が必要で盗み見られる可能性あり
─────────────────────────────────

落とさない、無くさない、常に持っている、盗まれない、忘れない。
(殺されたり意識を失ったりした場合は盗まれますが・・・)
現金以外の決済はそんな本人確認手段を利用して行われるべきなんですよ。
おサイフケータイだってサイフ代わりになる前に
確実に本人でないと利用できないようにする必要があるわけです。
指紋認証できる機種もありますがすべてではないですよね。
普及するにはそういう不安を払拭する必要があるのだと思います。

さらにいうと、2つ以上の本人確認手段を組み合わせるのが
高セキュリティでかつ使い勝手が良いのではないかと思われます。
認証機(読取機)も100%ではないでしょうし
職業の関係で指紋が人より薄い人もいるはずです。
身体的特徴となると必ずしも状態が一定とは言い切れませんから。

日本も安全な国ではありません。
そろそろこうした技術を本気で取り入れる必要がありそうな気がしますね。

投稿者 staff001 : 21:43 | コメント (0) | トラックバック

2006年02月14日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード005 リ、リアル…。

005Bです。


さて本日、2月14日(火)と言えば、皆さんもご存知

バレンタインデー!

本命ではなくとも、頂けると非常に嬉しいものです。

我が社にも、頂いたチョコレートが幾つかありまして、

中には、少し変わった面白いモノもあるのです。

それが、こちら↓

choco_44.jpg


zoo02.jpg


リ、リアル!! 何ですか?!このワニ!! 思わず叫んでしまう程。

驚きのリアルさです。 箱を開けた途端、美味しそうなチョコの香りと共に

現れたのは、ワニ。 このワニの大きさが、15cmくらいで、

ワニのゴツゴツとした背中がまたリアル! 実に良く出来ています。

他にも、象や、カバ、オラウータン、パンダなど

食べてしまうには勿体ないほど良く出来たモノばかりです。 


そんな感激なチョコ、(株)スイートプラザから発売されており、

《動物型チョコレート》

「Chocolate World of Zoology」シリーズ

の The Pink Jungle Edition というもの。

動物ファンでなくとも非常に嬉しい一品です。


しかし、頂いた驚きチョコはこれだけじゃ無かったのです!

本物?!と思うほどのこちらのチョコ、↓

carmania01.jpg

kougu002.jpg

『神戸フランツ』から出ております。 
 
(カーマニアセット)なるもの、


エンボス文字やグリッドの凹凸など、

実際に工具を使用する方なら感動すること間違いなしのリアルさ!!

この作り本当、お見事でございます。流石、マニアセット!

と言うだけの事はあります。

(内容はスパナSS×1本、スパナS×1本、ペンチ×1本、

モンキィー×1本の計4本と充実。)


最近リアルチョコが流行っているのでしょうか?

店頭でも、ちら、ほら、と見かけたりします。


皆様もバレンタインでなくとも、

リアルチョコをプレゼントしてみてはいかがでしょうか?

きっと驚かれるおすすめの一品かと思います。


食べて無くなってしまう前にリアルチョコを

撮影をしておこうと思った005Bでした。

投稿者 staff005 : 17:19 | コメント (0)

2006年02月13日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 シビック Si セダン コンセプト

ホンダのアメリカ現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは2月8日、
シカゴで開催中の2006シカゴオートショー(一般公開:2月10日~19日)で
今年の秋に発売を予定しているシビック Si セダンのコンセプトモデル
「シビック Si セダン コンセプト」を発表しました。
si_concept.jpg
シビック Si セダン コンセプトは量産モデルのスタイリング、
パッケージと性能の方向性を示すコンセプトモデルです。
最高出力197馬力のDOHC i-VTECエンジン、
6速マニュアルトランスミッション、
リミテッドスリップデフ(LSD)を採用しているほか、
18インチアルミホイール、
225/40ZR18ハイパフォーマンスタイヤ、
Brembo社製(!)4ピストンキャリパー付きの4輪ディスクブレーキ
などを装備しています。

非常に攻撃的な顔つきとスタイルですね。
昨年の新型シビック発表会で見たのと同じクルマとは思えません。
こうなってしまうといじる所は無さそうに見えますな。
がしかし!
最近のカスタムは“ワイド化”が流行っているようです。
フェンダー部分にプレスラインが見えていますが
ビス止め&幅広のオーバーフェンダーを装着してしまう
っていうのはどうでしょうか!

投稿者 staff001 : 23:57 | コメント (0) | トラックバック

2006年02月11日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 【Project 8】 ホイールアライメント調整

001です。
ようやくアライメント調整に行くことができました。
ホイールとサスを換えてからすでに3週間。
「100~200kmくらい走った後、
新品のサスが馴染んできてから
アライメントを調整するとより正確に調整できる」
と言われましたが気がつけば700kmを走行。。
実はこの3週間、
ハンドルがブルブルに振れて安定感がなかった上、
やや左に切ってないとまっすぐ走れない。
アライメントが狂ってるのはわかっていましたが
どれだけ変わるのでしょうか。

とりあえず持っていきました。
測定から調整まで、しめて1時間くらい。
アライメント調整.jpg

いや~、まるで変わります。
あんなに振れてたハンドルは安定。
位置もちゃんとセンター。
ドッシリとしていて高速コーナーも安心。
とにかく足回りがビシィッ!としましたよ。
安心してよそ見ができますな!(しませんが)。

今回はホイールサイズの変更とサスペンションの交換
というのがアライメント調整を行った理由なわけですが
やはり定期的に行うのも良いと思います。
乗っていれば微妙にズレてきますから。
その他にも
ハンドルのセンターがズレている、
タイヤが片減りしている(内側だけがやたら減ってるなど)、
縁石や障害物にタイヤを当ててしまった
なんて方はぜひともアライメント調整をしてみてください。

投稿者 staff001 : 22:01 | コメント (0) | トラックバック

2006年02月10日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 ALPHA CWU-45

001ですこんばんは。
唐突ですが、10年くらい前に買ったフライトジャケット
ALPHA社の「CWU-45/P」を着てみました。
フライトジャケットって流行り廃りがないというわりに
最近着てる人が減っていますよね。
とある刑事ドラマのとあるデカは毎回着てますけど。
cwu-45.JPG
これを買った当時、周りの人々は有名な「MA-1」を着てました。
みんなと同じ「MA-1」にはどうしても手が出ず、
微妙に異なる「CWU-45」を買った次第です。

そもそもALPHA社というのは1959年に設立され
米軍へフライトジャケットや上着を供給しているメーカーです。
そして1976年から米空軍に採用され続けているのが「CWU-45/P」。
その「CWU-45/P」のデザインをそのまま、
表面素材を厚地ナイロンで作成したのがこのジャケット。

フロントジッパー内側にはフラップがついており、
インナーの巻き込みや風の侵入を防いでいます。
左右のポケットは航空機内のような狭い場所でも
中の物を取り出しやすい機能的なデザインとなっている上、
開口部には大型フラップ(フタ)を装備。
フラップを閉じるとポケットの上部が3cmくらい折れるように
デザインされているため、水の浸入を防ぐとともに
中の物を落とさずしっかりと保護できます。
さらに、胸にはネームタグ取り付け用のマジックテープ(?)
が縫い付けられています。
cwu-45_2.JPG
ALPHAマークがデザインされた立派なタグ↑がついていましたが
“ウルトラ警備隊”ルックなのでどうかと思い、
とりあえず無地のものを貼っています。

どうですか、至れり尽くせりのフライトジャケット。
装備された各種の機能を使い切るほど
追い込まれた状況で着ることはないんですけどね。。
真冬にアウターとして着るにはやや寒いですが
春先にはオススメな一着です。
まったく根拠はありませんが
近々フライトジャケットブームが再来するようなしないような、
そんな気がする今日この頃です。

投稿者 staff001 : 23:10 | コメント (0) | トラックバック

2006年02月09日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 大阪オートメッセ 2006

2月10日(金)から12日(日)までの3日間
大阪市住之江区にあるインテックス大阪で
大阪オートメッセ 2006」が開催されます。
大阪オートメッセはドレスアップ&チューニングされた
カスタムカーたちの展示会です。

国産・輸入車の最新アフターパーツをはじめ
ドレスアップ&チューニングカー、レーシングカー
といったカスタムカーが多数展示されるのはもちろん
「カーオーディオ体験ホール」も開催。
また、ライブイベントや有名レーサーによるトークイベント、
クルマが当たるアンケートプレゼントなど
さまざまなイベントがあるそうですよ。

ぜひカスタムカーワールドを体感していただきたいと思います。
きっとのめり込みますよ!

投稿者 staff001 : 23:19 | コメント (0) | トラックバック

2006年02月09日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 キャンピング&RVショー 2006

2月10日(金)から12日(日)までの3日間、
千葉市美浜区にある幕張メッセで
キャンピング&RVショー 2006」が開催されます。
このイベントは国内・海外自動車メーカーやキャンピングカー、
アウトドア用品・用具各社、キャンプ場ほか、
アウトドア関係企業・団体などが多数出展し、
アウトドアライフに関するさまざまな情報、製品が展示されます。

見どころは大きく3つ
 ○屋内なのにアウトドアフィールドを実現!
 ○ロングドライブの魅力が満載!
 ○アウトドアは防災やサバイバルに役立つ!

他にも“ペットとアウトドア”のようなコーナーもありますし
さまざまなボートの展示会「東京国際ボートショー」も同時開催しています。
ご家族連れで訪れてみてはいかがでしょうか!

投稿者 staff001 : 23:08 | コメント (0) | トラックバック

2006年02月08日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 【ちょっと気になるこのクルマ】 セリカXX

001です。
帰り道に久しぶりに見かけてしまいました。
セリカXX(ダブルエックス)。
昭和のクルマですが非常にキレイに乗られていました。
最近すっかり見かけなくなってきましたね。
中学時代に歴史の先生が乗っていて
「先生がこんなスポーツカーに乗っとる!」
と思ったものです。

セリカXX.jpg
写真はJU札幌に所属しているオン・ザ・ビートのセリカXX
2000cc、昭和60年式、走行66,000kmで580,000円です
(2月8日現在JUジャナイト在庫)

A60型と呼ばれるこの形はセリカXXの2代目にあたります。
1981年(昭和56年)にデビュー。
基本的な中身は当時のソアラと共通のようです。
エンジンは2800ccと2000ccの2通り。
その後はマイナーチェンジを繰り返し、
1986年(昭和61年)にA70型スープラへと変わってきました。
ですから写真のセリカは最終型になるものと思われます。
ちなみにセリカXXは輸出名を「CELICA SUPRA」と呼び、
特にアメリカで大人気になったこともあるのです。

カッコイイですよね~。
ロングノーズ&ショートデッキスタイル、
そして直線的な美しいフォルム。
実にアメリカンな雰囲気が漂ってます。
個人的にはリアの姿が絶品!
欲しい!ぜひ欲しい!
ボロボロのセリカXXを安く手に入れて
ガレージの奥でゆっくり時間をかけて
“自分で”キレイに直していく。
いやあ、い~な~。
夢のようですな~。

投稿者 staff001 : 21:22 | コメント (0) | トラックバック

2006年02月07日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード005 モレスキン

100万円あったらどうする?

とういう話が結構好きです。

ども、005Aです。

今回は、私がここ2年ぐらい手帳として愛用している

ノート・ブックについてご紹介したいと思います。

で、そのノート・ブックというのがコレ↓

moleskine_01.jpgmoleskine_03.jpg

『MOLESKINE(モレスキン)』というものなんですが、

昨年あたりから結構いろいろなお店で

見かけることの多くなったものなので、

ご存知の方もいらっしゃるかと。

結構、歴史のあるノートらしく、

ゴッホやヘミングウェイも愛用していたことで有名らしいです。

詳しくは、こちらのMOLESKINE公式ウェブサイトへ。


この手帳、

・無地である(MOLESKINEは無地以外にもたくさんあります)

・リングで閉じてあるものではない

・文庫本程度の大きさ

という条件のもと、友人である雑貨屋の店長に相談してみたところ、

あれがいいのでは・・ということで教えてもらい購入してみたのが始まりで、

以来、気に入って使い続けています。

中の一番後ろにポケットが付いているところが、とてもgoodです。

moleskine_04.jpg

・・・が、使い始めてからひとつだけどーも気になる点がありまして。

というのが、ボールペンなど筆記用具を挟めたり、

挿したりしておくことができないということでした。

ということで、今回それを改善すべく購入したものがこのクリップ。

moleskine_07.jpg

ペンを固定するのに

学校の先生や事務員さんなどが、

よく袖をたくし上げて上から止めていた、

あの毛深い腕の人は要注意のアレのミニチュア版を使っていて、

こいつはいい・・・とセンチメンタルに即買いしました。

しかし、何も考えずに買ってはみたもののこのクリップ、

ペンにもクリップが付いていると非常に使いづらく、

また友人に即相談し、現在このような状態で使っております。

moleskine_08.jpgmoleskine_10.jpg


見た目的にはとても気に入っているんですが、

まだ今ひとつ最高の状態にはなってないような気がして、

日々雑貨屋で何か策はないかと考えています。

私はこんな風にMOLESKINEを使ってるよ、という方がいましたらご一報ください。

投稿者 staff005 : 15:13 | コメント (0) | トラックバック

2006年02月06日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 【たまに聴くならこんな音】 TOXIC Audio

001ですこんばんは。
昨日、横浜みなとみらい地区にあるライブハウス横浜BLITZ
TOXIC Audio(トクシック オーディオ)という5人組のライブを観てきました。
たまたまチケットをもらったため、
知識がろくにないまま何とな~く見に行ったのですが
これがまた、面白かったですよ!

そもそもTOXIC Audioとは
   5人のメンバーからなる演劇的ボーカル・バンドで、
  ぴったりと息のあったハーモニー、即興コメディ、
  ボーカルによる音響効果、独自のビジュアルで
  オフ・ブロードウェイの観客をとりこにしてきました。
  1998年のオーランド国際フリジン・フェスティバルで
  初舞台を踏み話題をよび、
  その後ディズニー/MGMスタジオに約1年間出演。
  オーランドを拠点にしながら、
  2004年にはNYオフ・ブロードウェイに進出。
  ポップスからジャズ、クラシックなど
  幅広い洋楽ヒット曲をレパートリーとし、
  ボイスだけをつかってドラムやギター、
  ホルンの音を再生したり、
  咳やくしゃみを形態模写しながら
  ヒューマン・ビートに変換。
  言葉に頼らず、音にこだわりながら
  ヒューマン・ボイスの限界を探り続ける
  ユニークな5人組です 。
   (日本語公式サイト http://www.toxicaudio.jp/ より転載)
   (ちなみに英語サイトは http://www.toxicaudio.com/

“ヒューマン・ボイス・パフォーマンス”という表現が
最もあてはまるような気がします。
よくあるベース音やスクラッチはもちろんのこと
さまざまな音を表現し、ラップやスキャットを織り交ぜ、
形態模写し、そして歌い上げる。
すべてを音楽に、そして笑いに換えていくのです。

こう書いてみても
あまりにも盛りだくさんで芸達者で
実際何が行われているのかわからないと思います。
そうなんです。
CDも出ているようなんですが
ライブを観なければダメなんです。
どれだけすごくて、どれだけ楽しいかは
観た人にしかわからないんですよ。

横浜と渋谷、そして札幌、仙台、大阪、福岡でも
これからライブがあるようですよ。
すこしでも興味を持った方はぜひ観に行ってみてください。
ノリノリでしかも笑える、楽しいライブを観られますよ。

投稿者 staff001 : 22:34 | コメント (0) | トラックバック

2006年02月03日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 新型「マツダMPV」登場

すっかり回復した001です。
さてこのたび、マツダは「MPV」をフルモデルチェンジして、
2月2日から全国で販売を開始しました。
mpv06_015s.jpg
MPVのデビューは1990年、今回のモデルで3代目となります。
新型MPVは、従来から好評の広い室内空間などのパッケージングをさらに向上、
デザインや走行性能の革新と高い環境性能を実現しています。
単なる使いやすくスタイリッシュなミニバンではなく、
スポーツカーの発想でミニバンを革新した『次世代ピープルムーバー』とのことです。
mpv06_020s.jpg
主な特長は次の通りです。
●ロングホイールベース化と低車高化
●間接照明による室内空間の立体表現
●新開発2300ccエンジン搭載(23Tはターボエンジン搭載)
●新設計高剛性ボディ、
●マルチリンク式リアサスペンション
●多彩なシートアレンジと豊富な小物入れ
●高剛性・安全ボディ、先進安全技術
●最新の環境性能と燃費性能

価格は2,380,000~3,100,000円(消費税込み)です。


私の中でMPVというと初代のインパクトが強いです。
2代目からはわりと今風のミニバンになりましたが
初代(特にマイナーチェンジ前)はスクエアなボディで良かったんですよ。
こんなんです↓
lead_mpv.jpg
写真はJU埼玉に所属しているリード 桶川店のMPV タイプAです。
平成5年式ですが、走行70,900kmで198,000円です(2月3日現在JUジャナイト在庫)

投稿者 staff001 : 12:57 | コメント (0) | トラックバック

2006年02月02日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 タイムリミットは48時間

風邪をひいた001です。
昨日の朝、ノドの痛みを感じつつ会社に行ったら
昼頃から寒気とダルさに襲われました。
家に帰って熱を測ったら38度。
それほど高くもないんですが
今朝になっても熱はさほど下がっておらず、
立ち上がると身体全体がグワングワンしていたので
とりあえず今日は休みをとることに。
念のためと思って病院に行ったら
鼻に綿棒みたいなのを突っ込まれました。
その後20分くらいでインフルエンザウイルスの
陽性/陰性の診断ができるそうですよ。
結果、見事「インフルエンザA型」に感染しておりました。。

発症してからおよそ48時間以内に
インフルエンザ治療薬タミフルを服用することで
治りはそうとう早くなるそうですよ。
私の場合、おそらく昨日の昼に発症しているとして
病院へ行き、薬を飲んだのが今日の昼なのでおよそ24時間。
明日にはケロッとしてるでしょうと言われました。
それでも処方された5日分の薬は絶対に飲みきること!
と念を押されましたが。

数日前に会社の人に
「001は風邪で休んだことってないよね?」
と言われ
「この私が風邪などひくはずがないと思ってますから!なははは」
などと豪語していたのにコレですから。。
情けない。。

まあとにかく、
なんとなくダルいな、熱っぽいなと思ったら
早めに医者にかかることをオススメします。
なんたって発症から48時間がタイムリミットですから!

投稿者 staff001 : 18:55 | コメント (0) | トラックバック

2006年02月01日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 電気自動車 MITSUBISHI Concept-EZ MIEV

三菱自動車は2月28日~3月12日まで(一般公開は3月2日~)
スイス・ジュネーブで開催されるジュネーブ国際自動車ショーに
4輪インホイールモーターとリチウムイオン電池を搭載した
コンパクトな1BOXコンセプトカー『MITSUBISHI Concept-EZ MIEV』を
世界初披露する他、あわせて17台を出品します。

EZ_MIEV_LL.jpg
『MITSUBISHI Concept-EZ MIEV』は
モーターを車両のホイール部に内蔵した「インホイールモーター」と
「リチウムイオン電池」をコア技術としています。
独自の次世代型電気自動車『MIEV』構想に基づいた技術により、
1輪あたり最大出力20kWのモーターを搭載。
4輪で実に80kW(110ps)を発生します。

また、車体中心線上にパワートレイン(動力伝達系統)が存在しない
という『MIEV』の特長を活かすことで低くフラットなフロアを実現。
全高1750mmながら大型1BOX車並の室内高と広いスペースを誇っています。

ホンダのSM-Xを見るような感じのエクステリアですね。
特筆すべきはオーバーフェンダー。
これだけのオーバーフェンダーをつけて
タイヤが目いっぱい外に出ていたらたまらなくカッコイイです!
発表されているのがまだイラストなのでなんとも言えませんが
ぜひともこのまま市販してほしいものです。
もちろん電気自動車の技術『MIEV』にも注目ですよ。

投稿者 staff001 : 21:16 | コメント (0) | トラックバック

ジャナイトスタッフ日記TOPへ