ジャナイトスタッフ日記TOP > バックナンバー:2006年09月

« 2006年08月 | ジャナイトスタッフ日記TOP | 2006年10月 »

2006年09月29日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 【循環型社会の中心でいこう】 コデッセイ

001でございます。
7月11日の記事で「加藤芳郎=野口英世」、
かつ「加藤芳郎=チャールズ・チャップリン」、
でも「野口英世≠チャールズ・チャップリン」である
ということを書きました。
先日読んだ三谷幸喜氏の著書「有頂天時代」になんと
『夏目漱石と野口英世と連想ゲームの加藤芳郎白組キャプテンは
よく似てるなあと幼心に思っていた』
と書かれているではありませんか!
夏目漱石は思い浮かばなかったな・・・でも、
みんな同じようなことを思ってたんだ!!
と浮かれている今日この頃です。


久々にやってきました【循環型社会の中心でいこう】のコーナーです。
壊れた部分は使えるパーツを流用してリサイクルの精神を養おう
という発想のもと(ちょっと違う気もしますが)、
ハイブリッド化(=異種混合)を楽しもうというこのコーナー。
第4回目となる今回はコレだ!
kodessey.jpg
ホンダ オデッセイ + ホンダ ロゴ = コデッセイ!(小せぇ~)
いやいや
これまで通り、順番に名前を組み合わせると
「オデゴ」や「オデッロゴ」などになってしまい
とてつもなく「ゴロ」が悪いんですよ。
本体が1300cc のコンパクトハッチバック「ロゴ」ですから
ここはやはり「コデッセイ」ではないかと思うわけです。

オデッセイはいうまでもなく「ミニバン日本代表」のようなもので、
改めてどうこういうつもりはありません。
ここで注目すべきは本体である「ロゴ」というクルマです。

1996年にデビューした3ドア・5ドアハッチバックモデル。
軽くてよく走るし、居住性もいい。
シンプルな外観は飽きがこないしカスタムベースにも良さそう。
純正の黄色いボディカラーなんかもとても良かったんですよ。
がしかし
ほとんど目立たなかったわけで・・・。
人気モデルだった「シティ」の後を受け、
ほとんど注目されないまま、
その後は「フィット」に取って代わられる
というなんとも悲しい運命を辿ったこのクルマ。

そんなクルマだからこそイイんです!
その運命こそがレアなのです!
私はまじめに買おうと思ったことがあります。
しかも狙いは黄色でした。
なぜかスカイラインを買ってしまいましたが。。
今でもマーチやヴィッツといった人気モデルよりも
ロゴを買いたい気がします。

実はカスタムエアロパーツなんかも出ていたりして
オリジナリティあふれるクルマを作ることもできる。
オデッセイ顔にして
「kodessey」のエンブレムなんか付けた日にゃあ
もう大人気ですよ。
(※全幅が全然違うので実は無理があります・・・)

投稿者 staff001 : 22:52 | コメント (0) | トラックバック

2006年09月28日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 Audi RSQ

おつかれさまです001です。
2004年に公開されたウィル・スミス主演の映画「アイ,ロボット」。
・・・ロボットと当たり前のように共存している未来
   ある日、ロボット工学の第一人者ラニング博士が殺害された
   シカゴ市警のデル(ウィル・スミス)が事件の謎を追う
暴走するロボットとの壮絶なアクションが見どころのこの映画。
私は公開時に劇場に見に行きました。
私の見どころはストーリーでもアクションでもなく
映画の中でウィル・スミスが乗る1台のクルマ。
audi rsq.jpg
カッコイィィィ~ッ!!
アウディのクルマです。
『アウディが映画のために製作したスペシャルモデル Audi RSQ』
と映画のパンフレットに載っていた広告に書いてありました。

『そのデザイン思想がアウディ A3に受け継がれている』
とも書いてあり、
掲載されているのは当時出たばかりの「A3 Sportback」。
いや~だいぶ違う。

さすがにあのデザインはないのか・・・と思っていたら
9月21日に発表された新型の「アウディ TT」が
割と似てきてるじゃないですか!
プレスラインやエアインテーク類をめいっぱい埋めてやって
ノペ~ッとさせればかなり似てきますよ。

見てみたいですね~Audi RSQ。
すでに製作してしまった人がいたりして。。

投稿者 staff001 : 22:56 | コメント (0) | トラックバック

2006年09月27日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 ホンダ 次世代燃料電池車 FCX コンセプト

001です。
ホンダは小型高効率燃料電池スタック*「Honda FCスタック」と
低床・低全高・ショートノーズパッケージを採用し、
広々とした室内空間と未来的なスタイリングを実現するとともに、
環境性能や動力性能を大幅に向上させた
次世代の燃料電池車「FCX コンセプト」の走行を公開しました。
 *化学反応で電気を発生する装置「セル」の集合体
am0609022L.jpg
しかも2008年、日米でこのコンセプトをベースとした
新型燃料電池車の限定販売を開始するとのことですよ。


何よりも全体のバランスに見るこの屋根の低さ。
チョップトップですよもう。

「チョップ・トップ(Chop Top)」とは・・・
ルーフを切り詰めて空気抵抗を少なくし、
速そ~なルックスにするカスタムです。
ピラーを短くカット、それをつないでしまうわけですから
本来は合うはずがないんですよ。
それを合わせてしまうわけで。
それはもう大技です。
昔、トヨタのエスティマ チョップトップというのを見ました。
そのインパクトといったら「ス・ゴ・イ」の一言に尽きます。

何の変哲もないクルマであっても
チョップトップしてやることによって
駐停車するたびに黒山の人だかりになること間違いなしです。

投稿者 staff001 : 23:15 | コメント (0) | トラックバック

2006年09月26日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード005 スッキリ!!

秋の気配を感じる今日この頃。

気候もそうですが、金木犀の心地良い香りがすると

もう秋に入ったんだなと思う005Bです。

夜も少し寒くなってまいりましたが、

皆さんはいかがお過ごしでしょうか。


さて、さて、

皆さんは最近こんな商品がコンビニで

発売させていることにお気づきでしょうか?

(こちら↓)

mozukun-2006-04-10T19-36-44-1-s.jpg

セブン-イレブン・ジャパンと白元の共同開発商品で、

“ケータイ酸素缶”「オーツーサプリ 頭脳カン」と

「オーツーサプリ カラダカン」という商品なのですが。

(上の写真は「オーツーサプリ 頭脳カン」)

酸素とアロマでリフレッシュすることができる、吸うサプリメント。

といったかなり変わった商品で

コンビニのサプリメント系のグッズ売り場に陳列されているのです。


つ、ついに出ましたか!!酸素!!

ついにコンビニで酸素を買う時代になったんだと

初めて商品を見たときに、エェー信じらんない!と連呼していたのですが、

驚いたのはその値段。

600円(税込み)!?

ちょっ、ちょっと、さ、酸素だよ!?

誰が購入するのだろうか?

と、この商品を見るたびに思っていたのですが、

すでに友人が購入済み!(意外と身近なところにいるものですね…。)


600円もする酸素がどんなものなのか

俺にも酸素を吸わせろと知り合いに要求し、吸ってみたのです。

使用方法は簡単、

スポーツ選手が酸素不足になった時に使われる酸素缶と同じで、

口元を覆おう様な形になっている部分を口にセットし、

後はスプレーと同じ要領で押すだけ。

そして、実際にボタンを押した瞬間…

一気にミントの強烈な香りが口いっぱいに!!

ミントの香りを知らずに吸った俺は、

思いがけない程の強い香りに思わず咳き込むほど。

その時はだいぶビックリしてしまったのですが、

その後ゆっくりと吸ってみると良い具合に頭がスッキリ!!

気持ちをリフレッシュするには良いかと思います!!


しかし酸素を売っている日本は何て贅沢で、何て平和な国なんだろう

と感じた瞬間でもありました。

水を買う時代になったと思いきや今度は酸素…。

少しばかり考えてしまう005Bでした。

投稿者 staff005 : 23:32 | コメント (0) | トラックバック

2006年09月25日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 秋の全国交通安全週間

001ですおつかれさまです。
免許の更新に行きました。
ついに・・・ついに!
初めてゴールド免許を手にしました!
gold.jpg
思えば3年前・・・
あと2ヶ月頑張ればゴールド免許取得!という7月末。
信号が黄色から赤に変わろうとしている交差点。
通過した瞬間ですよ。
左側の道路の先頭にはパトカー。
「停まりなさい!」
お声掛けいただいてしまいました・・・。
反則行為の種類は「信号無視」。
(言葉だけ聞くとちょっと違うような気もしますが)

その前の更新のときは駐車違反。
その前は速度超過。。
その前も。。。
3年に1度くらいの割合で
何らかの反則行為を犯してきたような気がします。
「免許は青い方がカッコイイ!」
言ってました。子供でした。
「しょっちゅう乗っていれば違反くらいするよ!」
言ってました。アホでした。
そういう気持ちが事故を招くわけですよ。

今日も幼い子供達の列にクルマが突っ込む事故がありました。
ニュース番組では連日、飲酒運転の話題があります。
人身事故を起こせば相手の人生はもちろん
自分の人生も、相手の家族も、自分の家族も親戚も、
関係するすべての人の人生を狂わせます。

自分には関係ない、自分がそんなことになるはずない・・・。
そんなことは絶対にありません。
運転をする以上、自分が加害者になる可能性は必ずあります。
まずは自分の運転から反則行為をなくしましょう。
今が交通安全週間だからではなく。
街のあちこちに警察官がいるからではなく。
それだけで加害者になる可能性はグンと減るはずです。

投稿者 staff001 : 23:29 | コメント (0) | トラックバック

2006年09月22日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 スポーツピックアップ「トライトン」

001です。
昨日ご紹介した新幹線の座席番号「1号車1番A席」。
“ロイヤルストレートフラッシュ並みのレア度”と申しましたが
はたしてほんとにそうなのか?!
調べました。

配られたカードがロイヤルストレートフラッシュである確率は
およそ 1/650,000 だそうです!
それに比べて東北新幹線「はやて」で1号車1番A席になる確率は
座席数より 1/814 (ケタが違うでオイ・・・)。
ちなみに、フルハウスである確率が
およそ 1/700 とのことで、わりと近いですね。


そんなわけで
三菱自動車は、タイ生産のスポーツピックアップ「トライトン」を
9月21日より全国で発売開始しました。
トライトンは、2005年8月にタイで発表して以来、
アウトドアスポーツを好むユーザーを中心に
国内への導入を望む声が広がっていたそうです。
TRITON_LL.jpg
特徴的なのはスタイリッシュでスポーティなエクステリア。
さらに機能的で快適なインテリア。
斬新なスタイリング、使い勝手とともに
商用ユースをも満たすカーゴベッドを備えている点で
とくに高い評価を得ているようですよ。
価格は2,940,000円(消費税込み)です。


トライトンは現在、国産メーカーとして新車で買える唯一の
スポーツピックアップトラックです。

では中古車市場にはどんなものがあるのか?
001が気になるトラックをご紹介しましょう。
コレです
プロシードキャブプラス.jpg
マツダ プロシード キャブプラス。
写真はJU神奈川に所属しているオートワンのプロシード キャブプラス。
平成9年式 走行距離73000kmのクルマです(9月22日現在JUジャナイト在庫)。
こうみえても2+2の4人乗りです。
いいですね~。
荷台でデカイ犬が尻尾を振っている・・・そんな絵が浮かびます。

こういうクルマをガンガン使う!というのもいいですが
各部をスムージングして、
ベタベタに車高を下げて乗りたい気がします。
このクルマには大きなオーバーフェンダーが付いてますね。
よく似合ってるんですよコレが!
トラックではなくワゴンボディを持った
プロシード マービーというモデルも魅力的なんですが
カスタムベースとしてあえてコチラを選びたい。
オススメです!

投稿者 staff001 : 23:48 | コメント (0) | トラックバック

2006年09月21日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 最果て

001ですこんばんは。
小ネタをひとつ。

今日仕事で仙台に行ってきました。
帰りの新幹線のキップ。
11a1.jpg
買ったときは気付きませんでしたが
新幹線ホームに上がってキップを見てみると・・・
11a2.jpg
OOOhhh~っ!
1号車1番、しかも A 席!
1号車1番もあまりないのに
ABCDEの5席のうちの A だって!
微妙に恥ずかしい気もしつつ。
ロイヤルストレートフラッシュなみのレア度です。

しかしながらこの席、
これだけ気持ちイイ番号でありながら
乗るときも降りるときも
ホームでもっとも歩かなくてはならない
大変鬱陶しい席でもあります。。。

投稿者 staff001 : 22:56 | コメント (0) | トラックバック

2006年09月20日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード005 『サヨナラCOLOR』

どーも、005Aです。

最近どこにも行ってません。

なので、今回は001氏の企画をちょっと拝借させていただきました。

すいません。。

ということで、今回私のおすすめの一枚がこれ↓

B000A1EBZO.01._PE05_#147BD7.jpg

『サヨナラCOLOR~映画のためのうたと音楽~』です。

このCDはもともとSUPER BUTTER DOGの

『サヨナラCOLOR』という曲からインスピレーションを得て、

竹中直人さんが同タイトルの映画を制作し、

その映画の音楽を担当していたハナレグミ、クラムボン、ナタリー・ワイズが

この映画のために書き下ろした数々のインストナンバーのほかに、

映画で使用されたインストに

新たにヴォーカルパートを加えてレコーディングしたものです。

映画のエンディングに使用された

ハナレグミ、クラムボン、ナタリー・ワイズに忌野清志郎さんが加わり、

レコーディングした『サヨナラCOLOR feat. 忌野清志郎』はすばらしいです。

このアルバムは音楽家たちが

みんなで集まってセッションをしているのを聴いているような、

何とも言えない心地よさがあります。

興味のある方は是非、よく晴れた休日にでも聴いてみて下さい。

投稿者 staff005 : 03:37 | コメント (0) | トラックバック

2006年09月19日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 【ちょっと気になるこのクルマ】 四角いクルマ

何度も今日が月曜日だと思ってしまった001です。
日課表がある学生の皆さんは大変ですよね。
月曜日の用意をして学校に行ったら火曜日だった!
1時限目から6時限目まで毎時間忘れ物ですよ。
ランドセル忘れました!
に次ぐランキング2位ですね。

電車の中ではこんな会話を聞いてしまいました。
 A子:あれ?今日ってもしかして火曜日?!
 B子:そうだよ~。
 A子:月曜日だと思って月曜日の用意してきちゃった!
 B子:ありえね~!3日間休んだんだから火曜に決まってんじゃん!
 A子:だよね~ 最悪ぅ~。

いやいやB子さん、それは違うやろ!
A子さんは休みの次の日だから月曜日だと思ってしまったわけで
3日間休んだ=火曜日って無理がある。
月・火・水と休んだ場合、明けた日は木曜日なのに
休み明けだから月曜日だと思ってしまう
というのがA子さんであり普通の人だと思うわけで。
3日間休んだからといって今日が火曜日とは決まってはいない!
そんなわけです。


・・・さて前書きはこのへんにして

先日、岡山で開催された中古車フェア会場にて
ポルテ以外にこんなクルマに興味を持ちました。
プラド.jpg
ランドクルーザープラドです。
これは平成2年から約6年間販売されたモデル。
丸っこいクルマが多い昨今、
同じトヨタのbBやヴォクシーなど
四角くて無骨なカタチに男っぽさを感じがちですが
四角いクルマが流行っていた頃の四角いクルマ、
これこそが男の中の男! そんな感じがします。
初代のパジェロなんかも同類ですね。

いずれも10年以上前のクルマなので
なかなか良いクルマがないかも知れませんが
専門店などを細かく見てみると
実はコンディションの良いクルマが見つかるかも知れませんよ!
オフロード車なので多少キズついているくらいの方がカッコイイ
そんな気もします。
ムチャクチャピカピカよりもそれっぽいじゃないですか。
多少コンディションが悪くても
無理なく走れるように販売店に整備してもらって荒っぽく乗る!
これもまたアリですね。

投稿者 staff001 : 23:43 | コメント (0) | トラックバック

2006年09月17日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 オールディーラーCFNまつり

おつかれさまです001です。
昨日岡山県にある展示場「コンベックス岡山」で開催されている
「オールディーラーCFNまつり」に行ってきました。

本展は年2回、毎年恒例の中古車フェアで
今回は中国四国地方の中古車共有在庫ネットワーク CFN
JU岡山 青年部とのコラボレーションにより開催されました。
9月16日から始まり、明日18日まで開催しています!
(明日18日は10:00から17:00までとなります)

展示車の中で気になったクルマがコレです。
ポルテ.jpg
トヨタ ポルテ 1.5 150r
わりと前から面白いなあと思っていたクルマです。
いわゆる3ドアハッチバックタイプ(クルマ左右のドアは2枚)。
サイズでいうファンカーゴと同じような感じです。
ミニミニバンみたいなもんでしょうかね。
3ドアといっても普通のドアではありません。
なんと助手席側が大きなスライドドアになっているんですよ。
これがまた幅が広くて高さも高い!
前席にも後席にもラクラク乗車可能です。
高さが高いということで室内も広大。
全長3990mmとコンパクトながら
後席の足元もメチャクチャゆったりです。
エンジンは1300ccと1500cc(写真)の2本立て。
経済的なサイズでありながら
ボリュームがあって使いやすい、
そんなクルマですね。

実によくできているんですが
1つだけ気に入らない部分があるんですよ。
それは運転席側がスライドドアではなくて
普通のドアなこと!
どうせなら運転席側もスライドにしましょうよ。。
確かに左側通行国の乗り降りは基本的に左側ですが
路上に駐車して運転席から降りる際、
後ろからガンガンクルマがきていて
ドアをなかなか開けられない時があるじゃないですか。
逆に道路を走っていて
路駐しているクルマのドアが突然全開になって
ヒヤッとする時があるじゃないですか。
すべてのクルマがスライドになればいいとは思いませんが
このクルマは左右のバランスを考えても
スライドにした方が良さそうな気がするんですよ。

トヨタのホームページでは・・・
 「乗る人すべての乗り降りができるほど使用性が高いことに加え、
 室内空間が広くウォークスルーもしやすいため、
 片側だけで十分と考え、助手席側のみに設定いたしました。
 これにより、後席右側に大きな窓と多彩な収納が実現できました」

なるほど
前席も後席も左右のウォークスルーがラクラクだから
右側から降りるシーンは想定外!ということですね。
極端に言ってしまうと・・・
左右のウォークスルーが可能なクルマなら右側ドアはいらない!!
ということになってしまいそうなんですが。。。

投稿者 staff001 : 22:31 | コメント (0) | トラックバック

2006年09月14日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 三菱 新型eKワゴン/eKスポーツ

001ですおつかれさまです。
三菱自動車は、ボンネット型軽自動車としては初の
電動スライドドアを採用した新型eKワゴン/eKスポーツを発表。
9月13日より発売を開始しています。
11_LL.jpg 01_LL.jpg
2代目となる新型は、前モデルを踏襲しつつ
さらに上の快適性や利便性を追求して誕生したそうです。
そのため、従来のユーザー調査に加えて
子供会でのお母さんへのアンケート調査、
スーパーマーケットの駐車場での行動観察、
子供を対象にしたクリニック調査、
動物病院の獣医からのヒアリングなど
さまざまな現場での独自調査を実施したそうですよ。

それで採用されたのがスライドドアなんですね。
軽自動車というコンパクトパッケージでありながら
ボディ側面にレール部が見えないインナーレール式の
スライド機構を採用しているんです。
いやあ、実によくできています!
14_LL.jpg
でも写真にあるとおり、
スライドするのは後部左側だけなんですね。。
ハイエースなどの1BOXや初期のワゴンRなど
後部右側にドアがないタイプもあり、
それはさほど違和感がないのですが
左側はスライド、右側は普通に開く。
というのはどうなんやろか・・・という気がします。

02_LL.jpg
また、ディスチャージヘッドライトとポリカーボネイト製グリルという
シャープな印象の専用フロントデザインを採用、
スポーティな内外装で覆われたeKスポーツも同時に発売されています。

価格は、eKワゴンが913,500~1,222,200円(消費税込)、
eKスポーツが1,260,000~1,484,700円(消費税込)となっています。


初代eKワゴンは2001年に登場、
シンプルな外観と使い勝手の良い室内で好評のクルマです。
人気がありますので中古車のタマ数も割と豊富ですよ。
スッキリした外観のせいか古さも感じません。
乗っていても飽きのこない、真面目なクルマとして
軽自動車の中ではなかなか狙い目ではないかと思います。
ekw.jpg
              初代eKワゴン

投稿者 staff001 : 22:49 | コメント (0) | トラックバック

2006年09月13日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 フタ と イボ と ゴハン粒

001ですこんばんは。
今日の新聞にこんな記事がありました。

  とある大学教授による家庭の生ゴミの調査によると
  調理時のクズや茶殻などをのぞいた「食べ残し」の割合は
  1981年には全体の28%だったのに対し、
  2002年には39%になっていました
  中には賞味期限前に捨てられている食品もあり
  「食品の大半を輸入に頼っているのにこんなに捨てている」
  調査にあたった教授は嘆きました

むしろ輸入に頼っているがために捨てられる。
自分が汗水たらして作っていれば捨てない。
論点はそこじゃないんですが
そんな気がしないでもないですね。


弁当のフタを開けるときに必ず思い出すエピソードがあります。
小学生の頃、週に1度の全校集会で校長先生がこんな話をしました。

  電車のボックスシートに座ったときのこと
  前に座っていたおばあさんが弁当を取り出しました
  弁当のフタを開けると、
  フタの裏にはゴハン粒がたくさん付いていました
  じっと様子を見ているとそのおばあさんは
  フタの裏のゴハン粒を1つ1つ箸でつまんで食べました

ただそれだけ。
「食べ物を大切に」というお話。
校長先生の名前や顔はもちろん、
担任の名前を思い出すこともままならない私ですが
ある日の全校集会で校長先生がそんな話をした
ということだけは鮮明に覚えています。
あれから20年以上経っていますが
買ったものにしても、自分で作ったものにしても
弁当のフタを開ける時には必ずこの話を思い出し、
必ずおばあさんがフタの裏のゴハン粒を1つ1つ取る光景を思い浮かべ、
必ず自分も実践しているのです。


もう1つ食べ終わり際のエピソードも。
これまた幼い頃の話。
遠くに住んでいた祖母のところに遊びに行ったとき
私のゴハン茶碗にまばらに残ったゴハン粒を見て、
祖母がこんな話をしました。

  おばあちゃんの目の上には直径1cmくらいのイボがある
  小さい頃に茶碗にゴハン粒を残したから
  罰としてイボができてしまった
  ゴハン粒をちゃんと残さずに食べないと
  おばあちゃんみたいなイボができちゃうよ!

その話を聞いたのは6人の孫たち(イトコたち)。
みんな口をそろえて「んなことあるかいな!」

昨年、その祖母が他界しました。
6人の孫たちも集まりました。
祖母とのエピソードで最も印象深いものは?という問いに対し、
なんと全員が口をそろえてこの話を挙げたのです。
実にしょうもない、子供だましなお話ですが
少なくとも6人の孫たちは
大人になってもその話を忘れることなく、
話を信じていないにもかかわらず
確実にゴハン粒を残さない人間になっていたのです。


性分みたいなものは
実はしょうもない、どうでもいい、意識しない、
幼い頃のそんなエピソードか何かがきっかけとなって
形成されていく部分もあるんでしょうね。
ガリガリと強制しなくても
実は思った以上にアホみたいな話をした方が
むしろ効果的なんじゃないか!
改めてそんな気がしました。

投稿者 staff001 : 23:00 | コメント (0) | トラックバック

2006年09月12日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード005 何故こんなものを…。

相変わらずその発言が注目されている…。

サッカー日本代表の監督イビチャ・オシム氏 

その発言を世間では『オシム語録』といいます。

しかし、そんな事よりもむしろ私が気になっているのは、

その背筋の曲がった姿勢の悪さ!

皆さんも気になった事はありませんか?

どうも、お疲れさまです。005Bです。


さてさて、話はがらっと変わってしまうのですが、

皆さんは『何でこんな物、買ってしまったんだろう?』と

後々、思うものは無いでしょうか?

勢い余って買ったもの、後から見ると悲しいものです。

そんな悲しい『何でこんな物~グッズ』がこちら↓


images.jpg


はい、出ました!! 

えーご確認出来たでしょうか?

『蟹の爪ライター』

ワタリガニの爪をモチーフにしたのでしょうか

みそ汁に入れるとまさに、こんな感じに赤くなりますよね。

このライターをおもむろにポケットから取り出し

タバコに火を点ける。

うーん何ともグレイト!!

さも磯の香りがしてきそうなリアルなフォルムに艶。

点火のスイッチを押すとワタリガニの爪がV字に開き、

その根元から火が出るといった代物なんです。


何となく笑えるこのライター、

買った当時はとっても輝いて見えていたのでしょうか。

ひょっこり出てきて懐かしいはずなのに

何だかちょっぴり切ない気分に…。


何で買ってしまったんだろうと言うものが皆さんの身の回りにも

意外とたくさんあるのではないでしょうか?

若干切ないですが、探してみると意外と面白いものですよ。

005Bでした。

投稿者 staff005 : 23:55 | コメント (0) | トラックバック

2006年09月11日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 JU新潟・BSN Uカーフェスティバル でスクープ!

001ですこんばんは。

スクープです!
JUマスコットキャラクターの子グマのマーくん
子グマのミーちゃんのデート風景をキャッチしました!
ma-mi-.JPG
カメラに驚くミーちゃんとマイペースなマーくん・・・


実は先週末、JU新潟による中古車フェア
「JU新潟・BSN Uカーフェスティバル in ビッグスワン」が開催されました。
新潟市にある競技場ビッグスワンで各種のイベントが催され、
スタジアムの周囲には特選中古車が多数並べられました。
フェア当日はたくさんの家族連れで大変賑わいました。
ご来場いただいたみなさま、ありがとうございました。

上の写真は同イベントに登場したJUマスコットキャラクター
子グマのマーくんと子グマのミーちゃん。
そしてJUイメージガール 松嶋初音さんも一緒でした~!!
ma-mi-hatsu.JPG


さてそんな中古車フェア会場の中で
私001が気になったクルマをいくつか紹介しましょう。

fto.jpg
平成9年式 三菱 FTO GXスポーツパッケージ
全長は4300mmそこそこですが
ワイドボディとボリューム感あふれるボディラインで
非常に個性的なデザインのクルマです。
日本車で初めてマニュアルモード付きATを搭載したクルマとしても有名ですね。
駆動方式がFFだったせいなのか
実はそんなに売れなかったモデルですが
スポコンカスタムのベースとしてはなかなか良い素材だと思います。

インプレッサ.jpg
平成12年式 スバル インプレッサ WRX NB
先日インプレッサのスポーツワゴンがイイ!と言ったばかりですが
このWRXセダンはカッコイイですね。
この丸目は2代目インプレッサの初期型の顔。
エアロパーツがイイ、色がイイ、バランスがイイ!
キマッてますね~。

ウィルvs.jpg
13年式 トヨタ WiLL VS 1.8
さまざまな業種のさまざまなメーカーが集まって
商品をプラニングするのがWiLLプロジェクト。
このWiLLブランドでトヨタが2番目に発表したのがVS。
何と言っても特徴はこのスタイルですね。
気に入ってくれた人に愛してもらえればそれでヨシ!
と言わんばかりのデザインはインテリアにも表現されています。
運転席はまさにコックピット!という感じですよ。

ザッツ.jpg
平成18年式 ホンダ ザッツ
スズキ ワゴンRの大ヒットをきっかけに
ワゴンスタイルがたくさんリリースされている軽自動車。
そんな中、私が買うならコレだ!というのがザッツです。
基本設計はライフと同様のようです。
一見シンプルですが、どこかアクが強い。
イイ意味でブサイク。
数ある軽自動車の中でもズバ抜けてポップな感じがします。
個人的には3速のATを4速にして欲しいなぁと思いますね。

投稿者 staff001 : 23:13 | コメント (0) | トラックバック

2006年09月08日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 【ちょっと気になるこのクルマ】 インプレッサ スポーツワゴン

おなじみ001です。
少し前から興味を持ち出したお買い得ステーションワゴン。

 「コンパクト」
 「使える」
 「経済的」
 「カッコイイ」
 「素性もよい」

にもかからわず!
ある特定グレードだけが
ものすごく大きな存在感を持っているだけに
その他のグレードが選ばれにくくなってしまい
強烈にお買い得である!
そんなクルマがあるのか?
あるんです。
コレです。
00008601-00638-0.jpg
00008601-00638-1.jpg
スバル インプレッサ スポーツワゴン

写真はJU岐阜に所属する山口オートサービスの
インプレッサ 1.5 スポーツワゴン i
平成16年式 走行距離20,000km 車検19年7月で
848,000円(消費税込み)なんですよ。(9月8日現在JUジャナイト在庫)

ミソは経済的な1500ccであること。
2000ccクラスよりも税金も保険も安いです。
インプレッサといえばもう
2000ccターボの「WRX」じゃないですか。
世間的には。
廉価グレードとなっている1500ccですが
ラリーベースの「WRX」と基本部分を同じくしているわけですから
基本設計が良くないわけがない!
しかもワゴンボディで使い勝手も上々。
写真のモデルはFFですが
同じ1500ccモデルでもちゃんと4WDの設定があります。

2代目にあたるこのインプレッサスポーツワゴンは
2000年にデビューしている現行型。
最初は丸目(2代目の初代)でしたが
マイナーチェンジで写真の顔に(2代目の中の2代目)。
さらにマイナーチェンジをして
もう少しシャープな顔つき(2代目の中の3代目)に進化しています。

個人的には写真にある「2代目の中の2代目」顔が好きです。
リアハッチも最初からスムーシーな感じですので
エンブレムなどをすべて取り払ってスッキリさせましょう。
そしてめいっぱい車高を下げましょう。
ツルツルのスムーシーなホイールで足元をキメます。
小さな砲弾型のメッキサイドミラーなんかもイイですね。
ボディは黄色、くすんだオレンジ色、
あるいはクリーム色あたりにしたい気もします。

いずれにしても「シャコタン度合い」で
どれだけ根性を見せられるかが勝負のポイントです。

投稿者 staff001 : 23:57 | コメント (0) | トラックバック

2006年09月07日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 Honda Racing THANKS DAY

こんばんは001です。
ホンダは11月23日(木)
栃木県ツインリンクもてぎでモータースポーツをテーマとした
“Honda Racing THANKS DAY”を開催します。
Hondaファンへの感謝イベントとして毎年開催している
“Enjoy Honda”の一環として今年で2回目を数えます。
本イベントではHondaモータースポーツを「観る」「触れ合う」
そして「体感する」ことができます!

本イベントでは、2006 F1世界選手権 第13戦ハンガリーGPで
ジェンソン・バトン選手がドライブした優勝車Honda「RA106」など
新旧のHonda二輪・四輪の名車を
Honda Racingの各選手がデモ走行するそうです。
また、同乗走行、先導体験走行、サイン会やトークショー、
小学生対象のバイクスクールをはじめ
多数のプログラムが開催されます。

イベントには
ロードレース世界選手権(WGP)の玉田誠選手、
トライアル世界選手権の藤波貴久選手、
F1世界選手権の佐藤琢磨選手、山本左近選手、
インディカー・シリーズの松浦孝亮選手など
国内外で活躍している現役選手に加えて、
高橋国光監督(Team Kunimitsu)、
中嶋悟監督(EPSON NAKAJIMA RACING)、
鈴木亜久里チーム代表(SUPER AGURI F1 TEAM)、
といったビッグネームの参加が予定されています。
f1060828008L.jpg

【イベント概要】
名称●Honda Racing THANKS DAY
会場●ツインリンクもてぎ
     〒321-3597 栃木県芳賀郡茂木町桧山120-1
     TEL:0285-64-0001
日時●2006年11月23日(木・祝) 雨天決行
     8:30イベント開始~17:00イベント終了予定
料金●(税込み)
     □前売り券 大人(高校生~) 1,500円
             子供(3才~中学生) 無料
     □当日券   大人(高校生~) 2,000円
             子供(3才~中学生) 無料


【主な開催プログラム】(予定)
□ Honda Racing SPECIAL
  Honda Racingのライダー/ドライバーによるデモンストレーション走行
□ Honda Racingライダー/ドライバーサイン会(当日抽選)
□ サーキット同乗体験走行(当日抽選)
□ ライダー先導体験走行(Honda車のみ・先着順)
□ キッズバイクスクール(当日抽選)
□ NSF100 HRCトロフィー グランドチャンピオンシップ2006
  全国20サーキットで62レースが開催されている「NSF100 HRCトロフィー」
  の初代王者を決定する全国大会。各サーキットのシリーズランキング
  1~3位までのライダーが真のNSF100乗り日本一を争います
□ Honda Asean Cup in MOTEGI
  アセアン地域のモータースポーツ振興とアセアンから世界に通用する
  ライダーを輩出することを目的としてマレーシア、タイ、フィリピンで
  開催されている「2006 Honda ASEAN CUP RACE」
  最終戦となる「Honda Asean Cup in MOTEGI」では
  タイ、マレーシア、フィリピン、トルコのライダーと日本の若手ライダーが
  CBR150RでAsean Cupを争います


詳しくは“Enjoy Honda”ホームページで。
チケットに関するお問い合わせは
「ツインリンクもてぎ・チケットセンター」まで。 TEL:0285-64-0080

投稿者 staff001 : 23:46 | コメント (0) | トラックバック

2006年09月06日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 日産 新型SUV

001ですこんばんは。
日産自動車は新型の小型クロスオーバーSUV「キャシュカイ(Qashqai)」
をヨーロッパで発表しました。
060906_01.jpg
ボディ上部はムラーノのデザインテーマを思わせるものとなっており
フェイス部分はステージアに似たような感じがあります。

インテリアはドライバーにコクピットを感じさせるようデザインで
奥深くレイアウトされた計器類は非常にスポーティです。
助手席とリヤシートも大きな空間があり、
リラックスできる空間となっているそうです。
060906_03.jpg
サイズは全長4,310mm、全幅1,780mm、全高1,610mm、
ホイールベース2,630mmとなっている。
幅はありますが全長はとてもコンパクトですね。

エンジンは2000ccと1600ccのガソリンエンジンと、
2000ccと1500ccのディーゼルエンジン。
トランスミッションは5速と6速のマニュアル、
および新開発の6速オートマチック、
マニュアルモード付きCVTの4種類があります。
また2000ccモデルには4WDモデルの設定もあるそうです。

なお、本モデルは日本に輸出され、
2007年前半に「デュアリス(Dualis)」の名前で
日本市場でも発売される予定となっています。


いやあホントにこういう形のクルマが多くなりました。
2ドアのクーペをたくさん出してほしい!
とまでは言いませんが
いわゆる「ステーションワゴン」のようなクルマも
もっともっとたくさんラインアップしてほしいと個人的に思います。
前にもチラッと書きましたが
駐車スペースの関係で全高が1500mm以下しか停められない・・・
なんてケースも結構あると思うんですけどねぇ。

投稿者 staff001 : 22:16 | コメント (0) | トラックバック

2006年09月05日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード005 store bag store

会社の近くにある『りんご家』というお店で、

ジョン・レノンとオノ・ヨーコさんの写真が

入り口に飾られているのがとてもシュールに感じます。

ども、005Aです。

今日、表参道の駅に行ったらこんなポスターが貼ってありました。

img5_aoyama.jpg


このポスター、写真では分かりづらいかもしれませんが、

小さなショッピングバッグが貼り付けられています!

キーホルダーなど、小さなもののサンプリングポスターというのは、

たまーに見かけたこともありましたが、

バッグが貼り付けられているというのは見たことがありません。

貼り付けられていたバッグが、これ↓

060906_0149~01.JPG

store bag storeというブランドで、

中に入っていたパンフにあるQRコードから携帯サイトに入ってみると

有名レストランのレシピが掲載されていました。

デザイン的にもとてもよく、

ショッピングバッグに携帯から見ることのできるレシピが付いているなんて、

よく考えられているなぁと思いました。

発売は9月の15日からです。

駅のサンプリングポスターは

表参道は12日、銀座では21日までやってるみたいですよ。

投稿者 staff005 : 23:30 | コメント (0) | トラックバック

2006年09月04日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 湿気対策

001ですこんばんは。
私のクルマは屋外の駐車場に停めてあります。
日差しが強いこの時期はフロントウィンドウに
サンシェードをつけています。
同じような状況でクルマを置いている方もいるかと思います。
みなさんがどうかは分かりませんが最近気になることが。

乗った瞬間、異常に湿気っぽい!

梅雨の6月も7月もあまり気になりませんでした。
8月も終わりになってきて急に気になるようになったんです。
シートや天井なんかにカビがはえたら最悪じゃないですか!
今のところニオイは気になりませんが、
車内がカビ臭くなるなんて悪夢じゃないですか!
もしかしたら車内からサビてきたりして・・・。

ついに置いてみることにしました。
湿気取り.jpg
湿気取りです。
車内にはできるだけ物を置かないようにしたいのですが。
実は友達にはずいぶん前から薦められてました。
「クルマの中って思った以上に湿気てるよ!」

いやあ夏の終わりにきて、実感するようになってきました。
昨日置いたばかりなのでまだ効果のほどは分かりませんが
たぶん、あっという間に湿気取りには水が溜まることでしょう。
すぐ交換しなければならなくなると思います。

雨風と日差しにさらされる環境にクルマをおいている方は
ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

投稿者 staff001 : 23:56 | コメント (0) | トラックバック

2006年09月02日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 4速AT or 6速AT

おつかれさまです001です。
先日RX-8がマイナーチェンジをした結果、
4速だったATが6速になったことを
半ばヤケクソ気味に紹介しました。
世の中的には4速より5速、5速より6速の方がエライ!
というような風潮があるように思われます。
ほんとにそうなのか?
そもそも4速と6速では何がどう違うのか?

【燃費と静粛性はダンゼン6速】
 4速で100km/h走行をした場合と6速で100km/h走行をした場合。
 当然6速の方が低回転で走行できるため
 6速ATの方が静かで燃費が良い というメリットが生まれます。

【Dレンジ走行時の制御は△】
 任意にギアを選ぶのではなくAUTOの状態です。
 6速ATの場合、Dレンジで走っていると
 どんどんシフトアップしてしまうことがあるようです。
 すぐに6速になってしまうということでしょうかね。
 そうすると、加速をしようとアクセルを踏んでも
 なかなか回転が上がらない、加速しないということがあるそうです。

【任意で選べば加速性能アップ】
 6速の採用は各ギアの間隔を短縮することが可能になります。
 いわゆるクロスレシオ化です。
 これはギア1段ごとの「変速比の差が小さくなる」こと。
 変速比というのはトランスミッションのギアによって
 減速されるエンジン回転数の比率のことです。
 要するに、4速なら4で割っていたものを6速では6で割っていると。
 エンジンのパワーバンド(最も効率よく力が出せる回転域)を
 有効に活用できるため、加速性能もアップするというわけですね。
 しかしながら一方では
 シフトチェンジが頻繁になるというデメリットもあります。

【装置自体の重さ・大きさ】
 オートマチックトランスミッション(AT)という装置。
 やはり4速よりも6速の方が重いんですね。
 ATの違いだけではありませんが
 デビュー当時(2003年)のRX-8ベースグレード4ATは車両重量1,330kg
 マイナーチェンジ後のRX-8ベースグレード6ATは車両重量1,340kg
 とRX-8の場合は車輌重量に10kgもの差があります。
 しかしだいぶコンパクトにはなっているようですよ。
 RX-8のデビュー当時(2003年)はコンパクトな6速ATがなかったそうです。
 泣く泣く4速を選ぶことになったようですが
 3代目ロードスターがデビューした2005年、
 この時にやっとコンパクトな6速ATが採用できたらしいです。


「装置が重い」以外はほぼ6速が優勢。
総合的に見るとやはり6速ATの方がエライ気がしますね。
せめて5速だったらなぁ・・・と中途半端なことも考えつつ
「クルマは劣等生ほど面白い!」

060902_rx-8.jpg
  台風12号が迫っていてもめいっぱい洗車してやりました!

投稿者 staff001 : 23:15 | コメント (0) | トラックバック

ジャナイトスタッフ日記TOPへ