ジャナイトスタッフ日記TOP > マツダ 新型「CX-7」登...

« くすぐりエルモ | ジャナイトスタッフ日記TOP | 春のキャンペーンに向けて »

2006年12月21日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 マツダ 新型「CX-7」登場

いらっしゃいませこんにちは。001です。

少し前、ラジオでこんな失敗談が紹介されていました。
とあるファーストフード店のドライブスルーにて。
ドライブスルー担当の店員さんが
いらっしゃいませこんにちは。マイクに向かってご注文をどうぞ!
というべきところ
いらっしゃいませこんにちは。マイクに向かってこんにちは!
と言ってしまったんだそうです。
そのラジオを聴いていた私、クルマの中で1人で爆笑してしまいました。。


さて
マツダは、新型車「マツダCX-7」を12月19日から販売開始しました。
CX-7は5人乗りのクロスオーバーSUV(スポーツユーティリティビークル)。
クロスオーバーとは融合ということですね。
CX-7はスポーツカーとSUVの特徴を融合させた
「スポーツクロスオーバーSUV」と呼ぶそうです。
都会的なスタイリングに
2300cc ターボエンジン+6速ATを採用したことで
スポーツカーライクな風情を醸しつつ
SUVの居住性・実用性を兼ね備えるという
まさにイイトコドリなクルマです。
cxs06_003s.jpg
          CX-7 Cruising package

実はすでに今年の5月から北米市場で販売を開始しているとのことで
スタイリングと走行性能などが好評を得ているそうです。
cxs06_005s.jpg
モデルは「CX-7」と「CX-7 Cruising package(クルージングパッケージ)」の2種類。
2WD(FF)と4WDの選択ができ、
車両本体価格は3,060,000~3,660,000円(消費税込)となっています。


全長は4,680mmですが
全幅は1,870mm、全高1,645mmでなかなかの大柄ボディ。
2300cc のターボエンジンですから豪快な走りが期待できそうですね。

トヨタのハリアーや日産のムラーノなどが登場したときもそうでしたが
いよいよクルマのジャンル分けが難しくなってきましたねコリャ。。
ジャンル分けする意味などないんですが。。
よくよく考えてみるともう少し前、
三菱のRVRや日産のルネッサなども微妙なところに位置してますね。
ルネッサが登場したときは「ウマイ!」と思ったものです。
ルネッサ.jpg
ますます選択の幅が広がるわけですが
逆にどれを選んだらよいのか、難しくなってきますね。

投稿者 staff001 : 2006年12月21日 12:08

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/461

コメント

コメントしてください




保存しますか?


ジャナイトスタッフ日記TOPへ