ジャナイトスタッフ日記TOP > バックナンバー:2006年12月

« 2006年11月 | ジャナイトスタッフ日記TOP | 2007年01月 »

2006年12月30日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 P → SO

001です。
携帯を替えました。
MOVAからFOMAになりました。
ショップの人によると、エリア的にはもうFOMAの方が広いらしいですね。
ただし、電波の強さはMOVAの方が上らしい。。微妙ですね。。

実はうちの奥さんはずっとSoftbank(Vodafone)ユーザーでした。
結婚して1年10ヶ月、それぞれバラバラの携帯会社を利用していたのですが
MNPにより「どっちがどっちに合わせるのか問題」がようやく決着し、
晴れてNTTドコモでファミリー割引が適用されることになりました。
ようやく家族になれた ということですな。

奥さんがMNPでドコモに替わるにあたり
ドサクサにまぎれて私も本体を買い替えてしまいました!
携帯を持つようになってからちょうど10年。
ず~っと「P■■■」シリーズを使ってきました。
が!
ついに違うメーカーに浮気してしまいました。
so903i.jpg
ソニーの「SO903i」です。

私がこれまで「P」を使い続けてきた理由は
使い慣れた画面やボタン配置、機械特性を失ってしまうのが
ただ単純に怖かっただけなのです。
心のどこかで「今さら違うメーカーにすると使いこなせないんじゃないか・・・」
などと思ったりしてました!!(イヤホントに)

人間って、そうやって老け込んでいくのではなかろうか・・と思いましたね。
実は今回も最後まで「P」と「SO」で悩みました。
圧倒的な画面のデカさとデザインの好みで「SO」にしましたが
なぁ~んだ、少し触ってるだけで使えるようになるじゃないですか!
楽勝!楽勝!
もちろんマニアックな機能まではわかりませんが
それは最新の「P903i」を買っても同じことですからね。

同じメーカー製のものを使い続けてる人って結構多いですよね。
わりと大丈夫みたいですよ、他社製にしても。

投稿者 staff001 : 21:44 | コメント (0) | トラックバック

2006年12月29日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 1BOX車のススメ

001ですこんばんは。
所用で大荷物を運ばなければならなくなったため
1BOX(バスのような箱型のクルマですね)をレンタルしました。
車種はハイエースバンのロング。
通常のハイエースより若干長めのモデルです。
hiacelong.jpg
数年前に引越しで使用して以来、
久しぶりに1BOXに乗ったのですが
やっぱりイイですね!1BOXは。
なんといっても眺めが違います。
アイポイントが高くて先の先まで見渡せます。
気持ちにもゆとりが生まれますね。
低いクルマだとなんとなく「オレがオレが」「前へ前へ」
みたいな気持ちが出てきてしまうんですが(私だけ?)、
アイポイントの高いクルマの場合、
鼻歌交じりに「ああキミたちは先へ行くがいい!」
くらいの気持ちのゆとりです。

さらに
小回りが利くし、幅寄せなんかもラクラクです。
乗ったことがない方は
「ズウタイがデカくて運転しにくそう。。」
というふうに見えてしまうかも知れませんが
実際乗ってみるとぜんぜんそんなことはありません。
普通のクルマとと違って、運転席が前輪の上にありますから
少しだけ内輪差に気をつけることと(バスのようにクルマの頭を大きく振る感じ)、
死角の多さを少し意識しておくだけでOKです。

乗ったことがない方はぜひ思い切って運転してみてください。
ほんと、ヤミツキになりますよ!

投稿者 staff001 : 20:20 | コメント (0) | トラックバック

2006年12月27日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 トヨタ 新型「ブレイド」発表

001ですこんにちは。
トヨタは5ドアの新型車「ブレイド(BLADE)」発表し、
12月21日より販売を開始しました。
ブレイド.jpg
ブレイドは「洒落た大人の高級ハッチバック」が開発テーマ。
「走り」と「格の高さ」を感じさせるエクステリアに
素材や仕上げにこだわったインテリアが特長です。
扱いやすいサイズのボディにもかかわらず2400cc のエンジンを搭載、
ゆとりの動力性能を発揮するとともに
サスペンションも新設計して走行性能にもこだわりました。
SRSサイド&カーテンシールドエアバッグや
SRSニーエアバッグ(運転席)を全車に標準装備するなど
安全性能もトップクラスとなっています。

価格は2,247,000~2,772,000円(消費税込み)となっています。


実は前にご紹介した同社のオーリスとシャーシなどを共有しています。
オーリスが1500cc と1800cc なのに対して
ブレイドは2400cc の大排気量!
全長4260mm、全幅1760mm、全高1515mmですから
ワイドボディではありますが全長はさほど大きくないじゃないですか。
“高級ハッチバック”とのことですが走りにも相当な期待が持てそうです。

以前からコンパクトボディに大排気量・高出力というクルマはありますが
ふと浮かんできたのが日産のパルサー GTI-R です。
GTI-R.jpg
パルサーは、ホンダのシビックなどと同じ3ドアハッチバックボディで
全長も4mに満たないコンパクトなクルマですが
エンジンはSR20DETという2000cc のターボエンジン、
シルビアのターボモデルにも載っているもので
パルサーでは230馬力を発生しました!
しかも4WDですから!
ラリー、サーキット、ゼロヨンなどさまざまなスポーツの場で
チューニングGTI-Rが活躍していたように記憶しています。
ボンネットにあるデコボコのエアインテークとルーフエンドスポイラーが
実に“やってくれそう感”を醸しています。
やはり高出力でコンパクト(軽い)というのがイイですよね!

投稿者 staff001 : 17:26 | コメント (0) | トラックバック

2006年12月26日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード005 「甘い物は別腹!」

「甘い物は別腹!!」

そんな事を言いつつ、

ついつい食べ過ぎちゃった経験ってありますよね。

特に忘年会の多いこの季節、

よく耳にするセリフではないでしょうか?

ある情報誌を読んで知ったのですが、

この「別腹」実は、実在するそうなんです!!

そんなのあるわけ無いじゃん!!

て、私も思っていたのですが、

別腹と言うのは次の状況を指すそうです。


「別腹」とは、好物を見たとき

満腹状態の胃の中に出来るスペースのことなんだそうです。


実際に実験でも、満腹状態の胃の状態をX線でみると、

胃の動きは遅く、それ以上食べ物が入るスペースはないのに、

おいしそうなケーキを見せた途端、

胃から十二指腸へとつながる部位「前庭部」が活発に動き始め、

なんと胃の上部に少しずつスペースが出来始めたというのです。

そして、この胃のスペースこそが「別腹」の正体で、

別腹とは、自分の好物を見たときの視覚情報が大脳辺縁系に送られ、

そこで「この食べ物は好きだ」と判断されることで、

その興奮が摂食中枢に伝わり、起きる反応だというのです。


また好物というほどではなくても

例えば脂っこいものを食べた後に

さっぱりしたものを口にしたくなるときのように、

食感や味覚の違いを感じたときに

摂食中枢を刺激した場合にも別腹はできるそうです。


しかし別腹だからといって

満腹後にデザートを摂ることが習慣化すると、

満腹を感じにくくなってしまうことがあるそうで、

満腹状態で「デザートは別腹だから・・・」といって食べ続けると

日々の食事量は増え続け、太りやすい体質になってしまうそうです!!


!! あぁ… 恐ろしや… 恐ろしや…。

いやぁ~、別腹だからーて幸せそうに食べ続けてはいけませんねー。

危ない、危ない…。

別腹を使わずにデザートを食べられるよう注意することが大切なのですね…。

別腹、意外と怖いわ。

と思いつつ、忘年会ではうっかり食べてしまうんだろうなー

と思う、別腹スペースがゆるい005Bでした。

投稿者 staff005 : 19:28 | コメント (0) | トラックバック

2006年12月25日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 三菱 Prototype-X

三菱自動車と北米三菱自動車は、
2007年1月7日~21日まで米国デトロイトのコボ・センターで行われる
北米国際自動車ショー(デトロイトモーターショー)[一般公開は13日~]で
先日お伝えした北米向け新型「ランサー」とともに
次世代高性能4WDスポーツセダンのコンセプトカー
「Prototype-X (プロトタイプ-エックス)」(参考出品)を披露します。
Prototype-X_1_LL.jpg
Prototype-Xは2007年度に発売を予定している
新型『ランサーエボリューション』に向けてのスタディーとして
スパルタンな走りのイメージのエクステリア、
ドライビングへの集中力を高める機能的かつハイクオリティなインテリア、
新開発のアルミブロックのMIVECターボエンジン、
高性能の6速自動マニュアルトランスミッションなど、
“走る歓び”を具現化した同社の技術の集大成となるようです。
Prototype-X_2_LL.jpg

「6速自動マニュアルトランスミッション」って何?
と思われますよね。
2005年の東京モーターショーに「MITSUBISHI Concept-X」という名で
とても近いものが参考出品されていました。
そのときのPress Releaseには・・・
  トランスミッションは、クラッチ操作が不要で、
  通常のマニュアルトランスミッション以上の
  俊敏な変速とトランスミッション効率を高める
  6速自動マニュアルトランスミッションに、
  誰もがスポーツドライビングを可能とする、
  ハンドル操作に集中できるパドルシフトを組み合わせました
と書いてありました。
シーケンシャルMTみたいなものでしょうかね。

投稿者 staff001 : 12:22 | コメント (0) | トラックバック

2006年12月23日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 高速道路交通警察隊RX-8

おつかれさまです001です。
やっと見ることができました。
警視庁高速道路交通警察隊のRX-8パトカー。
国道14号線沿い、墨田区両国にある
本所警察署の前に停まっているのを
反対車線を走っていて見つけました。
どうしようか迷ったのですが
ここで引き返さなかったらきっと後悔する!
というわけで、少し走ったところでUターン。
あそこだ!と見つけた瞬間、
お巡りさんがパトカーに乗り込もうとしているじゃないですか!
いやちょっと待ってよ~!
と、路駐している8パトカーの少し後ろに路駐。

すぐさま飛び降りて後姿をパチリ。
8パトカーrear.jpg
さらに前へ回ってパチリ。
8パトカーfront.jpg
(後ろに警察の1BOXが出かかってますが、この後ろにウチのがいます)

運転席と助手席にお巡りさんが乗ってました。
「シルバーのRX-8が猛スピードでやってきて
 後ろに停まったかと思ったら
 ドライバーが降りてきて写真撮っとるで~」
と言ってたんでしょうなきっと。
2人して笑ってましたよ。

写真を撮り終えたらすぐに発進してました。
危なかった。。
ほんとは中もじっくり見せて欲しかったんですけどね。
ちなみにホイールは16インチの純正アルミでした。
210馬力のベースグレードですな。

投稿者 staff001 : 23:50 | コメント (0) | トラックバック

2006年12月22日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 春のキャンペーンに向けて

001ですこんばんは。
今日は、来年3~4月に開催を予定している
「オールジェイ・ユー 春の中古車フェア」に向けた撮影をしてきました。
登場するのはもちろん!JUイメージガール 松嶋初音さんです。
0068943894.jpg
全国のJUショップで、オリコJUクレジットを利用してクルマを買うと
豪華賞品が当たる「オールジェイ・ユー 春の中古車フェア」。
フェア期間中は、松嶋初音さんと子グマのマーくん
のぼりやポスター、雑誌広告などで大活躍します。
ぜひお楽しみに!

投稿者 staff001 : 23:41 | コメント (0) | トラックバック

2006年12月21日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 マツダ 新型「CX-7」登場

いらっしゃいませこんにちは。001です。

少し前、ラジオでこんな失敗談が紹介されていました。
とあるファーストフード店のドライブスルーにて。
ドライブスルー担当の店員さんが
いらっしゃいませこんにちは。マイクに向かってご注文をどうぞ!
というべきところ
いらっしゃいませこんにちは。マイクに向かってこんにちは!
と言ってしまったんだそうです。
そのラジオを聴いていた私、クルマの中で1人で爆笑してしまいました。。


さて
マツダは、新型車「マツダCX-7」を12月19日から販売開始しました。
CX-7は5人乗りのクロスオーバーSUV(スポーツユーティリティビークル)。
クロスオーバーとは融合ということですね。
CX-7はスポーツカーとSUVの特徴を融合させた
「スポーツクロスオーバーSUV」と呼ぶそうです。
都会的なスタイリングに
2300cc ターボエンジン+6速ATを採用したことで
スポーツカーライクな風情を醸しつつ
SUVの居住性・実用性を兼ね備えるという
まさにイイトコドリなクルマです。
cxs06_003s.jpg
          CX-7 Cruising package

実はすでに今年の5月から北米市場で販売を開始しているとのことで
スタイリングと走行性能などが好評を得ているそうです。
cxs06_005s.jpg
モデルは「CX-7」と「CX-7 Cruising package(クルージングパッケージ)」の2種類。
2WD(FF)と4WDの選択ができ、
車両本体価格は3,060,000~3,660,000円(消費税込)となっています。


全長は4,680mmですが
全幅は1,870mm、全高1,645mmでなかなかの大柄ボディ。
2300cc のターボエンジンですから豪快な走りが期待できそうですね。

トヨタのハリアーや日産のムラーノなどが登場したときもそうでしたが
いよいよクルマのジャンル分けが難しくなってきましたねコリャ。。
ジャンル分けする意味などないんですが。。
よくよく考えてみるともう少し前、
三菱のRVRや日産のルネッサなども微妙なところに位置してますね。
ルネッサが登場したときは「ウマイ!」と思ったものです。
ルネッサ.jpg
ますます選択の幅が広がるわけですが
逆にどれを選んだらよいのか、難しくなってきますね。

投稿者 staff001 : 12:08 | コメント (0) | トラックバック

2006年12月20日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード005 くすぐりエルモ

ども、005Aです。

 
先日、TV観ていたら

腹を抱えて笑うセサミストリートのエルモの人形が

特集されていましたが、みなさんご存知ですしょうか?

この人形、1996年にアメリカで大ヒットしたTickle Me Elmo(くすぐりエルモ)の最新型で、

『T.M.X Elmo』(=Tickle Me eXtreme Elmo)という名前で、

9月19日からFisher-Priceから販売が開始されたらしいです。

振動しながら笑うだけだったオリジナルから、

転げ回りながら全身で笑いを表現する人形に進化したらしく、

その姿は、とても愛らしくて、アメリカではバカ売れみたいです。

102al.jpg

102bl.jpg

102cl.jpg

102dl.jpg

動くとこんな感じです。

この姿を見ていたら、普通にほしくなってしまい、

日本では、売っていないものかとネットで調べていたら、

どうやら私が知ったのはけっこー遅かったみたいで、

すでにAmazonやトイザらスでは、

販売即完売の状態だったらしく、

メーカー小売希望価格7,329円のところヤフオクなどでは、

2万円前後の値が付いていました。

こういうことを知るとよけいにほしくなってしまうと思いつつも、

当たり前に買えるようになっている頃には、

もう自分の熱も冷めているんだろうなとか思っているのに、

昨日は夜な夜なかなり遅くまで、

どこかに情報はないものかとネットサーフィンの睡眠不足です。。

投稿者 staff005 : 00:51 | コメント (0) | トラックバック

2006年12月19日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 ダイハツの軽自動車 新型「ミラ」登場

001です。こんばんは。
ダイハツは、軽乗用車「ミラ」をフルモデルチェンジして
12月18日から全国一斉に発売を開始しました。
mira_0612005.jpg
      X Limited "SMART DRIVE Package"

7代目となる新型「ミラ」は
プラットフォームからエンジンまで全身を一新し、
「小粋なスタイル&スペースユーティリティ」という
ミラのコンセプトを継承しながら
クラスを超えた新次元への進化を目指して開発されました。
新型には
「街乗りクオリティ・ミニ」をコンセプトとした『ミラ』と
「プレミアム・パーソナル・ミニ」をコンセプトとした『ミラカスタム』という
異なる個性の2タイプが設定されています。
mira_custom_0612005.jpg
              CUSTOM RS
mira_custom_0612006.jpg
           CUSTOM RS インパネ

価格は871,500~1,548,750円(消費税込み)です。


27.0km/Lの低燃費も驚きですが
今回の注目は
ツインカムターボエンジンを搭載したグレード(RS)もある「ミラカスタム」です!
実は1994年から1998年に発売されていた4代目ミラにも
ターボエンジンのスポーティバージョン“TR-XX”というグレードがありました。
ターボ復活というわけですね。
mira_tr-xx.jpg
4代目ミラ TR-XX、結構流行りました。
当時のライバル車として
スズキの“アルトワークス”シリーズなんかもありますね。
まだまだイケてると思いますよ!

投稿者 staff001 : 17:16 | コメント (0) | トラックバック

2006年12月18日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 3台目は4ドア

001です。
性懲りもなく3台目に突入してしまったプラモデル。
今回は4ドアボディを手に入れました。
?.jpg
ホンダのアコードです。
しかも1996年のJTCC(全日本ツーリングカー選手権)で
むちゃくちゃ速かったアコード勢の1台、「PIAA ACCORD VTEC」。
トヨタのコロナエクシブ、日産のプリメーラらと
名勝負を演じたモデルですね。
完成次第、その勇姿をご覧に入れましょう。


そんなJTCCアコード、ベースはこんなクルマです。
アコード.jpg
アコードとしては5代目にあたり、
1993年にデビュー、1997年まで販売されていたモデルです。
前モデルよりも全長を短くしつつ、全高・全幅を拡大、
3ナンバーサイズのワイドボディとなりました。
エンジンは1800cc、2000cc、2200cc の直列4気筒で、
2200cc にはスポーツエンジン「VTEC」を搭載したモデルもあります。

その後もモデルチェンジを繰り返し、
現在は7代目が販売されているアコード。
今のモデルもシャープでカッコイイのですが
やはりJTCCで走っていたあの姿を思い出すと
どうしてもこの5代目モデルを手に入れて、
タイヤがフェンダーに入り込んでしまうくらい
むちゃくちゃ車高を落として乗りたい!と思ってしまうんですよ。

投稿者 staff001 : 21:35 | コメント (0) | トラックバック

2006年12月14日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 三菱の北米向け新型「ランサー」

三菱自動車と北米三菱自動車は
2007年1月7日~21日まで米国デトロイトのコボ・センターで行われる
北米国際自動車ショー(デトロイトモーターショー)[一般公開は13日~]で
コンパクトスポーツセダンの北米向け新型「ランサー」を世界初披露します。
LANCER_3_LL.jpg
北米向け新型「ランサー」は、全長、全幅、全高、ホイールベースともに
すべて現行車よりひとまわり大きくなったボディで
安定感のあるスタンスと端正かつ精悍なフォルムを実現したそうです。

衝突安全性や剛性に優れる新時代のプラットフォームを採用。
新開発のアルミブロック製2000cc DOHC MIVECエンジン、
6速SportronicR 付きCVTや、一部のグレードでパドルシフトを採用するなど
新時代のスポーツセダンに相応しい内容としたとのこと。


一見、1996年に発売された同車の「ギャラン」に似ている気がします。
高出力、低燃費、低排出ガスを実現させたGDIエンジンを
量産車として初めて搭載したのがこのモデル。
1800cc直4GDIエンジンと、280馬力の4WD 2500ccV6ターボという
2種類のエンジンがありました。
3ナンバーサイズの大きなボディで
当時の最新技術が惜しみなく注ぎ込まれたモデルです。
エアロバンパーがついたモデルはとても厳つくてカッコイイんですよ。

ギャランVR-4.jpg
写真はJU札幌に所属している北日本自動車共販のギャラン VR-4
2500ccの4WDターボモデルです。
平成10年式 走行距離51,843km 車輌本体価格880,000円(消費税込み)
(12月14日現在 JUジャナイト在庫)
このド迫力がたまらない!!

投稿者 staff001 : 21:17 | コメント (0) | トラックバック

2006年12月13日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 大釈迦

001ですこんばんは。
12月11日・12日と仕事で青森に行ってきました。
正確には11日に八戸へ入り、
12日に八戸から弘前へ移動、
12日の夜に東京へ帰る というスケジュールでした。

JR八戸駅から特急「つがる」に乗り、
弘前駅へ向かったわけですが
途中、弘前の少し手前で浪岡駅に停車しました。

車窓から何気なく見た駅名の看板がコレ
daishaka.jpg
「浪岡」駅ね。
この先は「北常盤」か。
で、手前が「大釈迦」・・・・・。

・・・・ダイシャカ~?!

一瞬、筋肉少女帯が浮かんでしまったのは
そういう世代だからかも知れません。。。
失礼ながら
そのような名前の駅があることを知りませんでした。
のでちょっと調べてみました。

青森県青森市にある、JR奥羽本線の駅なんですね。
奥羽本線の中でも歴史が古いようで
明治27年に開業された駅だそうです。
青森市ホームページを見ると
青森市浪岡大字大釈迦という住所に
標高468mの梵珠山という山があるそうです。
──以下は梵珠山ホームページからの抜粋です。

  梵珠山を含む浪岡一帯は、およそ300万年前の新生代地層が分布し、
  古く、飛鳥時代より信仰の山とされ仏教に関係深い地名が残っています。
  また、梵珠(ぼんじゅ)という山名も釈迦三尊仏のうちの文殊菩薩の名から
  名付けられたと伝えられています。

釈迦堂も建てられているとのこと。
こんな背景があって大釈迦という地名もあるんですね。
今度は大釈迦駅そのものに降り立ってみたいものです。

投稿者 staff001 : 21:48 | コメント (0) | トラックバック

2006年12月12日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード005 韓流かー?!(タカ&トシ風)

最近、会社の方に足裏マッサージに連れていってもらったのですが、

お店の人(台湾の方かな?)がマッサージをはじめて数分、

こんな事を言ってきたのです!!

「お客さん、日本人!?」(カタコト気味)

「韓国人!?」

「韓国人に良く間違えられるでしょ?!」(同じくカタコト気味)

と、もの凄く素敵な笑顔で言われたので

「いえっ、そんな事もないですよっ!」

と頑張って笑顔で否定した005Bです。


しかし、隣でマッサージをしていたお店の人も

「うん、うん、」とうなずく始末。

そんなお店の人を私は見逃しませんでしたが、

そのやり取りを聞いていた周りの会社の人達は大爆笑!!


ネプチューンの名倉氏が

タイ人によく間違えられると言う話は有名。

番組でもそれをネタに、

タイ人でないと通過出来ない場所を

果たして名倉氏が通過出来るのか!?

という企画があり (もちろん、難なく通過しました)

もの凄く爆笑しながら番組を見ていたのですが、

この時ばかりは名倉氏の気持ちが分かった気がします。


マッサージは1時間程だったのですが

その間に3回ぐらい言われ、

今まで自分では気づいていなかったのですが

韓国人に近い何かを持っているんだなと

新しい発見ができた気がしました。


同じ日本人に言われるより、本場に近い人から言われると

何だか複雑な気持ちになるものですね…。

複雑な気分になりながらも

足裏マッサージは癖になるなと思った005Bでした。

投稿者 staff005 : 23:32 | コメント (0) | トラックバック

2006年12月08日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 そらで描く

こんばんは001です。
たまにやってみると面白い「そらで描く」。
何かのキャラクターやマークなど
何でもよいので“何も見ずに”描いてみる。

定番のミッキーマウスを描いてみました。

mickey.JPG

わはははは・・・最悪です。。。
大きな耳があるのに
なぜか人の耳みたいなのを描いてしまう
この絵心の無さ・・・(号泣)
普通の人が「ミッキー頭」をかぶっているだけですわ。
モミアゲがあるのが変なんでしょうか。

微妙に鉄腕アトムらしきものを感じます。

描いてみました。

atom.JPG

・・・・・(汗)
違うキャラが「アトム頭」をかぶっているだけですな。
しかもオモナガ。。


ぜひ挑戦してみてください。
「バカボンのパパ」などもオススメです。
ものすごい大変なことになりますよ!!

投稿者 staff001 : 22:12 | コメント (0) | トラックバック

2006年12月07日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 アコードクーペ コンセプト

001です。福岡は博多に行っておりました。
福岡空港って街の真ん中にあるんですね!
ちょっとビックリしました。

さて
アメリカン・ホンダモーターは、ミシガン州デトロイトで開催予定の
北米国際自動車ショー(一般公開日は1月13日~21日)に
次期アコードクーペのコンセプトモデルを展示するそうです。
am0612001L.jpg
「アコードクーペ コンセプト」は、次世代アコードの新しい価値や
エクステリアデザインの方向性を示すもの。
カッコイイよさそうじゃないですか!
後姿のイラストですが。。。
これまで以上のロー&ワイドな風情を期待したいですね!

北米では、アコードは大変人気があり、
2005年には年間約37万台を販売した実績があるそうです。
2007年モデルの現行アコードは、同じくホンダのフィットと共に
米国カーアンドドライバー誌の「2007 10 Best Cars」に選出されました。
何を隠そうアコードは、この「10 Best Cars」25年の歴史の中で
21回もの選出を受けているといいますからその人気ぶりがうかがえます。

投稿者 staff001 : 21:25 | コメント (0) | トラックバック

2006年12月06日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード005 街はもうクリスマス

12月25日が誕生日で、

幾度となく同じ質問をされてきたので、

「じゃあさ、じゃあさ、小さい頃、

誕生日とクリスマスのプレゼントって一緒にされた?」

と、いつものように聞かれても、

いまいち同じテンションで会話が出来ません。

ども、005Aです。

 
 
先週末、渋谷で買い物をしていると、

街はもういたるところにクリスマスの装飾がされていて、

もうすっかりクリスマス一色でした。

パルコの前にもでっかいクリスマスツリーが飾られていました。

061203_1740~02.JPG

このツリー、中に入れるようになっていて、

中に入るとゴスペラーズの曲がメドレーで流れていて、

『ゴスペラーズ・ツリー』なるものでした。

中は、こんな感じ↓

061203_1739~01.JPG

確か、去年はこの場所に中島美嘉のツリーがあったので、

毎年誰かとコラボのツリーが飾られるのかもしれません。

ゴスペラーズの曲と共にけっこーきれいなツリーでした。

 
 
と、そんなクリスマス一色の街で

買い物を済ませてうちに帰ると、

うちの玄関もちょっとクリスマスっぽくなっていました。

061205_0203~02.JPG

クリスマスツリーと漫☆画太郎フィギュアって…。

投稿者 staff005 : 13:13 | コメント (0) | トラックバック

2006年12月05日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 【Project 8】 エアフィルター交換

先ごろ発売されたRX-8の6速AT に試乗した001です。
加速が恐ろしくスムーズになっています。
そのせいか車重が軽く感じられます。
ウチの4速が恐ろしくモタモタに感じます。。。
イイんです、劣等性はカワイイんです。


さて、エンジンというのはガソリンと火と
そして空気を利用して爆発を起こして運動しています。
たくさんの空気を吸って吐くことによって
より多くの力を発生することができます。
この吸気と排気を効率よくする、というのが
割と手軽にできるチューニングメニューの代表です。

実は以前、我がRX-8もマフラー交換をおこない、
排気の効率を良くしてやりました。
が!
出る方ばかり効率が良くて、入る方はぜんぜん効率が良くない!
バランスが悪い!
というわけで今回は吸気部分のお手軽効率化、
エアクリーナーの交換をします。


とその前に・・・エアクリーナー交換には大きく2種類あります。

①大抵のクルマにはエアクリーナーBOXというのがありまして
 そのBOX内にあるフィルターを交換するというもの。
 box&filter.jpg
 BOXに空気を取り込んで、中にあるフィルターでゴミを除き、
 キレイな空気を吸わせてやるというものです。
 *数千円~1万円程度

②クリーナーBOXごと交換してしまうもの。
 BOXに空気を取り込むのではなく
 そのものがフィルターになっているようなものです。
 kinoko.jpg
 (むき出し型、キノコ型などと呼ばれることもあります)
 むき出し型のクリーナーの方が
 よりハードなチューニングにも対応するとされています。
 *ピンキリですが①よりはだいぶ高額になります

※RX-8のエンジンルームは異常なほど熱が溜まってしまうため
 むき出し型にしてしまうと熱い空気を吸ってしまい、
 かえって効率が悪くなってしまいがち・・らしいのです。
 遮熱をしたり、熱を逃がしたりする必要があるわけですね。
 ぜんぜんお手軽じゃない。。。

というわけで、純正エアクリーナーBOXを利用して
中にあるエアフィルターを交換することにしました。
(幸いRX-8のBOXは容量が大きくてよくできてるらしい)


コレが今回交換するエアフィルター。
filter01.JPG
MAZDASPEED(マツダスピード)製です。
純正フィルターと比較して約10%の吸気効率アップになるそうな。

※実はRX-8のエアフィルター交換というと
 R-Magic というチューニングショップのフィルターが人気です。
 調べてみると、フィルター交換をしている人の7~8割は
 同社のフィルターを選択しているように思われます。
 ・・・という状況を見てしまうと、
 どうにもこうにも引いてしまう、損な性分の私!
 製品がそれだけ良いものだということは分かっているんですが。。。

コレがエアクリーナーBOXです。
filter02.jpg
クルマによって開け方もいろいろですが
開けてみるとこんな感じになっています。
filter03.JPG

※フィルターを通過した空気を吸う部分の両サイドに
 2枚の壁あるのですが、この壁を取ってやることによって
 さらなる効率化ができるらしい!
 filter04.jpg
 というのをホームページ上で発見しましたので
 試しに真似して取り去ってみました。

そしてフィルターを交換するだけ。
filter05.JPG
開けた手順で戻してやれば完了です。
OOOhhh~ お手軽です。


さて効率化、効率化と言ってきましたが
具体的にはどうなるのか。
実際チューンされた方々のホームページ等を見ると
「低・中速トルクが増えて乗りやすくなった」という意見が多いです。
(もともとロータリーは低速トルクがないんです)
より空気を取り入れられるようになって
特に低・中速域がパワフルになったということですね。

正直に言います・・・
鈍感な私にはよく分かりませんでした!
そりゃ1馬力くらいはアップしたのかも知れませんが
所詮体感できるレベルではありません。

要は吸気と排気のトータルバランスを少しでも良くしよう
ということですよ。
良くなってるんですよ(きっと)。

投稿者 staff001 : 23:08 | コメント (0) | トラックバック

2006年12月02日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード007 帰ってきた007!

全国1億2千万人007ファンのみなさまこんにんちわっ!

帰ってきましたよ007ボンドです!

いやー久々のショバの空気は旨いなぁ~

なんと3ヶ月半ぶりの復活です。

というわけで今日から心機一転 『帰ってきた007』として頑張ります。


さっそくですが、私は子供の頃「フランダースの犬」(アニメ)を見て泣きました。

実は先日フランダースの犬のDVD13本(全52話)を2週間かけて見ました。

photo3[1].jpg
http://www.bandaivisual.co.jp/flanders/fd_flmf.html

皆さんもちょっと思い出して下さい。

【あらすじ】
おじいさんと二人暮らしの貧しいネロは、村の酪農家が作った牛乳を町まで運んで
生計を立てていました。
食事はいつも粗末なパンと具のないスープだけです。
ある日、悪い飼い主に酷使され死にかけて捨てられていたパトラッシュを助け、
それからはおじいさんとパトラッシュと3人の生活がはじまります。
貧乏などものともせず気丈に明るいネロの姿が痛々しいほどです。

そんなネロには不幸の連続が襲い掛かります。
たった一人の身寄りであるおじいさんが死んでしまいました。
そしてコゼツのだんな(アロアのお父さん)が所有する風車小屋が火事になり、
ネロが放火したという疑いをかけられ、たった一人で一生懸命生きているネロを
村八分にしました。
牛乳運びの仕事もなくなり、ついに食べれない状態になり、家もなくなりました。

(中略)

そして最終回。
大雪の降るクリスマスイブ。家々ではご馳走を前に家族団欒の時です。
ふらつく足取りでネロは教会に向かいました。
そして大きな壁画の前に倒れこみます。
パトラッシュはネロを探し続けます。こちらも老犬でしかも何も食べてません。
そしてパトラッシュはついに教会でネロを見つけ、その隣に倒れこみます。
ネロはパトラッシュに「僕はもう疲れちゃった。なんだかとても眠いんだ。」といって
静かに目を閉じます。そしてパトラッシュも・・・
すると教会の天井から天使が舞い降りて二人を天国に連れて行きました。

おしまい

涙なくして見られないラストシーン。


最近の餓鬼はわがままばかり言って、食事もきらいなものは食べない。
任天堂DSが欲しいだの、たまごっち携帯が欲しいだの・・・。

実は、わが子にフランダースの犬を見せて自分達のわがままぶりを反省させよう
という試みだったのです。

ところが!

最終回のラストシーン。

僕は40歳にして、また涙をこらえながら見ていました。
一人だったら泣いていたに違いありません。(奥さんは号泣)

内容があまりにもむごいので、ちょっと灸が強すぎたかなと思って子供たちの顔を
覗き込んだ瞬間。

がっつ~ん。

鈍器で頭を殴られたような衝撃を受けました。

うちの子が二人とも満面の笑みをうかべてるじゃありませんか!

そんな馬鹿なっ!

うそだろ?

少なくとも笑うところじゃねーだろ!

本当に俺の子か? こいつらは必ず凶悪犯になる。

しばらくショックを隠せませんでした。

さっきまでは悲しそうに見てたのに、ラストシーンで満面の笑みに・・・
しかも二人とも・・・

何なんだこの状況は?

終わってから、子供たちがいいました。

「ネロもパトラッシュも生き返ってよかったね!」

生き返ってねーだろ!

何を見てたんだよ!

死んだじゃねーか。どこから見ても死んでるだろーが。

天使が迎えに来て、天国につれていかれるシーンで、パトラッシュがリアカーに
ネロをのせて元気に走って天国に上って行くような描写になってました。
それを見て生き返ったと思ったようです。


とんだハッピーエンドだよ。

なんの教訓も残してねーよ。

投稿者 staff007 : 00:03 | コメント (1) | トラックバック

2006年12月01日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 【循環型社会の中心でいこう】 ハコメーラ

001ですこんばんは。
久しぶりの【循環型社会の中心でいこう】のコーナーです。
リサイクルの精神に則ってハイブリッド(異種混合)で遊ぼう!
(ようは画像処理しよう)というコンセプトの本コーナー。

以前から3代目 日産スカイライン(C10型系)、
いわゆる「ハコスカ」が落ちていたときに
その顔を何かにくっつけられないか・・・と思っておりました。
シルビアやローレルに移植されている姿も見たことがありますが
他に似合うものはないものか・・・。

コレなんかどうでしょ!
HAKOMERA.jpg

    ハコスカ+日産プリメーラ(P11型系)=ハコメーラ

最初は「ハコプリ」と命名するつもりでしたが
今入力をしていたらコレの方がゴロが良さそうだったもので。。
そもそもハコスカの「ハコ」は、「四角い箱型」からきていますから
「ハコメーラ」ではちょっと違うんですけどね。

P11型プリメーラとは、プリメーラとしては2代目にあたるモデルで
走りと居住性を兼ね備えた2000ccクラスの5ナンバーセダンです。
私もRX-8に乗る前に一時所有しておりました。
私が乗っていたのは2.0Tmというグレード。
2000cc 直4DOHCのSR20DEというエンジンを搭載していて
なかなかトルクフルでスポーティ、とても乗りやすいクルマでした。
さらに、よく話題にしている全日本ツーリングカー選手権(JTCC)にも
英国ツーリングカー選手権(BTCC)にも出ていたモデルです。

普通なら、前述のシルビアやローレルなど
FR車と組み合わせるところでしょう。
そこをあえて!
FFのプリメーラと組み合わせてしまう、いやむしろ
FFと組み合わせなければならない!
と思ってしまうのが[001=あまのじゃく]とされる所以です。

残念なことに、写真のプリメーラの外観はノーマル状態です。
ハッキリ言ってこのままではイモみたいなんです。
この顔に合わせるにはやはり!
ベッタベタの車高ダウンですよね!!

投稿者 staff001 : 23:26 | コメント (0) | トラックバック

ジャナイトスタッフ日記TOPへ