ジャナイトスタッフ日記TOP > 【Project 8】 エアフィ...

« 帰ってきた007! | ジャナイトスタッフ日記TOP | 街はもうクリスマス »

2006年12月05日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 【Project 8】 エアフィルター交換

先ごろ発売されたRX-8の6速AT に試乗した001です。
加速が恐ろしくスムーズになっています。
そのせいか車重が軽く感じられます。
ウチの4速が恐ろしくモタモタに感じます。。。
イイんです、劣等性はカワイイんです。


さて、エンジンというのはガソリンと火と
そして空気を利用して爆発を起こして運動しています。
たくさんの空気を吸って吐くことによって
より多くの力を発生することができます。
この吸気と排気を効率よくする、というのが
割と手軽にできるチューニングメニューの代表です。

実は以前、我がRX-8もマフラー交換をおこない、
排気の効率を良くしてやりました。
が!
出る方ばかり効率が良くて、入る方はぜんぜん効率が良くない!
バランスが悪い!
というわけで今回は吸気部分のお手軽効率化、
エアクリーナーの交換をします。


とその前に・・・エアクリーナー交換には大きく2種類あります。

①大抵のクルマにはエアクリーナーBOXというのがありまして
 そのBOX内にあるフィルターを交換するというもの。
 box&filter.jpg
 BOXに空気を取り込んで、中にあるフィルターでゴミを除き、
 キレイな空気を吸わせてやるというものです。
 *数千円~1万円程度

②クリーナーBOXごと交換してしまうもの。
 BOXに空気を取り込むのではなく
 そのものがフィルターになっているようなものです。
 kinoko.jpg
 (むき出し型、キノコ型などと呼ばれることもあります)
 むき出し型のクリーナーの方が
 よりハードなチューニングにも対応するとされています。
 *ピンキリですが①よりはだいぶ高額になります

※RX-8のエンジンルームは異常なほど熱が溜まってしまうため
 むき出し型にしてしまうと熱い空気を吸ってしまい、
 かえって効率が悪くなってしまいがち・・らしいのです。
 遮熱をしたり、熱を逃がしたりする必要があるわけですね。
 ぜんぜんお手軽じゃない。。。

というわけで、純正エアクリーナーBOXを利用して
中にあるエアフィルターを交換することにしました。
(幸いRX-8のBOXは容量が大きくてよくできてるらしい)


コレが今回交換するエアフィルター。
filter01.JPG
MAZDASPEED(マツダスピード)製です。
純正フィルターと比較して約10%の吸気効率アップになるそうな。

※実はRX-8のエアフィルター交換というと
 R-Magic というチューニングショップのフィルターが人気です。
 調べてみると、フィルター交換をしている人の7~8割は
 同社のフィルターを選択しているように思われます。
 ・・・という状況を見てしまうと、
 どうにもこうにも引いてしまう、損な性分の私!
 製品がそれだけ良いものだということは分かっているんですが。。。

コレがエアクリーナーBOXです。
filter02.jpg
クルマによって開け方もいろいろですが
開けてみるとこんな感じになっています。
filter03.JPG

※フィルターを通過した空気を吸う部分の両サイドに
 2枚の壁あるのですが、この壁を取ってやることによって
 さらなる効率化ができるらしい!
 filter04.jpg
 というのをホームページ上で発見しましたので
 試しに真似して取り去ってみました。

そしてフィルターを交換するだけ。
filter05.JPG
開けた手順で戻してやれば完了です。
OOOhhh~ お手軽です。


さて効率化、効率化と言ってきましたが
具体的にはどうなるのか。
実際チューンされた方々のホームページ等を見ると
「低・中速トルクが増えて乗りやすくなった」という意見が多いです。
(もともとロータリーは低速トルクがないんです)
より空気を取り入れられるようになって
特に低・中速域がパワフルになったということですね。

正直に言います・・・
鈍感な私にはよく分かりませんでした!
そりゃ1馬力くらいはアップしたのかも知れませんが
所詮体感できるレベルではありません。

要は吸気と排気のトータルバランスを少しでも良くしよう
ということですよ。
良くなってるんですよ(きっと)。

投稿者 staff001 : 2006年12月05日 23:08

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/435

コメント

コメントしてください




保存しますか?


ジャナイトスタッフ日記TOPへ