ジャナイトスタッフ日記TOP > 三菱 Prototype-X

« 高速道路交通警察隊RX-8 | ジャナイトスタッフ日記TOP | 「甘い物は別腹!」 »

2006年12月25日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 三菱 Prototype-X

三菱自動車と北米三菱自動車は、
2007年1月7日~21日まで米国デトロイトのコボ・センターで行われる
北米国際自動車ショー(デトロイトモーターショー)[一般公開は13日~]で
先日お伝えした北米向け新型「ランサー」とともに
次世代高性能4WDスポーツセダンのコンセプトカー
「Prototype-X (プロトタイプ-エックス)」(参考出品)を披露します。
Prototype-X_1_LL.jpg
Prototype-Xは2007年度に発売を予定している
新型『ランサーエボリューション』に向けてのスタディーとして
スパルタンな走りのイメージのエクステリア、
ドライビングへの集中力を高める機能的かつハイクオリティなインテリア、
新開発のアルミブロックのMIVECターボエンジン、
高性能の6速自動マニュアルトランスミッションなど、
“走る歓び”を具現化した同社の技術の集大成となるようです。
Prototype-X_2_LL.jpg

「6速自動マニュアルトランスミッション」って何?
と思われますよね。
2005年の東京モーターショーに「MITSUBISHI Concept-X」という名で
とても近いものが参考出品されていました。
そのときのPress Releaseには・・・
  トランスミッションは、クラッチ操作が不要で、
  通常のマニュアルトランスミッション以上の
  俊敏な変速とトランスミッション効率を高める
  6速自動マニュアルトランスミッションに、
  誰もがスポーツドライビングを可能とする、
  ハンドル操作に集中できるパドルシフトを組み合わせました
と書いてありました。
シーケンシャルMTみたいなものでしょうかね。

投稿者 staff001 : 2006年12月25日 12:22

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/468

コメント

コメントしてください




保存しますか?


ジャナイトスタッフ日記TOPへ