ジャナイトスタッフ日記TOP > バックナンバー:2007年07月

« 2007年06月 | ジャナイトスタッフ日記TOP | 2007年08月 »

2007年07月31日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 トヨタ 新型 イスト

001ですおつかれさまです。
トヨタ は、イストをフルモデルチェンジして販売を開始しました。
2002年5月に発売した初代に続く2代目となる新型は
「New Style, New Position」をテーマとして
先進性や個性を重視する団塊ジュニア世代をターゲットとしています。

軽快さや取り回しの良さに加え、2BOXとSUVを融合させた斬新なデザイン、
4m未満のコンパクトな全長と、3ナンバーサイズに拡大した全幅、
16インチ大径タイヤを組み合わせた踏ん張り感・安定感のある
独創的なシルエットで存在感を演出したエクステリア、斬新なインテリアにより
個性際立つデザインを追求しています。

搭載エンジンは、初代の1300cc ・1500cc から1500cc ・1800cc
に排気量をアップ、ゆとりの走りを実現するとともに
全車にSRSサイド&カーテンシールドエアバッグ、
新開発のアクティブヘッドレストを標準装備するなど
安全性能と優れた環境性能も備えています。

価格は1,659,000~1,890,000円(消費税込み)となっています。


上記リンクよりトヨタのWEBサイトをチェックいただければわかりますが
なんというか・・・どのクルマも同じように見えます。。
初代イストの方が個性的で良かったと思いますね。
しかも排気量もボディサイズも大きくなってます。
1500cc で全長4m弱で3ナンバーですよ。
もはやボディサイズで5ナンバーとか3ナンバーとかいうのは
ナンセンスな感じがしてしまいますね。
この排気量ですと、3ナンバーだからといって
税金や保険が高いわけではないですし。
しかも、5ナンバーサイズの全幅は1695mm、
3ナンバーになったイストの全幅は1725mmですから
片側15mmしか大きくなってないわけで。

以前は3ナンバーというとずいぶん大きく感じましたし、
しかもどこかステイタスがありましたよね。
そういうステイタスももう完全に崩壊しているということですか。。

そんなこんなで、より個性的だった初代はどんなだったんでしょうか。
ist.jpg
写真はJU愛知に所属するオートタウン犬山のイスト 1.3F
平成14年式 走行距離49,482km 598,000円(消費税込み)です。
(平成19年7月31日現在JUジャナイト在庫)
古さも感じませんし、かなりイケてますよ。
新型の登場でさらにお買い得になるかも知れませんね。

投稿者 staff001 : 21:53 | コメント (0) | トラックバック

2007年07月30日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 SUPER GT 第5戦 SUGO

おつかれさまですこんばんは001です。
7月29日、宮城県のスポーツランドSUGOで
SUPER GT第5戦「SUGO GT 300km RACE」の
決勝レースが行われました。
07r05ph002.jpg
あいにくの天気でのスタートとなったこのレースを制したのは・・・

GT500は予選2位から ARTA NSX(伊藤大輔/ラルフ・ファーマン組)が勝利!
07r05ph004.jpg
                 ARTA NSX

2位には同じくホンダの TAKATA 童夢 NSX、
3位もホンダの EPSON NSX、
ということでホンダNSXが表彰台を独占したというわけです。

一方、GT300は予選8番手だった ウェッズスポーツセリカ
(飯田章/関口雄飛組)が優勝しました。
07r05ph007.jpg
              ウェッズスポーツセリカ

2位には 宝山DUNLOP Z、
3位には プリヴェKENZOアセット・紫電が入りました。
おなじみシリーズランキングトップをいく TOY STORY Racing apr MR-Sは
レース半ばにピットアウトしていった周で、コースアウトするなど
今回はうまくレースを運べず、15位に終わっています。


ウェッズスポーツセリカ、カッコイイですね!
コレを見るたびにセリカってこんなカッコよかったっけ?!って思います。
やっぱり車高が低いって イイですね!!

投稿者 staff001 : 12:39 | コメント (0) | トラックバック

2007年07月26日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 アウディ初のミッドシップ R8

アウディ ジャパンは、アウディ初のミッドシップスポーツカー
新型アウディR8 を発表しました。

0803.jpg
     R8 左ハンドル 4200cc V8 FSI (420馬力)
     6速 R トロニック 16,700,000 円(消費税込み)

R8には、アウディのモータースポーツへの積極的な取り組みと
スポーティな高級車を生産してきた経験から得られた技術が満載。
そのDNA は、ミッドシップコンセプトやFSI ガソリン直噴高回転型V8エンジン、
ステアリングのパドルシフトで操作可能なRトロニック シーケンシャルギヤボックス
などが中心的な要素となっています。

また、最新世代のクワトロ・フルタイム4WDシステムにより
あらゆる状況下での走行性能と安全性を確保。
さらに、アウディ スペースフレーム(ASF)採用のアルミボディなどにより、
スポーツカーとしての高い性能を誇りつつも
日常的な使い勝手を犠牲にしない品質と仕上げを実現しています。


以前ご紹介した映画「アイ,ロボット」に出てくる未来カー「Audi RSQ」。
どうでしょう。
だいぶ近づいてきたんじゃないですか!?
rsq.jpg

投稿者 staff001 : 21:52 | コメント (0) | トラックバック

2007年07月25日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 【ちょっと気になるこのクルマ】 ミラ

最近、軽自動車が気になっている001です。
なんといっても維持費が安くて経済的。
2台目の遊び用にどうかね、というわけで。
K4GPやメーカー主催のジムカーナなど
軽自動車中心で気軽に手軽に参加できるレースなども
最近はいろいろあるようですので
なかなか楽しめそうじゃないの!というわけです。

そんな中でも気になっているのがダイハツのミラ。
現行モデルは7代目となっていますが
気になっているのは5代目限定、1998年から2002年までのモデルです。

軽自動車でもワゴン以外の(乗用車っぽい)モデルでは
昔からボンネットが短めで傾斜があり、
どれもわりと似たような形のものが多いのですが
この5代目ミラはなぜかボンネットの傾斜があまりなくフラットで
他とは違った雰囲気を持っているんですよ。
しかもヘッドライトの形なんかもなかなかカッコイイ。
さらにこの代から新軽規格が取り入れられて
前のモデルよりも若干大きくなってるんですね。

これをベースに車高を下げたり、カラーリングを変えたり
レース向けにいろいろなチューニングを施してやるとオモシロそう。
そんなこんなでJUジャナイトに乗っていた在庫車輌をもとに
ちょっとモディファイしてみました。
こんな感じ↓
MIRA.jpg
カラーリングはサンドイエロー(サンドベージュ?)。
車高をできるだけ下げてちょっと派手めでレーシーなアルミを装着。
派手なエアロパーツなどはなくてもよさそう。
とりあえずのベースはこんな感じでどうでしょうか。

今ですと5年から8年落ちというところ。
初期の頃のモデルでしかもマニュアルトランスミッション(MT)なんて
むちゃくちゃ安いですよ。
今までなんとも思っていなかったモデルでも
やりようによっては思わず振り返ってしまうクルマになるもんです!

投稿者 staff001 : 23:32 | コメント (0) | トラックバック

2007年07月24日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード005 見参!! 銀ピカサーファー

FF_s.jpg

決して液体金属のあの人ではないです。
これは9月位に公開の「ファンタスティック・フォー/銀河の危機」と言う
なかなかなセンスのネーミングのアメコミ映画に出てくる登場人物です。

スパイダーマンやバットマン、スーパーマンに比べると
遥かに知名度は劣るんですが、
実は1940年代位から活躍しているヒーローだったりします。

なのでアメリカではケッコー知名度が高く、以前ピクサーが制作した3Dアニメ
『Mr.インクレティブル』の元ネタだったりもします。
とは言え、実は私も勉強不足でさほど知っている訳ではなく、
この「ファンタスティック・フォー(以下F4)」と言う名前を聞いて、
唯一思い浮かぶのが今回の映画のストーリーである
『ギャラクタスの襲来!』だけだったりします。

つーかF4って他に印象深いストーリーって無いのよね。
なんか地味なのよ。

で、内容なんですが
宇宙の果てから地球を食べに来たギャラクタスって言う人が(けっこーデカイ)
地球を守るF4と死闘を繰り広げるっっ!!というお話。

じゃあ一番最初の画像の銀ぴかがギャラクタスなのって言うと、違う。
彼は「シルバーサーファー」と言い、あれこれ考えながら宇宙を波乗り(!)している
ギャラクタスの使者です。
何とこの人の方がF4よりも人気が出てしまい、
後にオリジナルタイトルのコミックまで出てしまいました。すごいね。
確かに哲学的に思考しながら
地球人とギャラクタスとの間で苦悩する姿はかっこ良いです。

そう、この映画はF4を観に行くのではなく、
シルバーサーファーを観に行く映画なんです!多分。
悩んで悩んで、彼の出した答えは!?ってな感じですね。
フツーに観るとフツーの映画ですがそういう風に観ると面白いかもしれません。

ちなみに画像はそのメッセージ性に共感したかどうか分りませんが
とにかく、フランスのコミックアーティスト
「メビウス」が描いたバージョンのシルバーサーファーです。

そー言えばメビウスがジャン・ジロー名義で書いてる
「ブルー・ベリー」という作品が映画化され、
どっかでそのwebサイトも見た記憶があるんですが、
一体いつになったら日本で公開されるんでしょう?
最近こんな話題ばっかの005Cでした。

投稿者 staff005 : 18:47 | コメント (0) | トラックバック

2007年07月23日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 日産 ノートに乗ってみました

いらっしゃいませこんばんは 001です。
奥さんの実家の日産 ティアナが車検とのことで
代車として日産のコンパクトカー「ノート」がやってくる
という情報が飛び込んできました。
これは乗らずに返すわけにはいかん!
っつうわけで乗らせてもらいました。グレード「15M」。

日産ノート.jpg
イイ!
なかなかイイですよコレ!
普段乗っているRX-8のようなドッシリ感はないのですが
スカスカしてオモチャっぽいということもなく
適度に高級っぽい風情もあり、ティアナでも感じましたが
ウインカーレバーの感触や音など細かいところがなかなか上質です。

車内の空間も荷物スペースもタップリ。
私は身長180cmで、座高も測りたくないくらい相当なものですが
頭上高はかなり余裕ですし、運転席を自分に合うポジションにして
その後部座席に座ってみましたがヒザ付近や足元にも相当な余裕があります。
(RX-8が余裕無さ過ぎでマヒしてるという噂もあります・・・)

動力性能についても十分です。
全長3990mmで車輌重量が1100kgですから
普通に運転する分には
搭載される1500cc 直4DOHCエンジンでまったく問題なし。
CVTとの組み合わせで燃費もいいらしいですね。


近所をグルグルと走ってみましたが
アクセルの感覚にちょっと馴染めず、
少ししか踏まないとトロトロとしか出て行きませんが
もう少し踏み込むとドン!と出てしまうという感じがありました。
(まあ慣れなのかも知れませんが・・・)
日産ノートインパネ.jpg
さらに個人的には
フロアシフト(中央の床スペースにシフトレバーがあるタイプ)ではなく
コラムシフト(ハンドルの根元からシフトレバーが伸びているタイプ)にした方が
もっと空間のゆとりを感じられたり、横移動がラクだったりするのになぁ
という気がしました。
また、キーをカバンやポケットに持っているだけで
メインスイッチにキーをさすことなく
プラスチックの“つまみ”を回してエンジンを始動できるという
「インテリジェントキー」が初体験だったのですが、
なんというか、電化製品のスイッチを入れるような感覚で
ちょっと味気ない感じがしました。
もっとこう、「マシンに火を入れる」的な方が・・・ねぇ。。

個性的な顔とテールランプもなかなかいいと思います。
総合的にはマルですね。
ウチのクルマがミニマムスペース&高燃費ということもあり
ゆとりがあって、1500ccで経済的で、コンパクト・・・なこのクルマはかなり惹かれます!

投稿者 staff001 : 21:57 | コメント (0) | トラックバック

2007年07月20日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 フォルクスワーゲン「ゴルフ ヴァリアント」

おつかれさまです001です。
フォルクスワーゲン グループ ジャパンは
ゴルフワゴンを7年振りにフルモデルチェンジし、
名称を新たに「ゴルフ ヴァリアント」に変更して
9月3日(月)より販売を開始することを発表しました。
00002103_s.jpg

ゴルフ ヴァリアントは、2000年2月から販売していた
2代目ゴルフワゴンの後継車種として導入されます。
ボディは5代目(現行)ゴルフハッチバック(ゴルフⅤ)をベースとして
全長を300mm以上延長しており、
歴代ゴルフワゴン最大のラゲッジルームを実現しています。
また、フォルクスワーゲン初の電動パノラマスライディングルーフを設定したり
8つのエアバッグが全モデル標準装備となっているなど
快適性・安全性も特徴となっています。

今回発売するのは
「ゴルフ ヴァリアントTSI コンフォートライン」と
「ゴルフ ヴァリアント2.0TSI スポーツライン」の2モデル。
TSI エンジンというのはフォルクスワーゲンの
「直噴FSI+過給による低燃費、高出力エンジン」のこと。

「TSI コンフォートライン」に搭載するのは
スーパーチャージャーとターボチャージャーの2つの過給機を
装備しているTSIエンジンです。
排気量わずか1400cc でありながら、
最高出力が170馬力に達するツインチャージャーエンジンとして
ハイパフォーマンスかつ低燃費を実現しています。

「2.0TSI スポーツライン」に搭載するのは
ゴルフGTI で定評のある2000cc、200馬力の直噴ターボエンジンです。
このモデルでは、スポーティエンジンに加えて
スポーツサスペンションと低扁平タイヤで足回りを固め、
ワゴンらしからぬ高い次元での走りを可能としています。

「ゴルフ ヴァリアントTSI Comfortline」の価格は2,960,000円(消費税込み)、
「ゴルフ ヴァリアント2.0TSI Sportline」は3,350,000円(消費税込み)。
意外に抑えられた価格設定になっていますね。


ちなみに歴代ゴルフワゴンとはどんな感じかというと・・・

初代ゴルフワゴン.jpg
JU愛媛に所属しているアースオートの初代ゴルフワゴン GLi
平成8年式で車両価格 49万円(消費税込)です。
ゴルフでいうところのゴルフⅢ(3代目)ですね。

2台目ゴルフワゴン.jpg
そしてJU愛知に所属しているトリオの2台目ゴルフワゴン GLi
平成14年式で車両価格 128万円(消費税込)です。
こちらはゴルフでいうところのゴルフⅣ(4代目)です。

(どちらも平成19年7月20日現在JUジャナイト在庫)

初代は平成7年6月にデビュー、
2代目は平成12年2月にデビューしています。
走行距離にもよりますが
2代目でも100万円を切っているものが結構ありますね。
初代は後期モデルでも8年前後経っていますので
50万円を切るようなものもたくさんあります。

荷物がたくさん載る、安い、そこそこコンパクト、そして輸入車。
そんなにたくさん車種ないですよね、このカテゴリって。
結構ねらい目ですよコレは。

投稿者 staff001 : 23:10 | コメント (0) | トラックバック

2007年07月19日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 年金個人情報提供サービス

001ですおつかれさまです。
社会保険庁の公的年金(国民年金・厚生年金)の加入・納付記録に関する問題
:誰のものかわからない記録が約5000万件存在している
というやつのお話です。

今年の6月に配布された厚生労働省、社会保険庁の広報チラシには
こんなタイトルがついていました。

「あなたの年金記録をもう一度チェックさせて下さい
             ~ 被保険者・年金受給者の皆様へ ~」

被保険者というのは、保険金の支払いを受ける権利を有する人。
つまりここでは国民年金保険料・厚生年金保険料を納めている人ですね。
そして続きます:

「平成9年の基礎年金番号の導入以前には、転職や転居等により、
 お1人が複数の年金番号を持つ場合も生じていましたが、
 1人1番号の基礎年金番号を用いて、年金記録の確認を
 簡易・迅速に行えるようにしました」

確かに平成9年以前、年金手帳には
国民年金番号と厚生年金番号が記載されていて
それを統合したました!ということで
「基礎年金番号」の通知書が配布されました。

「これまで、記録を結びつけるための照会を全被保険者に行い、また、
 年金の請求時にもご本人に確認してきましたが、まだ約5000万件
 (平成18年6月)の記録が、基礎年金番号に結びつけられていません。
 この未統合の記録は大切に保管されていますが、そのままでは
 年金支給に結びつかなくなるおそれがあります。」

という大問題ですね。
これを突合させて、未統合の記録がある可能性のある方にはお知らせします
ということになっているわけです。
その時期についても関係各所の発言がことなっていたりして・・・。


そんな状況ですから、チラシのタイトルにあるように
とにかくみなさん、一度自分の年金記録がちゃんとしているか見てみましょうよ
ということなわけですね。

そこで社会保険庁ではユーザIDとパスワードを発行して
個人の年金記録をインターネット上で確認できる仕組みを作っています。
年金個人情報提供サービス」というものです。

年金手帳に記載されている「基礎年金番号」さえ分かれば
すぐにユーザIDとパスワードの発行申し込みができます。
上記ページの「ご利用登録」をクリックして必要情報を入力するだけ。
IDとパスワードについては、“なりすまし”なども考えられますから
登録から約2週間後、郵送で自宅に送られてくることになっています。

ということで私も6月11日に登録をしてみました。
2週間後か~ 早くこないかな~ と思いつつ1ヶ月以上・・・
ようやく今日、IDとパスワードが郵送されてきましたよ!
いいのか?!そんなことで~!
正直忘れてましたからもう。。
今上記ページを見てみても「約2週間で」となっています。
いやいや、1ヶ月以上かかりますから。ほんとに。

年金個人情報提供サービス.jpg
ともあれ、上記ページの「年金加入記録照会」をクリックして
送られてきたIDとパスワードを入力。
実は私の場合、学校を出てから現在3社目という転職歴がありまして
しかもその間には未払い期間もあります(相すみません)。
ドキドキしながらいざログイン!
・・
・・・
・・・・
バッチリ キッチリ ガッチリ 記録されてました!!
しかもかなり詳細に記録が表示されています。

とりあえずホッとしました。
年金記録がきちんと統合されていないケースというのは
きっと私なんかよりももっともっと複雑な
資格取得(加入)/資格喪失(脱退)をしているケースなんじゃないか
という気がしますが、まずは皆さんも
ご自身の年金加入記録を確認しておいた方が良いと思いますよ!

投稿者 staff001 : 21:25 | コメント (0) | トラックバック

2007年07月18日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 【循環型社会の中心でいこう】 ポルメーラ

こんばんは001です。

この【循環型社会の中心でいこう】シリーズは
異種混合、すなわち「ハイブリッド化」というキーワードとともに
“もったいない”精神に則って古いクルマを組み合わせることで
オリジナリティあふれる楽しいクルマを造ろうよ!
というコンセプトを持っております。

バックナンバー
 第1回 シルフィーロ
 第2回 セリプター
 第3回 RX-997
 第4回 コデッセイ
 第5回 ハコメーラ

かなりひさしぶりのこのコーナー。
第6回となる今回はコレです!

pormera.jpg

      ポルシェ911 + 日産プリメーラ = ポルメーラ!

いやあ・・・またしても微妙。。
ゴロはなかなかいいんですけどねぇ。
カッコイイかというとねぇ。。
オリジナル度は1000%だと思いますが。

以前もポルシェ911シリーズ(997)をあわせたことがありますが
ポルシェと聞いて連想する顔はやはりこのカエル顔。
この顔がどこかに落ちていて簡単に手に入るかどうかは疑問ですが
この顔はぜひいろいろなクルマで試してみたいですね。

顔以外も、以前登場した日産のプリメーラ(P11型)です。
P11型プリメーラとは、プリメーラとしては2代目にあたるモデルで
走りと居住性を兼ね備えた2000ccクラスの5ナンバーセダンです。
エンジンはトルクたっぷりでなかなかスポーティ。
私も過去に所有していたことがありますがとても乗りやすいクルマでした。
以前開催されていた全日本ツーリングカー選手権(JTCC)や
英国ツーリングカー選手権(BTCC)にも出ていたモデルですね。

セダンボディをあわせてみようと思うと
ついついバランスの良いこのクルマを持ってきてしまいます。

このナンセンス度満点の試みに賛同いただけるかたは
ぜひ意表をついたポルシェ顔を実現させてください!

投稿者 staff001 : 21:37 | コメント (0) | トラックバック

2007年07月15日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 RE燃費事情

001ですこんばんは。
子供が産まれてからというもの
まだ小さいこともあってそんなに遠出ができていません。
愛車(RX-8)の出動回数や走行距離もおのずと減り
給油をする回数もめっきり減ってしまいました。

今日、ずいぶん久しぶりに満タンにしてみたらガソリンの高いこと!
近所のE社ではハイオクで158円/Lでしたよ。
ウチの近所にE社が2件あるので
知らず知らずのうちにどちらかで入れるようになってしまい
気持ち的に他銘柄を入れられなくなってしまいました。
たまたま見かけたS社のセルフスタンドはハイオクが143円/L。
安~っ!
・・・ってそれもどうかと思いますがこのご時世ですから。。
今回ばかりは真剣に浮気を考えますね。

ちなみに今回は走行距離335kmに対して、給油が47.5L。
燃費が7.05km/Lでした。
「赤ちゃんがのっています」ということもあり
極めて安全運転をしてる(つもり)のためか
普段よりは燃費が良かったですよ。
だって、平均燃費って6.5km/Lですもん!
・・・ってすごいレベルのお話ですな。。

それでも高速走行のみで11km/Lを記録したこともあるんですよ。
さすが新型ロータリーエンジン「RENESIS(レネシス)」!
平均燃費6.5km/Lだって大したもんです。
だって、以前友人が乗っていたRX-7(FD3S)は3km/Lなんてのもありましたから。
・・・ってこれまたひどいレベルのお話ですな。。
まぁ、いいんですけどね!好きでロータリーに乗ってるんですから。

投稿者 staff001 : 23:05 | コメント (0) | トラックバック

2007年07月12日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 最近のヒメ

001です。
うちのヒメはもうすぐ5ヶ月です。
ついこのあいだ4ヶ月目だったのに。。
人のうちの子の成長ってむちゃくちゃ早く感じていましたが
自分のとこの子もすぐにデカくなるんですね。

髪の毛はボッサボサだし
下の歯が生えてきてるし
ツメが伸びるのも異常に早くて
昨日切ったのにもうかよ!というくらい。。
ちょっとでもサボるともうすぐに凶器です。
おかげさまで奥さんはひっかきキズだらけですから。
ちなみに私が抱っこしているときは
あごにパンチを食らい、顔面に頭突きを食らいます。
風呂に入れれば前蹴りがみぞおちに入りますし。
それはもう大変な乱暴モノに成長したもんです。

そして問題は身長と体重です。
この範囲なら問題ないですよ~という発育曲線なるものがあるのですが
身長はつねにオチビさんギリギリで
体重はつねにブタさんギリギリです。
先日、生後10ヶ月になる友達の子を抱っこさせてもらったのですが
重みがほとんど変わらないんですよ!
さすがに10ヶ月にもなるとしっかりしてきていて抱きやすい
ってのもあるんですが、それにしてもねぇ。。
ウエストなんてむしろうちのヒメの方が太い!脚も太い!
それがコレ↓ はいド~ン
200707122222.jpg

赤ちゃんなんだからコロコロしてた方がかわいいとは思いますが
将来は世界をまたにかけるウルトラスーパーモデルになってほしい
と思っているアホ親としては気が気ではありません。

まだ寝返れませんし、ハイハイもできません。
当然歩くこともできないわけですから
これからもっともっと何十倍も何百倍も大変になっていくんでしょうね。

投稿者 staff001 : 23:16 | コメント (0) | トラックバック

2007年07月11日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 【ちょっと気になるこのクルマ】 カマロ

001ですこんばんは。
以前の記事で、
ナイトライダーのKNIGHT2000(トランザム)を見て以来
いつかムダにデカいアメリカンクーペに乗りたい!と
思うようになったということを書きました。
いまだに、定年になったら買おうと思っていますが
最近我が家の近くでよく見かけるこのクルマ、
シボレーカマロがかなりいい感じです!
カマロ.jpg
写真はJU奈良に所属している岡田モータースの
シボレーカマロ Z28 (2000年式)です。
 (平成19年7月11日現在JUジャナイト在庫)

このモデルは1993年のフルモデルチェンジで生まれました。
それまでのカクカクしたモデルから流線型に一新されたモデルですね。
実はフルモデルチェンジ直後はヘッドライトがちょっと奥まった感じになっていて
上の写真のモデルの顔とはちょっと違っていました(後ほど写真でご紹介します!)。
その顔がやや不人気だったことからマイナーチェンジをおこない
写真のような顔になったと記憶しています。

かなりカッコよくないですか?
私の定年後はこういうクルマと決めていますが
今現在、ぜひ団塊の世代の方々に乗っていただきたいですね。
こういうクルマから、ちょっとハードなサングラスをかけて降りてきたら
なかなかオシャレだと思いますよ~。

このカマロですが
3800cc の「スポーツクーペ」と5700cc の「Z28」というグレードがあります。
個人的には3800cc でも十分だとは思いますが
きっと5700cc の方が豪快なアメリカンクーペの味が楽しめるんでしょうね。

実際に検索してみていただけるとお分かりになるかと思いますが
このモデルは安い!本当に安い!かなりお買い得なんですよ。
上の写真のモデル(顔)を選びたい気もしますが
さらなるお買い得感を求めるならば!
オススメは前述したフルモデルチェンジ直後のモデル。
驚くほど安いです。
↓この顔ですね。
カマロ2.jpg
写真はJU兵庫に所属するフリーウェイの
シボレーカマロ スポーツクーペ (1997年式)です。
 (平成19年7月11日現在JUジャナイト在庫)


クルマそのものの信頼度(壊れやすさなど)については
しっかりと情報を収集されるべきかと思いますが
私のように「アメリカンビッグクーペの風情を楽しみたい!」
という人は一度検討してみる価値がありそうですよ。

投稿者 staff001 : 22:25 | コメント (0) | トラックバック

2007年07月10日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード005 刑事の夢だな...

twin_peaks2.jpg

どうも、ドーナツです。もとい005Cです。


さて今回はちょっと昔に戻って「ツインピークス」です。
twin_peaks.jpg

懐かしいねマッタク。
海外ドラマブームの火付け役となった作品ですね。
何で今回これを取り上げたかと言うと、まぁ長くなるんですが。

上の画像は私の持ってるツインピークスのDVDの写真なんですが、
これ、第1シーズンの前半までなんですよね。
で、これが出たのは2002年なのですよ。
もちろん続きはすぐに出るだろうと誰もが思っていたんですが....。

恐ろしいことに2007年現在まだ出ない!
しかも、待っていたら今年の5月か6月位から
レンタルビデオ屋ではDVDのレンタルが始まっていると言う、
なんか順番が逆じゃねえ?っていうはなしです。

一応、秋にはリリースされるという話なのですが、
なんかいつも秋には発売されるっていうウワサなんだよね・・・、5年間も。

と、こんな愚痴を言いたいから取り上げた訳ではなく。

大体どんな話なのって方に軽くあらすじを説明すると・・・
アメリカの田舎町のツインピークスで
ハイスクールのマドンナであり、地元の名士の娘、
成績優秀で誰からも愛されてるローラパーマーが死体で発見される。
発見場所が州境だったため、
FBIのクーパー捜査官が事件の解決に乗りだすが・・・。

次第次第に本性を現していく住人達と、事件解決が進むにつれ
パーフェクトだったはずのローラパーマーの人間性が明らかになっていく様、
そして意外すぎる犯人像。
更にそこから続く闇の先には何があるのか?

と言った内容。

これは5年前にDVDを買った私でさえ、
レンタル屋に走りたくなるストーリーですよ!

ただ、最後は打ち切りにあってしまったため、
まるで悪夢の様な終わり方をしてますが。・・本当、いろいろショックよ。

まぁ、せっかく観れる機会が増えたんで、是非観てみて下さい。
よく難しいって言われるデビット・リンチの作品ですが、
あんま気にしないで観れば、凄い解りやすい作品だと思います。

では~!

投稿者 staff005 : 19:09 | コメント (0) | トラックバック

2007年07月09日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 マツダ「デミオ」をフルモデルチェンジ

001ですこんにちは。
マツダ は人気のコンパクトカー「マツダデミオ」をフルモデルチェンジし、
全国で販売を開始しました。
P1J03256s.jpg
                デミオ 「13C-V」

マツダデミオは、1996年8月に初代モデルが導入され、
扱いやすいサイズに優れた収納性・機能性を備えて登場しました。
3代目となる新型デミオは
「環境・安全に対する関心の高まり」「デザイン志向の高まり」という
「新しい時代の価値観」を見据えてコンパクトカーを一から考えなおし、
「パーソナル・スマート・コミューター」として開発されました。
P1J03238s.jpg

新型デミオは、個性的なデザインと日常での使い勝手を高める
パッケージ・機能性を備えるとともに、走りの楽しさを引き継ぎながら
車重の軽量化や新開発エンジン(1300cc/1500cc)により
大幅な燃費向上を実現しています。
P1J03250s.jpg
                デミオ 「SPORT」

車両本体価格は1,125,000円~1,580,000円(消費税込)となっています。


デミオも本モデルで3代目。早いもんですね~。
モデルを比べてみてみると
初代のスクエアな風情もまだまだカッコイイですよ!
初代デミオ_エフガレージ.jpg
写真はJU埼玉に所属するエフガレージのデミオ 1.5 アレッタ
 (平成19年7月9日現在JUジャナイト在庫)
このデミオは社外のエアロパーツが装着されいるようです。
こういうボリュームのあるエアロパーツをつけて
軽くローダウンしたりするとホントいい感じになりますね。
マツダスピード製のエアロパーツもなかなかカッコよかった記憶があります。

実は同じカタチのものがフォードブランドで販売されていました。
「フェスティバミニワゴン」ですね。
初代デミオを探している方は同時に検討してみても良いかも知れません。

フェスティバミニワゴンの前に、フォードでは
ただの「フェスティバ」というクルマもありましたね。
同じくコンパクトなんですが、特に1986~1992年までのモデルは
大きく張り出したブリスターフェンダーが採用されていて
走りのモデルGT-Xや、キャンバストップモデルなどもあり、
なかなか個性的な面白いクルマでした。

投稿者 staff001 : 12:24 | コメント (0) | トラックバック

2007年07月06日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード007 赤紙

ゾスっ!

気まぐれプリンス007です。

赤紙と言えば徴兵制度の代名詞。
私もついに来てしまいました!

徴兵ではなくスピード違反!     
標識.gif

赤キップをいただくのは初めてです。

いやー。やっぱり厄年はいいことないね。

鎌倉八幡宮から海への一本道(若宮大通)を
八幡宮方面に向かって走っていたらネズミとりをやってました。

まんまとカゴの中に捕らえられたわけです。

j0283093.gif

制限速度40kmの道路を71kmにて走行中に捕獲されました。

31km超過 一発免停 ドラドラ 6点減点

警察官が計測速度のプリントされた小さな出力紙を私に見せながら言いました。


警:「間違いないですね」
私:「えっ?なにが?」
警:「今計測したスピードがコレです」
私:「間違いないですねって、こっちが聞きたいよ。
   いちいちメーター見て走ってないからさぁ、
   今のスピードが71kmかって聞かれても・・・」
警:「機械で測ってますから正確です」
私:「じゃー聞かないでよ」
  「それに、その機械は本当に間違いないでしょうね」
警:「正確です」


最近の警察官は弱いねー。
いつの間にかこっちに尋問されてるもんね。

私の人生のモットーは
タダじゃキップは切らせねー」なんですよね実は。

僕ちゃんは意外にクレーマーなんだもんね。

その後もすったもんだで散々悪態をついて十分に遊んだ後、
ある程度満足した僕はおとなしくサインをしました。

j0356604.gif

その後、いくつかのドラマがありました。

世の中の風評というのはいかにいい加減なものかを
思い知ることになるのです。

友人A:罰金は相当高いぜ。俺の友達も30km超過で15万
ぐらい払ってたぜ。
友人B:30km超過未満なら1000円/1kmだけど、赤キップは重罪だから
10000円/1kmだよ。つまり31万だぜ。
タクシー運転手さん:罰金が値上がりしたから結構高よ。

などいろんなマイナス情報をいただきありがとうございました。

おかげさまでかなり憂鬱な毎日を過ごしました。

10000円/1kmが本当なら、罰金31万円ということになります。
ローンはできるのかなぁとか、カードで払えればマイルが貯まるのになぁとか・・・
ホント真剣に考えました。

まず行政処分の通知が最初に来ました。
30日免停です。
一日会社を休み、朝から夕方まで講習を受け、無事に免停日数を短縮しました。

次に裁判所から出頭命令が来ました。
略式裁判という、およそ裁判とは言いがたい
単なる事務手続きの後、罰金額が決定します。
というか最初から決まっているのですが。
j0283988.gif

正解は6万円でした。
算式は10000円/5kmです。
30km~34km超過は6万円ということになります。

皆様の誤った情報により、お得な気分で罰金を払うことができました。
罰金納付直後に、思わず奥さんに電話をしてしまいました。

私:「よろこべ!格安だったぜ!たったの6万円だったよ」
妻:「よかったねー。浮いたお金でご飯でも食べにいこーか」
私:「そうだなー」

バカ夫婦とはこのことである。

そもそもお金は浮いてない。

しかも6万円は大金。
※31万円の想定からすると安かっただけである。

ニセ情報も思わぬ効果があるもんですね。
少なくとも6万円を気持ちよく払えたわけですから・・・。

j0283588.gif

皆様、スピード違反にはくれぐれもご注意を。

投稿者 staff007 : 13:17 | コメント (0) | トラックバック

2007年07月05日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 JUイメージガール 松嶋初音さんを撮影しました

001ですこんはんはおつかれさまです。

今日は、10~11月に開催を予定している
全国キャンペーンに向けたスタジオ撮影をしてきました。
登場するのはもちろん!JUイメージガール 松嶋初音さんです!

20070705150137.jpg

全国のJUショップで、オリコJUクレジットを利用してクルマを買うと
豪華賞品が当たる秋のキャンペーン。
フェア期間中は、松嶋初音さんと子グマのマーくんが
のぼりや店頭ポスター、雑誌広告などで大活躍します。
ぜひお楽しみに!

投稿者 staff001 : 20:46 | コメント (0) | トラックバック

2007年07月04日|ジャナイトスタッフ日記

お知らせ 中古車アンケート プレゼントキャンペーン

現在JUジャナイトでは、中古車に関するアンケートを実施しております。

中古車を購入する際に参考にする情報や気になることなどを伺うアンケートに
お答えいただいた方の中から抽選で豪華賞品をプレゼントいたします。
どなたでも参加いただけるキャンペーンですのでふるってご応募ください!

 気になるプレゼントは・・・                     合計150名様に当たります!
 ─────────────────────────────────────
       JUオリジナル 子グマのマーくんトースター     2名様
       ベネトン製 小型キャリーケース            8名様
       JUオリジナル 携帯ストラップ&キーホルダー  40名様
       特製クオカード                    100名様
 ─────────────────────────────────────

                  ↓まずはバナーをクリックください↓
banner590.jpg

投稿者 staff001 : 23:38

2007年07月03日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード005 脳内メーカー

父さんが買ってくれた靴を

ゴミ捨て場で必死に探しているシーンで、

思い出し泣き出来ます。

ども、北の国から'005Aです。

 
 
脳内メーカー

みなさん、もう試してみましたか?

名前を打ち込んでクリックすると、

その名前の人の脳内イメージを勝手に見せてくれるサイトなんですが、

これがなかなかおもしろいです。

 
 
で、わたくし005Aの脳内イメージがこれ↓

maker.usoko.net.jpg

バカっぽい!(笑)

友達と遊ぶことばっか考えていて、

あとは忘れる!みたいな・・・

でも、ちょっと遠からずなとこもあります。

また、このサイト内にはこんなモノもあります。

koukou.jpg


これもまた名前で勝手に表示されるものなんですが、

「死ぬほど好きなの○○高校 にっちもさっちも○○高校」って、

どんな校歌だよ!(笑)

さらに、こんなのもありました↓

maker-1.usoko.net.jpg

「変態情報学」って・・・

もう好きにして下さい。

 
 
友人や上司の名前を打ち込んでみたりと

自分以外の人でやってみてもけっこうおもしろいです。

みなさんも是非。

投稿者 staff005 : 23:02 | コメント (0) | トラックバック

2007年07月02日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 残酷物語

001です。
先日、ある母親による投書でこんなものを見かけました。
とある小学校のとあるクラスのお話。
そのクラスで席替えをする際は、まず班長になりたい子が立候補し、
班長は自分の近くに座って欲しい人を班員として1人ずつ選んでいたそうです。
娘から「最後に残っていくのが嫌だ」という話を聞いた母親は先生に尋ねてみたそうです。
「しっかりとした班長がそろう」というのが先生の言い分。
「声の小さい子でも班長になれる機会を作るべきだし
 班員に選ばれず残っていく子が傷つく」と母親が伝えたところ
先生は理解されたらしくその後はくじ引きになったそうです。

なるほど今もあるんですね。
男子は特に分かると思うんですが、
遊びで野球やサッカーをする際のチーム分けシステムとしては
このシステムはわりとメジャーですよね。
力が拮抗するという面もあるんだと思うんですよ。

実は私が小学生のときにもこのシステムによる事件が起こりました。
私の場合は体育の時間、
その時はバスケットボールでした。

まずキャプテンとしてバスケの上手い子が8人、みんなから推薦されます。
そしてキャプテンがチームメイトを順番に選んでいくわけです。
普段、運動神経がよいとされる子から選ばれていくわけですね。
最後のほうにはあまり運動の得意でない子が残るわけです。
コレがまず1回目でした。

そのチームで一通り対抗戦をおこない、
再度、チーム換えをするときがやってきました。
チーム決めシステムに対し、とくに問題意識を持っていなかった我がクラスでは
1回目と同様のシステムを採用しました。
するとどうでしょう!
1回目は運動のできない子が残っていたのですが
2回目になると、運動のできない子ではなく
みんなから「わがまま」「自分勝手」と思われている子が残ったんですよ!
予想だにしない結末に、残った子は茫然自失。
泣き出してしまいました。

1回目、あまり運動の得意でない子は何となく自覚してたんでしょう、
悔しさでいっぱいだったにもかかわらず、グッとこらえていたんです。
2回目の子はこらえきれずに泣き出してしまったわけですから
ここで初めて、システムの残酷さに気付くことになったわけです。
クラス中が気付いたかどうかは分かりませんし
実は1回目から気づいていた子がいたかも知れません。
少なくとも私はこのときに気付きました。
しかも私、下手くそながらバスケ部だったために
1回目も2回目もキャプテンをやらされてました。
わははは。。。残酷なことをしていたもんです。
こうして未だに覚えているんですから
よっぽど記憶に刻み込まれた出来事だったんでしょうね。
これ以来、このシステムは採用されませんでした。


どういう経緯でこのシステムが採用されたのか、まったく覚えていません。
このシステムの採用について、先生もとくに口を出しませんでした。
この先生の態度が微妙ですね。

 A まったく想定していなかった
 B こうなることが分かっていたが、クラスの決定を尊重した

A だったとしたらやっぱり問題だと思いますよ。
前述の投書の先生も、傷つく子がいることを
万が一、想定していなかったとしたら問題だと思います。
B だったとしても、まったく口を挟まないのもマズイ気がしますね。
いくつか提案されたシステム案を書き出して
それぞれのメリット・デメリットをみんなに出させて
ある程度深くまで考えさせるべきだと思いますよ。


『もし自分がその立場だったらどうなのか』
小さい頃から、いろいろな場面で考えられるようになっていたいものです。

投稿者 staff001 : 21:58 | コメント (0) | トラックバック

ジャナイトスタッフ日記TOPへ