ジャナイトスタッフ日記TOP > バックナンバー:2007年11月

« 2007年10月 | ジャナイトスタッフ日記TOP | 2007年12月 »

2007年11月29日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 2007-2008日本カー・オブ・ザ・イヤー

こんばんは001です。
かなり遅くなってしまいましたが
11月21日に「2007-2008日本カー・オブ・ザ・イヤー」が決定しましたね。

日本カー・オブ・ザ・イヤーとは
雑誌を中心とした37 媒体からなる実行委員会から構成されており、
実行委員会から選出された選考委員60 名が実際に投票を行って
イヤー・カーを選び出すシステムです。
今回で28回目となる「2007-2008日本カー・オブ・ザ・イヤー」は、
2006年11月1日から2007年10月31日までに
日本国内に於いて新型車として発売されたクルマから55台をノミネートし、
この55台の中から選考委員60名の投票により、
11月1日にまず10ベストカーが決定されました。
これを受けて選考委員が最終確認を行う10ベストカー試乗会を
11月20日に有明コロシアムで開催し、
その後、選考委員60名の投票を実施しました。

各委員の持ち点は25点で、1車種に満点となる10点を必ず投票、
残り15点を4車種に配点することが義務づけられています。
また、イヤー・カーが国産車の場合は、別途、
輸入車のなかで最も得点の高かった車にに
インポート・カー・オブ・ザ・イヤーの栄誉が与えられます。
さらに、特別賞3賞は55台のノミネートカーの中から、
各賞に値するクルマに選考委員が1ポイントを投票して選出、決定されました。

その結果は・・・

日本カー・オブ・ザ・イヤー ホンダ フィット
ホンダ_フィット.jpg
【主な受賞理由】先代の基本性能の高さを受け継ぎつつ、
ユーティリティや乗り心地、ハンドリングそして時代の要請である環境性能など、
あらゆる能力をさらに高めた。世界のどこでも評価される実力、魅力がある。

インポート・カー・オブ・ザ・イヤー メルセデス・ベンツ Cクラスセダン
メルセデスベンツ_C.jpg
【主な受賞理由】軽量化と高剛性、そして高質感の見本的なクルマ作り。
またファン・トゥ・ドライブとコンフォートの両立など
バランスの高い仕上がりを実現した。価格を据え置いたことも評価。

Most Advanced Technology
    フォルクスワーゲン ゴルフGT TSI/ゴルフトゥーラン/ゴルフヴァリアント
フォルクスワーゲン_ゴルフ.jpg
【主な受賞理由】エンジンをダウンサイジングする概念は極めて崇高であり、
ツインチャージャーと2ペダルDSGの採用により、
燃費に優れるだけでなく走りの楽しさもきっちり表現している点を評価。

Most Fun 三菱自動車 ランサーエボリューションX
三菱_ランサーエボリューション.jpg
【主な受賞理由】多くの人が安心して楽しめる走りと、
2ペダルのツインクラッチSSTにより、正確かつ迅速なシフトワークを
誰にも可能にしたことなどを評価。またこれを現実味のある価格内で実現した。

Best Value ダイハツ ミラ
ダイハツ_ミラ.jpg
【主な受賞理由】タワーパーキングに入る車高を維持しつつ、
室内空間はマジック的な広さを実現。
低燃費で維持費も安く価格もお手頃という、
軽自動車に本来求められる性能を追求したことを評価。


以下が10ベストカーと投票結果です。

1位 374点 フィット(本田技研工業)
2位 299点 メルセデス・ベンツCクラスセダン(メルセデス・ベンツ日本)
3位 273点 インプレッサ&インプレッサWRX STI(富士重工業)
4位 245点 スカイライン/スカイラインクーペ(日産自動車)
5位 128点 デミオ(マツダ)
6位 60点 ランサーエボリューションX(三菱自動車工業)
7位 46点 プジョー207/207CC/207GTi(プジョー・ジャポン)
8位 29点 ゴルフGT TSI/ゴルフトゥーラン/ゴルフヴァリアント
                  (フォルクスワーゲングループジャパン)
9位 24点 ミラ(ダイハツ工業)
10位 22点 マークXジオ(トヨタ自動車)


ちなみに去年は、カー・オブ・ザ・イヤーがレクサス LS460、
インポート・カー・オブ・ザ・イヤーがシトロエン C6でした。

こうしてみると妥当な線でしょうかね。
スカイラインも頑張ったんですけどね。
んん~、「Most Fun」は評価の高かったインプレッサでもよかったんじゃないかな~
と思ったりもしますけどね。

・・・よくよくみると、特別賞の3台はみんな6位以降、得点も2桁の車たち。。
なんだか面白い結果ですな。

投稿者 staff001 : 21:49 | コメント (0) | トラックバック

2007年11月28日|ジャナイトスタッフ日記

お知らせ キャンペーン終了間近です!

10月1日から11月30日まで開催している、
全国のJUショップでは、オリコJUクレジットでクルマを購入された方に
豪華賞品が当たるキャンペーン「新鮮中古車 秋まつり」。
もう29日・30日の2日間で終ってしまいます!

オールジェイユー新鮮中古車秋まつり.jpg

秋の味覚や産直品のプレゼントがもりだくさん!
クルマの購入を迷っていらっしゃる方は
ぜひこの機会にJUショップでお求め下さい!
      

さらに!
「新鮮中古車 秋まつり」キャンペーンの開催と、
10月1日からの「JUジャナイト」リニューアルを記念して
同じく10月1日から11月30日までの2ヶ月間、
JUジャナイト上で、誰でも応募いただける
JUジャナイトリニューアル プレゼントキャンペーンを実施しています!
これもまた29日・30日の2日間で終ってしまいます!

JUジャナイトリニューアルキャンペーン.gif

リニューアル内容の紹介動画を見ていただき、
アンケートにお答えいただいた方の中から抽選で
任天堂 Wii や iPod nano など豪華賞品が当たりますよ!
ラストチャンスですのでまだ応募されてない方は今すぐ応募してください!

投稿者 staff001 : 22:56 | コメント (0) | トラックバック

2007年11月27日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 白い恋人のルール

001ですぅ。
今日、お土産にいただいた「白い恋人」を食べました。
11月22日に再発売した直後は、あっという間に売り切れになったそうですね。

白い恋人.jpg

8月に賞味期限を先延ばしして販売したものがあることが発覚し、
製造と販売を停止していたこのお菓子。
今後は外装だけでなく、中のお菓子1つ1つの袋にも賞味期限が印字されるということで
確かにしっかり日付が印字されていました。

今回の再販売ですが、即売り切れになってしまう一方で
早すぎる、体質は簡単には変わらない、といった声もあって
どうやら賛否両論のようですね。

「体質はそう簡単に変わるものではない」というのはよく分かります。
ガ!シカシ!
個人的には、1回“やってしまった”ところはもうやらんだろう
という極めてお人好しな見解を持っています。
雪印も不二家も赤福も吉兆もそう。
個人情報を流出してしまった会社なんかもそう。
2度目はないでしょ。さすがに。
「サドンデス」ですもん。


・・といいつつなんですが。。。
現行のルールに対して不正があったことは事実でしょうし、
別に肩を持つわけではありませんが
「本当に最初の表示(先延ばしする前の表示)が正解だったのか?」
「その表示基準が最良だと言い切れるのか?」
という気もしますけどね。
頭ごなしにルール違反を突きつけるだけでなく
なぜそうしてしまったのか、ルールは常に正しいのか、
検証する必要もありますよね、きっと。
もっともっと重大な何かが起きてしまう前に。

ま、実際今回食べてみて普通に美味しかったですけどね!

投稿者 staff001 : 22:05 | コメント (0) | トラックバック

2007年11月26日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 サンダルを買おう

001です。
8月の記事で「原付バイクが熱い」という話を書きました。
普通自動車免許を取得すれば誰でも乗ることのできる原付ですから
クルマはクルマとして持っていて、サンダル感覚で原付を持っておくと。
そしてそれを自分流にアレンジしましょうよ(当然!)と。

最近、結構現実味を帯びてきております。
実はクルマの免許もバイクの免許を持っていないうちの奥さんは
身分証明が簡単にできないために苦労しているという話をしていながら、
さほど積極的に免許を取得しようという気が無いことから
まずは原付の免許を取ってみよう!というきっかけになるかもね、ということもあり。
しかも私ときたら、極めて短距離&1人で出かけるときまでクルマに乗っていましたので
んな無駄な・・・ということもあり。


さて、やはり一番の問題はもちろん車種選びなわけで
前にはズーマー、エイプ、ジョーカーという3台をご紹介しましたが
今現在、私の中で旬なのがコレです(奥さん関係なし!しかもコロコロ変わる!)

giorno deluxe.jpg

またしてもホンダ車なのですがGIORNO(ジョルノ)というスクーター。
1992年に発売されたスクーターで、
その後何度もカラーリングが追加されたり、特別仕様が出たりしていました。
パッと見、何の変哲もないメットインスクーターなのですが
よく見るとライト、ハンドル周りが「カブ」と同じなんですよ。
なのにボディは普通のスクーター。
どことなくイタリアの名車「ベスパ」の風情に似てませんか?

ならベスパを買えばいいじゃん!というのはまたちょっと違うんです。
なんと言ってもベスパはファンが多い。
クルマで言う「ローバー ミニ」のようなイメージですかね。
んん~、、、微妙にはずしたい!
こういうところでアマノジャク魂が炸裂してしまうわけでして。。
そんなこんなのこのジョルノ。
まずはカスタムペイントなんぞから始めてみてはいかがでしょうか!?

投稿者 staff001 : 22:35 | コメント (0) | トラックバック

2007年11月23日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 シンボル健在

001ですこんばんは。
23年前に卒業した小学校に15年ぶりくらいに行ってみました。
(たしか20歳くらいのときに選挙で一度行ってるんです)

銀杏.jpg

母校の校庭にはドデカい銀杏の木があるんですよ。
われわれが通ってた時からそれはもうドデカかったんです。
剪定の仕方なんでしょうが(してるのかどうかは不明ですが。。)
写真のように丸~いカタチになっているのが特徴です。
地元の人でしたらこの写真でどこの小学校かわかるでしょうね。

明治22年創立の学校ですが、校地を現在地にしたのは昭和3年とのこと。
でももっともっと前からこの場所で生きてきたんでしょうね。

サッカーするにも野球するにも、運動会するにも明らかにジャマなこの銀杏ですが
学校のシンボルですし、卒業生としても自慢の銀杏なんですよ。
この銀杏なくして母校なし!切り倒されたりしてなくて良かった!

投稿者 staff001 : 22:49 | コメント (0) | トラックバック

2007年11月21日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 ムラーノの新型は?

いつもお世話になります001です。
現在、アメリカのロサンゼルスで開催されている「LAオートショー」。
日産自動車はこのショーに新型「ムラーノ」を出展しています。
ムラーノ01.jpg

新型ムラーノの最大の特長は、やはりアート感覚のエクステリアのようですね。
現行モデルもそうですがフロントグリルの形状はなかなか複雑で変わっています。
メカニズムは、新世代3500cc V6エンジン(最高出力265馬力)とCVT(無段変速機)を搭載、
さらにアダプティブシフトコントロール(ASC)の採用で
スポーティかつスムーズな走りを実現しているそうです。
ムラーノ02.jpg

新型「ムラーノ」の米国での発売は2008年1月上旬の予定です。


個人的には現行モデルの顔の方が好きですね(コレ↓)。
murano_01.jpg

非常に特徴的で、最初はアクの強いデザインだと思いましたが
見ているうちにだんだんカッコよく見えてきました。
同じ風情は同じく日産のミニバン、プレサージュにもありますね(コレ↓です)。
プレサージュ111.jpg

なかなかカッコイイ!
こうしてみると新型の顔はアーティスティックなところを追求しすぎて
かなり難しい方向に行ってしまったんじゃないか、、、
と思ってしまうのは私だけでしょうか。。。

アメリカでは来年初めに発売予定だそうですが
日本ではいつ頃導入されるんでしょうね。
新型が出た後、旧型(今でいう現行型)の中古車がたくさん出てきて
狙いやすい価格になってくれるといいですけどね。

投稿者 staff001 : 23:00 | コメント (0) | トラックバック

2007年11月20日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 デミオ セダン?!

001です。おつかれさまです。
先日、NPOの日本自動車研究者・ジャーナリスト会議(RJC)による
「2008年次RJCカーオブザイヤー」の最終選考があり、
マツダの「デミオ」が「RJCカーオブザイヤー(国産車)」を受賞しましたね。
demio_01.jpg
デミオは個性的なスタイリングや扱いやすさ、優れた経済性、
そして走る楽しさを併せ持つコンパクトカー。
新モデルは前モデルよりも約100kgの軽量化を達成し、
今回の受賞では燃費性能(「13C-V」で10・15モード燃費23.0km/L)と
優れた動力性能が高く評価されました。


そんなデミオの海外名は『Mazda2』。
そのMazda2ですが、今日から始まった2007年広州国際モーターショーで
新型 『Mazda2 セダン』が公開されました。
mazda2_01.jpg
一般公開に先駆けて報道陣に公開した新型Mazda2 セダンは
高い成長を続ける中国での新たな顧客の開拓を目指すとのこと。
このモデルは、長安フォードマツダ汽車南京工場で生産し、
長安マツダ汽車販売の販売網を通じて2008年前半の発売を予定しているそうです。
mazda2_02.jpg


デミオセダン、コレなかなかいいんじゃないですか!
デミオくらいのサイズでセダンボディ、
しかもスタイリッシュなクルマってありそうでなかなかないですよ。
スズキのSX4セダンあたりでしょうかね。
でもMazda2セダンの方がもう少しコンパクトな感じがします。
日本で発売してみても結構いけるんじゃないかと思いますよ!

投稿者 staff001 : 22:10 | コメント (0) | トラックバック

2007年11月19日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 大阪モーターショー開催迫る

001ですこんばんは。
2年に一度、奇数年に開催されている大阪モーターショー
第5回となる今回は、来週2007年11月30日(金)~12月3日(月)の4日間、
大阪市のインテックス大阪で開催されます。
pressphoto01.jpg

本展には、国内自動車・二輪車メーカー、輸入車インポーターまでが一堂に集い、
前回は30万人を超えるモーターファンが集まりました。
今回は「人、地球 ここからはじまる未来がある」をテーマに
各メーカーからコンセプトカーをはじめ新型車や部品・用品などが多数出展されるとともに
関西ならではのテイストを打ち出すイベントなどを実施する予定です。
pressphoto03.jpg

名 称/ 第5回 大阪モーターショー(THE 5th OSAKA MOTOR SHOW)
テーマ/ 人、地球 ここからはじまる未来がある
会 期/ 2007年11月30日(金)~12月3日(月)
      午前9時30分~午後6時(最終日は午後5時まで)
会 場/ インテックス大阪(大阪市住之江区南港北1-5-102)
主 催/ 大阪モーターショー実行委員会
      構成:(社)大阪国際見本市委員会
      (社)日本自動車販売協会連合会大阪府支部
      日本自動車輸入組合
      読売新聞大阪本社
      日刊自動車新聞社
      テレビ大阪(順不同)

投稿者 staff001 : 23:00 | コメント (0) | トラックバック

2007年11月15日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 炸裂

おつかれさまです001です。
以前にもウチのヨメのヘンテコな言動をご紹介したことがありましたが
今日も炸裂していました。

ウチのヒメがやや鼻声だったため
ワタシが「なんか鼻声だよね、鼻つまってんのかな?」
ヨメの返答は・・・


「大丈夫よ、昼も鼻閉じてゴハン食べてたから!」


( ;゜Д゜)!? どんな状態!?


どうやら
「昼も口閉じて寝てたから!」 と言いたかったらしい。。


そんなヨメ、私がヒメと遊んでいたら遠くで鼻歌が聞こえてきました。
何歌ってんのかな?と思って耳をすましてみたら・・・


『SHOW ME』 / 森川由加里 (1987年)

♪ SHOW ME SHOW ME 胸の奥の~♪


( ゜з゜) イマドキ~ィ!?

投稿者 staff001 : 22:28 | コメント (0) | トラックバック

2007年11月14日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード005 鬼太郎神社…

鬼太郎神社_はんぺん.jpg

友人の少女漫画家夫婦が実家に帰省した際に、

おみやげに送ってくれた鬼太郎と目玉のおやじのはんぺんです。

 
 
上の写真では読みづらいかもしれませんが、

真空パックされたはんぺんには、

学業成就祈願と交通安全祈願と書いてあるシールが貼られています。

鬼太郎神社とも書いてあります。

(鬼太郎めっちゃ笑顔だし)

すごくせつない恋愛物語を描く漫画家の

これをいきなり送ってくるセンスとこのシール。

とてもクリエイティブですね。

投稿者 staff005 : 17:36 | コメント (0) | トラックバック

2007年11月13日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 ブーム再び

よそ見をしているうちにウチのヒメ@まもなく9ヶ月が立ち上がっていて
カメラにおさめるどころか決定的瞬間を見逃してしまった001です。こんばんは。

さて、世界大会で日本の若手が活躍しているニュースを見て以来、
じつはブーム再来かっ?!と勝手に思っているコレ。
ルービックキューブ.jpg
そうです。ルービックキューブです!

ツクダオリジナル(現メガハウス)が国内での発売を開始したのが1980年。
私8歳でした。
我が家にもほどなくしてやってきました。
当時は「1面ができた!」「2面ができた!」といって喜んでいたわけですが
結局自力で6面を完成することはできず、
解説書にしたがって何とか完成させたのがたぶん10歳とか11歳とか。
解説書を解読するのがやっとの状態ですから
「なぜそうなのか」までは思考が及んでいませんでしたね。

そんなこんなでそれ以上のめり込むことはなく
存在すらも忘れた状態で20年以上経ったわけですが
日本人が世界大会で活躍しているニュースを見てしまったわけですよ。

『きっと小さい頃とは違った思考ができるはずだ!』

単細胞にもそんなことを思ってしまったわけで。
そこはもう「R35」世代ですから!<もう一度ルービックキューブにハマろう>
この前の日曜日にイトーヨーカドーで買ってしまいました。
それはもう買わずにはいられませんでした(実家の押入れの奥底を探る気にもならず・・)。
さっそくやってみたわけですが・・・

『小さい頃と何一つ変わらない!』

これが再び挑戦してみての印象です。。
翌日には解説サイトを使って6面を完成させていました!なははは。。。
でもですよ!
解説サイトの指示に従ってただクルクルさせていた頃とは違いました。
なぜそういう動きをするのかをじっくり考えながらできるんですよ、大人って!
やはりひとあじ違いますな、大人って。

というわけで、もう少し研究していって
解説サイトとは違った完成方法も探っていきたいですね(たくさんあるらしい!)。
1面が9個(3×3)からなるこのベーシックなタイプをマスターしたら
1面が16個(4×4)、25個(5×5)のものにも挑戦したいですな(むっちゃ難しいらしい!)。

投稿者 staff001 : 22:06 | コメント (0) | トラックバック

2007年11月12日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 東京モーターショー ③

001ですおつかれさまです。
この前の日曜日で終了した東京モーターショー。
延べの入場者数は前回2005年の開催よりも8万6300人減少したそうです。。
やはりもう少しショー自体を楽しめるような演出があれば・・・と思いますね。
次回に期待しましょう!
というわけでこのスペシャルも最終回、気になる国産車です。
これまでよりはちょっと多めの5車種!


まずはコレ。
大気.jpg

大気2.jpg
マツダの「大気(たいき)」です!
そうれはもうエイかマンタか、というような滑らかな曲線でできていますね。
個人的には後姿がかなりツライ・・・。
前半分はかなりカッコイイと思いますので
もう少し現実的な後姿を見てみたいですね。


続いてはコレです。
LF-A.jpg

LF-A2.jpg
レクサスの2シータースポーツ「LF-A」。
やはり全体的には「近未来版ソアラ」という感じがするんですが
空気の流れとか回り込みとか、空気の取り入れとか
とにかく徹底的に「空力」を考えました!というクルマですね。
取り込んだ空気や排気の出口の処理もなかなかカッコイイです。


そして大問題のコレ。
GT-R?.jpg
見えませんよね?見えないんですよ!これが!
といってもむしろ空いてる方。日産のGT-Rです(一応)。
見せ方、ブース内の誘導の仕方・・・もうお客さんに見てもらおうという気がないですね。
一方、銀座や各地の日産ギャラリーでは目の前で見られますし
触れますし、座れますし、色も揃ってます・・・て。。
市販車なのにこの暴挙!かなりガッカリです。
買う人を限定しているのかも知れませんがちょっと客をバカにしてますね。


最後、お口直しの意味を込めて・・・見たかったコレ!
MUD MASTER-C.jpg
ダイハツのMUD MASTER-C(マッドマスター・シー)。
先の見所情報でご紹介した通り、マウンテンバイクサポートモデルということで
荷室がこんな感じに開いています(閉じた状態も見たかった・・)。
メーカーが違いますが「ミニデリカ」という雰囲気で、走破性も高そう!
私の中ではまさに「近未来の軽1BOX」!
荷室の使い勝手にもよりますが、このままの風情で出れば買います!私!たぶん!


以上、まあまあ、マイナス面もありましたが、
各メーカーには子供たちに夢を与えるようなクルマ作りや
ショーそのものの楽しみ方の提案に期待しつつ、次回の開催を楽しみにしましょう!

投稿者 staff001 : 20:42 | コメント (0) | トラックバック

2007年11月10日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 東京モーターショー ②

001ですこんばんは。
先日に続いて東京モーターショーで気になった数少ないクルマをご紹介してきます。
今回は輸入車。やはり2台しかありません。。

まずはコレ。
BMW concept CS.jpg
BMW concept CS。
ワルそーっ!ホントに悪そう。
たぶんショーで一番の悪人面(悪車面)です。
全長5106mm、全幅1978mmのビッグサイズ!
でも車高は低かったですよ~。
Z4もそうですが、BMWのフロントグリルはこのクルマのような感じに
横に細長いグリルの方がカッコイイと私は思いますね。
このまま発売されるんでしょうかね。。
出て欲しいな~このまま。100%買えませんけどね!

そしてコレ。
ダッジ チャージャー SRT8.jpg
そうそうそう、このオネエさんがなかなか。

って違うわ!
ダッジ チャージャー SRT8です。
実は以前、ダッジブランドが国内に入ってきたときに
【ちょっと気になるこのクルマ】 ダッジ チャージャー」という記事でご紹介しました。
なんていうんですかね。
前もこのクルマの何に惹かれるのかをいろいろと書いてみたんですが
ようするに『圧力』みたいなことなんだと思います。
どのクルマよりも圧力を感じますね。
これで車体が黒で、メッキのデカイアルミホイールなんかつけていたら威圧されますよね。。
私の中では、現行モデルとしては今一番欲しいクルマです。

投稿者 staff001 : 22:06 | コメント (0) | トラックバック

2007年11月08日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 東京モーターショー ①

先日東京モーターショーに行ってきました001です。
やっぱりモーターショーには人が集まるんですね。
平日でも結構な人出でした。

しかしながら、モーターショーというのは
基本的にはただクルマを並べているだけなんですね。
市販車は地べたにおいて、コンセプトカーはステージに。
変な話、コンセプトカーがなかったらただのショールームですよ。
来場者へのサービスというか、楽しませようという試みというか
そういったものがまったく感じられないのはどうかと思います。
体験型のコーナーなどもあったりしますし、
ダンスやショーを見せろと言っているわけではありませんが
展示スペースにも何かもう一工夫あってもいいんじゃないかという気がします。

いやまあしかし、落ち着いてゆっくり見られるような状況じゃないんですよ。
今回も気になったクルマをバシバシ撮影しようと思っていましたが
なにしろ人が多いもんで、ホントに気になったものしか撮影しませんでした。。

というわけでまずは前座として二輪コーナーでご機嫌を伺いましょう。

バイクって面白いですよね。
部品丸出し、メカ丸出しのせいか造形が複雑で見ていて飽きません。
以前、プラモデルのバイクは造り応えがあると言いましたが
ショーにおいてもなかなか見ごたえがあります。
・・・といいつつも気になったのはこの2台だけなんですが。

00147.jpg
カッコイイ。。ヤマハのMT-0Sです。
ごくごく近い未来のストリートバイクという風情です。
前からの写真がありませんがヘッドライト部分は
宇宙戦艦ヤマトの波動砲のようになっています!
なんとも攻撃的で、排気管の取りまわしも複雑でカッコイイ!

00150.jpg
そしてコレ。スズキのバイプレーンです。
さらに先の未来にいそうですね。
アニメ「アキラ」のようなイメージです。
漫画家「鳥山明」氏の世界観に似たものも感じます。
実は部分的にノスタルジックな風情があったりしつつ、
バッファローにまたがっているようなイメージにも惹かれますね。

こういうのを見て子供たちはどんな風に感じるんでしょうか。
「ウワァーッ!」とかじりついて見たりするんでしょうか。
バイクも子供たちに夢を与えるようなものであってほしいですね。

投稿者 staff001 : 23:54 | コメント (0) | トラックバック

2007年11月07日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 SUPER GT 第9戦 富士スピードウェイ

おつかれさまですこんばんは001です。
11月4日、静岡県の富士スピードウェイでSUPER GT 第9戦(最終戦)
「FUJI GT 300km RACE」の決勝レースが行われました。
07r09ph001.jpg
記念すべきGT100戦目となった今年の最終戦 富士。
GT300ではドライバーズタイトルも確定する今回のレースを制したのは・・・

GT500は予選3位からホンダのEPSON NSX
(ロイック・デュバル/ファビオ・カルボーン組)が今季初勝利!
07r09ph004.jpg
                EPSON NSX

2位には 日産のカルソニック インパル Z、
3位には ホンダのREAL NSX が入りました。

一方、GT300は予選7位からユンケルパワータイサンポルシェ
(谷口信輝/ドミニク・ファーンバッハ組)が今季2勝目を挙げました!
07r09ph007.jpg
           ユンケルパワータイサンポルシェ

2位には TOY STORY Racing apr MR-S、
3位には プリヴェKENZOアセット・紫電 が入りました。


GT500は前回お知らせしたとおり、本最終戦を待たずして
ARTA NSXの伊藤大輔選手/ラルフ・ファーマン選手が
ドライバーズタイトルを獲得しました。

一方のGT300はランキング1位から3位までが10ポイント差の大混戦でしたが
今回の最終戦で2位に入ったTOY STORY Racing apr MR-S
大嶋和也選手/石浦宏明選手がドライバーズタイトルを獲得しました!!
07r09ph008.jpg

07r09ph013.jpg


いや~個人的には、絶版となってしまって
今となっては中古車でした手に入らないトヨタの「MR-S」で
ドライバーズタイトルを獲得したということがとてもウレシイですね。
エンジンがすぐ背中にあるミッドシップレイアウトを採用している
オープン2シーターという数少ない貴重なクルマ。
しかもさほど高くない!
mr-s.jpg
実は「さほど高くない」のは今だけかも知れませんよ。
これからプレミアがついて、AE86レビン/トレノのように
良い状態のクルマはムチャムチャ高い状況になったりして。。。

投稿者 staff001 : 23:07 | コメント (0) | トラックバック

2007年11月06日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード005 携帯復活!

ども、005Aです。

以前このBlogで、

携帯の裏ブタを無くしてしまいましたと書きましたが、

すぐに注文したものの、

取りに行くのがおっくうで、

約2ヶ月ずっとあの姿のまま使っていましたが、

auショップにフタを取りに行ってやっともとの姿に復活しました。

071107_0002~01.jpg

そういえば、このauのdesign projectシリーズから

またあのINFOBARが“INFOBAR 2”としてでるみたいですね。

原宿のKDDIビルはこんな具合↓になってました。

071106_1341~01.jpg

前のINFOBARに比べて角が取れて

イメージがやわらかくなった感がありますが、

以前のものと同じでボタンがめちゃくちゃ押しやすそうです。

みどり、いいなー。

投稿者 staff005 : 23:56 | コメント (0) | トラックバック

2007年11月05日|ジャナイトスタッフ日記

お知らせ 新連載 「田中むねよしの モーターペンシル」

001ですおつかれさまです!
今日からエンスー漫画家 田中むねよし氏による新コーナー

このコーナーは独特の作風で知られる超クルマ大好き漫画家 田中むねよし氏が
気になっているクルマについてやクルマに関連した話題、
ほかにもエンスーならでは視点でさまざまな情報を提供するコーナーです。

実は同氏には以前にも連載いただいたことがありました。
そのときは毎回1台のクルマをピックアップして
そのクルマについてアレやコレやと同氏の思い入れなどを語っていただきましたが
今回はクルマに限らず周辺の話題もたくさん紹介いただこうと思っています。

「そう言われてよくみるとこのクルマってカッコイイ!」とか
「そういうこだわりってのもあるんだ~」とか
きっとそんな話題もたくさん出てきますよ!
内容は毎週更新しますのでぜひご期待ください!

motorpencil.jpg

投稿者 staff001 : 21:35

2007年11月02日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 クルマの写真をカッコよく撮ろう

おつかれさまです001です。
今日は都内某所にて「おしえて!! マーくん」用の撮影をしました。
今回のテーマは「クルマの写真をイイ感じに撮る」。
普通のデジカメでもちょっとした気遣いや工夫で
まったく雰囲気の違ったカッコイイ写真を撮ることができます。

今回の「おしえて!! マーくん」は11月10日頃の掲載を予定しています。
どんな方法で、どんな写真が撮れるのか?! 乞うご期待!

200711021137.jpg
この写真は私が携帯で適当に撮ったものです。。
モデル車輌はウチのクルマです。。
本編ではもっとカッコイイ写真が撮れています。ダメな例もあります。 乞うご期待!


【とっておき情報】
 東京モーターショーにNISSAN GT-Rを見に行ったのに
 人の影からちょこっとしか見られなかった方、
 とにかくGT-Rだけを見に行きたい!という方、
 銀座の日産本社ギャラリーでは
 そんなGT-Rが6台全色そろって展示されている上に
 触り放題、座り放題、開け放題らしいですよ!
 しかもそんなに人もいないんだとか。

 他にも銀座ギャラリーに2台、札幌ギャラリーに3台、名古屋ギャラリーに2台、
 福岡ギャラリーに2台展示されています。
 展示は11月26日までのようですのでぜひチェックしてみましょう!
 日産ギャラリー WEBサイト

投稿者 staff001 : 22:41 | コメント (0) | トラックバック

2007年11月01日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 COMME CA ISM

自分の体重+ヒメの体重(10,000g)を支える筋力がなく、最近ヒザが痛い001です。
ヒザ筋を鍛えねば。。

そんなわたしですが先日、サイフとカバンを買い替えしました。
絶対このブランド!ってのもなく、基本めんどくさいので、たまたまそこにあった
COMME CA DU MODE(コムサデモード)で有名なファイブフォックス社が展開している
比較的安いファミリー向けブランドCOMME CA ISM(コムサイズム)で決めました。

サイフはじつに10年ぶりの買い替え!
カバンは3年使いましたが、じつはヨメのお古!(買ってから10年だそう)
慣れたせいもありますがやはり使い勝手が良かったんですね。
良さそうなものがあれば買い替えようと、他のものを何度も見ましたがやはり、
使っていたものを上回るような逸品には出会いませんでしたし。
といってもこれだけ永く使っていればボロボロになるわけで
泣く泣く買い替えに至ったというわけです。

基本めんどくさいと言っても
サイフのカタチには多少なりともコダワリがありまして
  【2つ折りであること】
  【札入れ・小銭入れが一体であること】
  【小銭入れが2部屋になっていること】
コレ絶対条件です。そして
  【そこそこカッコイイこと】
  【安価であること】
6,000円という高級品ではありますが、まあいいかなというものがありました。
サイフ.jpg

そしてカバン。コレはわりとどうでもいいんですね。
・・・と言いながらも選び出すとなかなか決まらないわけで。。
これまで使っていたものがなかなか特徴的な品で
たくさんのカバンの中にいても一目で自分のものとわかるようなものでした。
つまり買い替えに当たってもこんな要素がないとダメな自分に気づきました。
  【明らかに他と違うこと】
  【そこそこカッコイイこと】
  【安価であること】
9,800円というメンタマ飛び出そうな超高級品ではありますが
まあいいかなというものがありました。
カバン.jpg
どこが他と違うの?と言われればそうかも知れませんが
このカタチで皮(合皮ですけど!)ですし、チャックの風情とか位置とか、
個人的にはなかなか特徴的だと思っています。


みなさんはどれくらいの頻度でサイフやカバンを替えるんでしょう。
「良いものを永く使う」とか「安めのものをしょっちゅう買い換える」とか。
エンジンオイルは「安いものでもいいから頻繁に替えましょう」みたいなことを
昔は聞いたような気がします。
当然、サイフもオイルも高級なものを頻繁に替えられればいいんですけどね!!

投稿者 staff001 : 22:53 | コメント (0) | トラックバック

ジャナイトスタッフ日記TOPへ