ジャナイトスタッフ日記TOP > バックナンバー:2007年12月

« 2007年11月 | ジャナイトスタッフ日記TOP | 2008年01月 »

2007年12月28日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 整体なのに疲労する

おつかれさまです001です。
今日28日(金)が仕事納めという方も多いんじゃじゃないでしょうか?
われわれJU中販連 事務局も今日が仕事納めでした。
皆様に支えていただきながら何とか1年を過ごすことができました。

というわけで、3週間ほど前から続いていた
首~左肩~左ヒジの痛み&シビレがついに我慢の限界となったため
近所の小さな接骨院に行ってみることにしました。
首から背中、肩周辺を「コレはどう?コレはどう?」とさんざん聞かれ、
診断の結果は『神経根が伸びている』とのこと。
神経根は背骨(脊髄?)のあたりにあるようです。
それが伸びているらしい。。ヘルニアの逆なんですかね。。

ということで、低周波治療みたいなことから始まり
肩・背中・腰の徹底的な揉み、針治療、最後もう一度揉み
という一連の治療だったわけですが
この先生(きっと60代半ば、柔道整復師で鍼灸師で講道館六段・・・なんかすごい!)、
1時間弱の治療中、それはもう、しゃべるしゃべる!
中古車販売店でアルバイトをしている娘さんの話から始まって、
40肩・50肩とは何か、路上生活をしている人たちの更正方法について、
日中関係、交通事故における被害者・治療院・損保の関係などなど。。
まだまだあったような気がしますがもう覚えてません!

治療費600円で症状はやや軽くなりましたが
治療中のほとんどの時間、「ええ」「へぇ~」「なるほど~」「はいはい」「んん~」
とひたすら相槌を打ち続けてすっかりヘトヘトになってしまいました。。

投稿者 staff001 : 23:29 | コメント (0) | トラックバック

2007年12月27日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 年末といえば洗車

徳永英明が歌う、安室奈美恵の「CAN YOU CELEBRATE」を聴いて以来、
これまで口ずさんだこともなかった「CAN YOU CELEBRATE」を口ずさんでいる001です。
徳永英明が女性アーティストの曲をカバーしているアルバムシリーズの第3弾
“VOCALIST 3”も思わず買ってしまいました。
ドリカムの「やさしいキスをして」とか
Every Little Thing の「Time goes by」とかもものすごくイイですよ。
まさか自分がこれらを口ずさもうとは思いもしませんでした。


というわけで年の瀬ですね。
年の瀬といえば洗車ですね。
今週末の洗車場は混むんでしょうね。
天気はどうなんでしょうか。

ウチのクルマも外側はそこそこ洗ってるんですが
中まではいつも手が回らないんです。。
前に乗っていたクルマはたまにシートを外して、叩いて、干して、
床まで徹底的に掃除してましたが。。
純正のシートってこんなに重いのか~!と思ったもんです。

年末の徹底洗車時くらいはシートを外して
中までやってみるってのもいいですよ!

そんなときはぜひコチラもご参考にしてください

 おしえて!!マーくん 洗車編 vol.1
 おしえて!!マーくん 洗車編 vol.2
 おしえて!!マーくん 車内クリーニング編

投稿者 staff001 : 23:04 | コメント (0) | トラックバック

2007年12月26日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 春キャンペーン向け 松嶋初音さんの撮影をしました!

001です。おつかれさまです。こんばんは。

今日は、来年3~4月に開催を予定している
全国キャンペーンに向けたスタジオ撮影をしてきました。
登場するのはもちろん!JUイメージガール 松嶋初音さんです!

松嶋初音071226撮影.JPG

全国のJUショップで、オリコJUクレジットを利用してクルマを買うと
豪華賞品が当たる、恒例の春のキャンペーン。
フェア期間中は、松嶋初音さんと子グマのマーくんが
のぼりや店頭ポスター、雑誌広告などで大活躍します。
ぜひお楽しみに!

投稿者 staff001 : 21:48 | コメント (0) | トラックバック

2007年12月25日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 ホンダ 新型「インスパイア」 登場

家族が1人(第一子@10ヶ月)増えてはじめてのクリスマス。
そんなわが家のクリスマスディナーはチキンでもビーフでもなく、
「おでん」でした!001です。

さて、ホンダが上級セダンの「インスパイア」をフルモデルチェンジしました。
12月21日から販売を開始しています。
インスパイア35TL.jpg

今モデルで5代目となるインスパイアは
これまで受け継いできたスポーティな走りと上質さをいっそう高め、
「走る・曲がる・止まる」といったセダンのもつ基本性能を大幅に進化。
新開発のV6 3500cc i-VTECエンジンは、
走行状況にあわせて6気筒、4気筒、3気筒での燃焼に切り替える
進化型の「可変シリンダーシステム(VCM:Variable Cylinder Management)」を採用、
徹底的な吸排気効率や燃焼効率の向上により、
無鉛レギュラーガソリン仕様で280PSの出力を発生しています。

安全装備としては「運転席用&助手席用i-SRSエアバッグシステム」
「前席用i-サイドエアバッグシステム」「サイドカーテンエアバッグシステム」を
全タイプに標準装備し、衝突時に乗員を守る自己保護性能と
相手車両への攻撃性低減を図る独自の「コンパティビリティ対応ボディ」を採用しています。

上級セダンとしてのダイレクトな操作感としなやかな乗り心地を実現するため、
サスペンションを新開発、低重心化・低慣性化を実現した
軽量・高剛性ボディも採用しています。

価格は3,300,000~3,900,000円(消費税込み)となっています。


もともとはアコードからの派生モデルだったインスパイア。
「アコードインスパイア」というモデル名でしたね。
排気量は2000~2500ccくらいでしたが
今のモデルはもうそれこそレジェンドクラス!大きくなったもんです。

そんな過去モデルで個人的に好きなのがコレ。
インスパイア32V.jpg
1998年10月に登場したモデルで、セイバーという兄弟もいました。
このモデルは「ホンダR&Dアメリカズ」で開発され、
「ホンダ・オブ・アメリカ・マニュファクチャリング」が生産を担当、
アメリカでは「アキュラTL」として販売されていました。

そういわれれば・・・どこか国産にない、
何となくアメリカンな風情が漂っているじゃないですか!
ベッタリと車高を下げるだけで、「おっ?!」と振り返ってしまう(少なくとも私は)
小粋なクルマの出来上がりですよ!

投稿者 staff001 : 20:56 | コメント (0) | トラックバック

2007年12月21日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 マツダ オートサロン2008 出展情報

マツダは、2008年1月11日~13日の間、千葉県・幕張メッセで開催される
「TOKYO AUTOSALON 2008 with NAPAC」(東京オートサロン2008)に
来春国内市場に導入予定の新型マツダアテンザをベースにした
「マツダアテンザ マツダスピードコンセプト」他、
合計16台のドレスアップ・カスタマイズカーを出品します。

オートサロンとは・・・
自動車関連アフターパーツメーカーや自動車メーカー、チューナーが
最新の技術でチューニング、あるいはドレスアップしたクルマを展示するショーで
出展台数は約700台、来場者数は約25万人という展示会です。
東京で開催した後、福岡や札幌でも開催されます。

今回は同社の市販車種である「マツダアテンザ」、「マツダデミオ」、
「マツダロードスター」等をベースにした『マツダスピードコンセプト』車や
人気のアフターパーツブランドとのコラボレーションモデル等を出品。
さらに、好評のロータリーエンジン分解・組立デモンストレーションを実施する他、
著名ジャーナリストと新型アテンザ開発担当者によるトークショーを予定しています。


■マツダの「東京オートサロン2008」出品車両

アテンザ「マツダスピードコンセプト」.jpg
 マツダアテンザ マツダスピードコンセプト (参考出品車)

マツダスピードアクセラ「MSコンセプト」.jpg
 マツダスピードアクセラ MSコンセプト (参考出品車)

デミオ「マツダスピードコンセプト」.jpg
 マツダデミオ マツダスピードコンセプト (参考出品車)

CX-7“クールスタイル”コンセプト.jpg
  マツダCX-7 “クールスタイル”コンセプト (参考出品車)

 マツダロードスター マツダスピードコンセプト (参考出品車)
 マツダRX-8 マツダスピードコンセプト (参考出品車)
 マツダデミオ “ハルイロコレクション” (参考出品車)
 マツダベリーサ “キコナシスタイル” (参考出品車)
  マツダプレマシー “クールスタイル”コンセプト (参考出品車)
  マツダRX-8 TYPE RS (参考出品車)

アテンザDAMDコンセプト.jpg
  マツダアテンザ DAMDコンセプト (市販予定用品架装車)

  マツダMPV KENSTYLEコンセプト (市販予定用品架装車)
  マツダMPV 用品装着車 (市販予定用品架装車)
  マツダロードスター NR-A (用品架装車)


気になる(個人的に)「RX-8 TYPE RS (参考出品車)」ってなんだ?!
────────────────────────────────
19インチ鍛造アルミホイール、ビルシュタイン社製ダンパー、
発泡ウレタン充填フロントサスクロスメンバー、
専用RECARO社製バケットシートなどを装備した『RX-8』のハイエンドモデル。
走る楽しさ・気持ちよさの究極の姿を追求。
RX-8の特長を、さらに強化することによりスポーツカーとしての進化を図った。
────────────────────────────────
そうですよどうも。
「RS」を名乗る“ハイエンドモデル”ですからね~。
見てみたいですね~。
まあ、タイプSでもタイプEでもなく、
“ベースモデル”をコツコツと、オリジナリティあふれる1台にするべく
頑張っているものとしては何でもいいんですけどね!!

投稿者 staff001 : 22:28 | コメント (0) | トラックバック

2007年12月20日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 ダイハツ 新型タント 登場

001です。
ダイハツ工業は、軽乗用車「タント」をフルモデルチェンジして
12月17日から全国一斉に販売を開始しました。

新型タント.jpg
           タント X Limited スペシャル 2WD

初代タントは2003年11月にデビュー。
広々空間で、家族みんなの楽しさを追求したクルマとして誕生しました。
その広さと使いやすさが子育てユーザーの支持を集めて人気を博したモデルです。
今回のフルモデルチェンジでは「“驚きの広さ”を超えた“感動の空間”」を目指し、
高い安全性や燃費性能などの基本性能の進化はもちろん、
3つの“ミラクル”でタントのDNAである「広さ」と「使いやすさ」を徹底追求。
家族時間を子供と一緒に楽しみたい子育てファミリーに嬉しい機能価値を極めた「タント」と
こだわりを重視する男女を魅了する感性価値を追求した「タントカスタム」の
異なる個性の2タイプを設定しています。

新型タントカスタム.jpg
             タント カスタムRS 2WD

主な特長は
●驚きの広さが更に進化した室内空間“ミラクルスペース”
●センターピラーレス&スライドドアの“ミラクルオープンドア”
  圧倒的な開放感と抜群の乗降性を実現
●多様なシーンで抜群の利便性を実現した“ミラクルユーティリティ”
●プラットフォームからエンジンまで全身一新し、さらに進化した安全・走行・環境性能

新型タント 内装.jpg

タントの価格は1,081,500~1,407,000円(消費税込み)、
タントカスタムの価格は1,260,000~1,737,750円(消費税込み)となっています。


初代タントはこんな感じでした。
初代タント.jpg
今回のモデルチェンジでは、外装はそんなに変わってないんですね。。
リアのドアがスライドドアになったことは結構大きな変化かも知れません。
一度乗ってみたことがありますが、本当に室内広々なんですよ!
結構ビックリします。
シンプル・スッキリなスタイルもなかなかイイです。
ボディカラーも豊富ですし、さまざまな特別仕様車も発売されていました。
中古車の台数も結構ありますので軽1BOXをお探しの方は
新型が出たこの機会にチェックしてみてはいかがでしょうか!

投稿者 staff001 : 12:29 | コメント (0) | トラックバック

2007年12月18日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード005 でかっ!

2007年一発目のこのBlogで

欲しいモノをつらつらと書きましたが、

もうすぐ今年も終わるというこの時期に

結局何一つ手に入れられていないことが分かって、

愕然としました。。

ども、ワーキングプアー005Aです。

 
 


昨日の夜中、急に甘いモノが食べたくなったので、

プッチンプリンを買って帰りました。

おそらく5年ぶりぐらいな感じでしたので、

サイズも大きめのビッグプッチンプリンにしました。

プッチンプリンのくせに

皿の上で逆さにしたらプチッとつまみを折る前に

自らの重さで普通に落ちてきました。

(ていうか、そこが一番重要だろって感じですが・・・)

プッチンプリン_01.jpgプッチンプリン_02.jpg

写真はタバコと比較したビッグプッチンプリンと

両端から食べ進めていったら重さに耐えられなくなったビッグプッチンプリンです。

まぁ、当然食べ切れませんでした。

投稿者 staff005 : 16:01 | コメント (1) | トラックバック

2007年12月15日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 【Project 8】 リアスポイラー取り付け

001ですこんばんは。
いよいよ先日購入したRE雨宮製 RX-8用トランクスポイラーを取り付けます!

まずは貼り付け面を脱脂します。
そもそもこのスポイラーはトランクに穴をあけるタイプではなく
両面テープと専用のストッパーで固定するタイプです。
トランクに接する面は両面テープで固定しますので
トランク面をキチンと脱脂しておかないとガッチリ貼り着け付けることができません。
本当はシリコンオフ(拭くだけで油脂を除去できる専用剤)等を使うべきなんですが
・・・こういう性分なもので・・・・・中性洗剤でしっかり洗い、よく乾かしてやりました!

そして位置合わせ。
幸いこのスポイラーには
トランクについているハイマウントストップランプに合わせて穴が開いているので、
そこを中心に位置を決めてやります。
トランクスポイラー位置合わせ.JPG

位置が決まったら、裏の両面テープを剥がして固定します。
トランクスポイラー裏.JPG
この時、決めた位置とずれないように貼り付けるために
テープの端っこをちょっとだけめくって引っ張れるようにしておきます。
トランクスポイラーテープ.JPG
この状態でしっかり固定して
めくっておいたテープをゆっくり引っ張って剥がし、貼り付けていきます。

そしてスポイラーの両サイドを固定します。
トランクの端部分を、スポイラーと専用のカーボンストッパーで挟むように
固定する仕組みになっています。
トランクスポイラー横裏.JPG

完成!
装着前↓
トランクスポイラー使用前.JPG
装着後↓
トランクスポイラー使用後.JPG

真横から見るとこんな感じです。
結構跳ね上がってます!
トランクスポイラー横.JPG

全体はこんな感じになりました。
前から見てもちょっと分かりづらいですね。。
トランクスポイラー前.JPG
いやあ、なかなかいいですよ!
それなりに主張しつつもさり気なし。
トランクスポイラー後.JPG

投稿者 staff001 : 23:05 | コメント (0) | トラックバック

2007年12月13日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 秘技

年末ジャンボ宝くじを当てて
愛車にオイルクーラーを増設したい001です。こんばんは。

年末ジャンボ宝くじ、みなさんは買いましたか?
当然私も買いました!発売日に!そこらの空いてる売り場で!
さてそんな宝くじ、連番とかバラとか、みなさんはどんな買い方をしますか?

独身のころは一発勝負人生でしたので
ジャンボ系の宝くじは30枚 9000円という超大金をつぎ込んでいました。
そんなときは10枚を連番で、20枚をバラで、などにしていましたが
ある時、どう買おうか迷っていたら、売り場のおばちゃんが教えてくれたんですよ。

「3枚ずつの連番を10セット買う」

という方法を。
例えば・・・

   50組 12345 、 12組 19876 、 25組 14567 ・・・・ バラ10枚
   50組 12346 、 12組 19877 、 25組 14568 ・・・・ バラ10枚
   50組 12347 、 12組 19878 、 25組 14569 ・・・・ バラ10枚

こういうことですね。
10枚ごとはバラなんですが
3セットはそれぞれ連番になっているんですよ。

連番だと当選番号を見た瞬間にアタリハズレが分かってしまう。。
バラだと1枚ずつドキドキワクワクだけど前後賞がない。。
でも上記の買い方だと連番とバラのイイトコドリなんですよ!
なんかすごく得した気がしません?
たしか『タテバラ』って呼んでたような記憶があります。


そんな私にも家庭ができたわけで
30枚 9000円などという大金は出しにくくなりました。。
そこで20枚分の6000円を何とかひねり出し、
今回私が買ったのが『タテニ』(勝手に命名)です。

「2枚ずつの連番を10セット買う」

コレですよ。ちゃんと売ってくれましたよ。
「1等&前後賞」は無理ですが、「1等&前賞」または「1等&後賞」は狙えます。
つまり2億5000万円ですね!

山ほど買える方にとってはどうでもよいことかも知れませんが
少ない枚数で楽しみたい方は、ぜひこの買い方をお試しください。

 ※誰でも知ってるメジャーな買い方だったらスミマセン・・・

投稿者 staff001 : 22:14 | コメント (0) | トラックバック

2007年12月12日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 【ちょっと気になるこのクルマ】 CR-V

どうもこんばんは。
SUVやミニバンが気になってしょうがいないRX-8乗りの001@一児の父です。
近所でみかけて一目惚れしてしまったこのクルマ。

CR-V ZXi.jpg
ホンダのCR-V。現行型となる3代目です。


初代は初のホンダオリジナルSUVでした。
初代 CR-V.jpg
初代のデビューは1995年10月です。もう12年も前になるんですな。。
RAV4やエスクードと同じようなところを狙った
コンパクトでライトウェイトの4WDというイメージだったような気がします。
当時はなかなかインパクトありましたよね。
しかもコラムシフトなんですよ!
コラムシフトって、裏拳でガコガコとシフトチェンジするじゃないですか。
なんとも言えずカッコイイんですよ!ソレが!
個人的には、背面タイヤがないタイプが欲しかった時期がありました。

そして初代と同じく2000cc ながら一回り大きくなったのが2代目です。
2代目 CR-V.jpg
2001年9月にデビューしました。
このモデルから、今となってはすっかり定着してしまったインパネシフトになっています。
個人的には断然コラムシフトの方がよかったんですがね。。
初代からの正しい進化形という感じで
デザイン的にはさほど大きく変わっていないように思われます。


そして例の3代目。
デビューは2006年10月です。
デザインが一新されて
同じ名前ですがぜんぜん違う風情のクルマになりましたね。
そういうチェンジの仕方ってアタリハズレがあると思いますが
CR-Vは完全にアタリですね(私の中では!)。
これまで以上にアメリカンな風情が漂ってますし、
高級感もアップしていて威圧感もある!
なかなかカッコイイじゃないですか!
しかもトヨタのハリアーや日産のムラーノほど
メジャー感がないところがまたステキ (登場して1年ちょっとだからですかね・・)。

これから中古車市場に台数が増えてきて
値段がこなれてきた頃が狙い目じゃないですかね~。

投稿者 staff001 : 22:17 | コメント (0) | トラックバック

2007年12月10日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 【Project 8】 リアスポイラー

001です。
大変ご無沙汰しておりました、RX-8のモデファイをご紹介するこのコーナー。
前回フロントハーフスポイラーを装着して以来です。
「次回はフロントグリルの風通しをよくしよう!」と前回の終わりに意気込んでいましたが
結局何もせずにここまできてしまいました。。

参考記事
  【Project 8】 フロントハーフスポイラー
  【Project 8】 フロントハーフスポイラー フィッティング
  【Project 8】 フロントハーフスポイラー 装着

唐突ですが今回はこんなアイテムです!

リアスポイラー.jpg

リアスポイラー、略してリアスポ、もっと言うと「トランクスポイラー」です。
いわゆるウイングタイプ(リアウイング)ではなく
トランクの後部(角)にベタ付けするタイプですね。
そしてまたしてもRE雨宮製です(値段がモノをいいました!)。

以前、マフラーの購入時には、直接同社に赴いて発注・取付をしたこともありましたが
今回は、その筋では割と有名なパーツショップのネット通販を利用してみました。
前もって調べてみたところ、取り付けが自分でできそうでしたので
パーツだけネットで購入してみようというワケですね。安いんですよホント。

とは言っても、ほとんどのこうした社外エアロパーツは未塗装の状態で売られています。
ですのでどこかで塗装をしてもらう必要があります(前回のフロントスポイラーもそうでした)。
今回注文したショップでは「自社での塗装も可」ということでしたので
メーカー(雨宮)から取り寄せてもらって、そのショップで塗装をしてもらうことにしました。
通常、塗装の依頼はクルマのカラーナンバーを伝えるだけでできます。
うちのはサンライトシルバーメタリックという色で「22V」というナンバー。
このカラーナンバー、普通は車台番号の書いてあるプレートやドアの内側など
車体のどこかに記載してあります。

本来は、私のように塗装してもらったものを購入するのではなく、
自分のクルマをショップに持ち込んで、キッチリ色合わせをするべきだと思います。
色合わせをしても100%同じ色で塗装できるわけではありませんが
やはり合わせておくと極めて近い色に仕上がりますからね。
もう1つ、型合わせも重要です。
エアロパーツは通常、原型から型を起こして量産するものですから
クルマのカタチにピッタリ合うとは限りません(結構合いません)。
場合によっては削る・埋める等の加工が必要な場合もありますから。

がしかし!今回は
1.めんどくさい (家にいるだけでモノが届く)
2.早く欲しい (取り寄せ→型合わせ・色合わせ→塗装→納品では時間がかかる)
3.シルバーは色の差がさほど目立たない! (私の中では)
4.型については合わなかったときに考えよう (O型ですから)
という理由でどちらも行いませんでした。。
マネしないでください!


そんなわけで次回の 【Project 8】は、このリアスポイラーの取り付けです。

投稿者 staff001 : 23:30 | コメント (0) | トラックバック

2007年12月07日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 2008年ダカールラリーに挑戦するパジェロエボリューション

三菱自動車と同社のモータースポーツ統括会社MMSPは
30回目となる2008年ダカールラリーに「チーム・レプソル三菱ラリーアート」から
『パジェロエボリューション』(スーパープロダクション仕様)4台で参戦します。

2008チーム・レプソル三菱ラリーアート.jpg
大会の正式名称は
「ユーロミルホー・リスボン~ダカール2008」(Euromilhoes Lisbon - Dakar 2008)
冠企業のユーロミルホーはポルトガルのロトくじ運営組織だそうです

2008年大会は
1月5日(土)にポルトガルの首都リスボンをスタートし、
スペイン、モロッコ、モーリタニアを経由して
20日(日)にセネガルの首都ダカールにゴールします。
総走行距離9,273kmのうち、競技区間となるのは5,736km。
砂漠の国 モーリタニアの競技区間が増加されるなど
過酷なコース設定で競われることになっています。

ドライバーは
2002年大会と2003年大会で2連覇を達成している増岡浩を筆頭に、
二輪/四輪両部門合計で通算9勝を挙げている
2007年大会の覇者ステファン・ペテランセル(フランス)、
2006年大会で初優勝を飾るなど
3大会連続で上位入賞を果たしているリュック・アルファン(フランス)、
そして2004年大会の二輪部門を制した後に四輪部門に転向して
上位入賞の実力を備えたホアン・ナニ・ロマ(スペイン)という4名体制。

車両規則の変更に対応するとともに
いっそうの熟成が図られた『パジェロエボリューション』で
8年連続となる通算13回目の総合優勝を目指します。


その『パジェロエボリューション』は、2002年大会から導入された
FIAグループT1(改造クロスカントリーラリー車両)規定に則って製作された
スーパープロダクション仕様のラリーカーで、
2003年大会でデビューした開発コード「MPR10」から年々バージョンアップされて
現モデルは「MPR13」と呼ばれています。

MPR13は、軽量かつ高剛性の一体構造マルチチューブラーフレームを採用、
燃料タンクやスペアタイヤなどの重量物の搭載位置をより低く、
より中央に配置することで重量バランスの向上も図られています。
さらに、高速安定性と操縦安定性も向上させて、ゆとりある室内空間とともに
ドライバーに過酷なラリーを戦う上での快適性も兼ね備えているそうですよ!

パジェロエボリューションMPR13.jpg

投稿者 staff001 : 21:33 | コメント (0) | トラックバック

2007年12月06日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 今年の“サザンクロス”

001です。
去年もご紹介した新宿南口にある「サザンテラス」のイルミネーション。
ふと気が付けば今年も始まっていました。

そばにいた男性がお連れの女性に説明してましたよ。
「ほらここがイルミネーションで有名な新宿南口 “サザンクロス”!」

うぉぉ~ 惜しい~っ!! 6つのうち4つまで合ってるのに! ( ´Д`)
(そういう問題じゃない?)

そんな彼らがその後どんな会話を交わしたのかまでは追えませんでしたが
今年のイルミネーションもなかなかスゴイことになっていますよ。

サザンテラス01.JPG

サザンテラス02.JPG

サザンテラス03.JPG

いやあ・・・我ながらキレイさ、スゴさが伝わらない写真でスミマセン。。。

このイルミネーションの点灯2007年11月9日~2008年2月14日までとなっているようです。
皆さんはうまくキレイに撮影してください。

そして線路を挟んだ反対側、高島屋の方もなかなかどうして。

サザンテラス04.JPG

子グマのミーちゃんが新しいカメラを購入されたようですので
ぜひこうしたイルミネーションをキレイに撮影してもらいたいですね!

投稿者 staff001 : 22:40 | コメント (0) | トラックバック

2007年12月05日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 オマケ

おつかれさまでした001です。
まずはこちらをご覧下さい。

西武警察オリジナルマシンコレクション.jpg

缶コーヒーについていたオマケで
“西武警察 オリジナルマシンコレクション”6台のうちの2台です。
手前は団長(渡哲也)のクルマ「マシンX」。
日産 スカイライン(ジャパン)ですね。
奥は小暮課長(石原裕次郎)のクルマ「GAZELLE」。
同じく日産のガゼールがベースです。

スケールとしては1/100くらいだと思います。
まあしかしよくできてますよね~。感心します。

しかしクルマ(ミニカー)のオマケってホント多いですよね。
しかも缶コーヒーのオマケといえばほぼクルマ。
いろいろな切り口で見事にシリーズ化されてます。
飛行機でも電車でもなくクルマばかり。

なぜか?

やっぱりクルマって、造形的に面白いんだと思うんですよ。
バイクのように「メカ剥き出し」の面白さはないかもしれませんが
ボディラインの美しさや独創性に魅かれるんですよ。
だからこんなにオマケとして成立するんだと思うんですね。

道具として使い勝手ばかりを追うのではなく
そうした観点からクルマを見てみるのも楽しいですし、
それはきっと憧れにもつながるんだと思いますし、
所有する悦びみたいなものを感じることができるんだと思います。

投稿者 staff001 : 22:32 | コメント (0) | トラックバック

2007年12月03日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 CRAFT PUNCH

001ですこんばんは。
うちの奥さんがもらったらしいこんなシロモノ。

craft punch.jpg

ようは穴あけパンチなんですが、いろいろな形に抜けるというもの。
「クラフトパンチ」と呼ばれているようです。
ちなみにこの写真は天使型ですね。

しょうもなぁ~ と思っていたのですが
実際紙を噛ませて白い丸部分をバチンと押してみると・・・
意外にちゃんとしてる!
しかもガラがわりと細かい!
よくできてる!
思わず連打しちゃう!

この写真のパンチは、白い丸ボタン部分が約19mm、ガラが約15mm。
このサイズのものでガラが30種類以上あるようですよ。

ホームページを見ていたら、海苔をパンチして抜けたものをオニギリに貼る
なんていうアイデアも紹介されてました。
そらあ子供も喜びますわな。

他に何ができるのか・・・あんまり浮かんできませんし、
だからどうしたっちゃあ、だからどうした的なネタなんですが
久しぶりにみた『使い道ないけど何となく良さ気なもの』でした。

投稿者 staff001 : 23:35 | コメント (0) | トラックバック

2007年12月02日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 【ちょっと気になるこのクルマ】 マツダ MPV

001ですこんばんは。
家族が増えてご多分に漏れず「広いクルマっていいよなぁ」と思っている
今日この頃@RX-8乗りです。

どうせならデカいミニバンに乗りたいよなぁというわけで
(デカくてもミニバンなんでしょうか・・・ビッグミニバン?ビッグバン??)
ちょこっとマツダ MPVに乗ってみました。

mpv.jpg
やっぱいいですね!
なんと言ってもアイポイントが高くて、運転に余裕が出ます。

乗ってみたのは2300cc ターボ搭載の23Tというグレード。
6速ATのFF車です。
なんと245馬力!・・といっても重量があるし、鈍足かな・・・と思いきや!
実用域のトルクがモリモリで
2500回転くらいからグォァァ~ッと力強く加速していきます。
ムチャムチャ乗りやすい!
高回転域でのガツンッ!というターボではなく
中低速から徐々に効いてくるようなターボらしいです。
それにATが6速ということもあり、うちのクルマより軽い感じ。。。

そして室内空間も余裕たっぷりです。
座高の高い私でも頭上高たっぷり、足元ゆったり。
しかも2列目のシートがキャプテンシート(1つずつ独立)になったり
ベンチシート(3人まとめて座れる)になったりと
前後はもちろん、左右にも動くのはすごく便利です。
チャイルドシートが付いていてもシートアレンジがラクラクなんでしょうね。きっと。

クルマの長さや幅など大きさはクラウンくらいのようですね。
パッと見は「デカッ!」と思いますが、乗ってみるとさほど大きさは感じません。
ま、クルマの大きさなんて慣れなんですけどね。


ひとしきり堪能して自分のクルマに戻ってみたら
「狭っ!そして重っ!」(4速ですし・・)。

いやいや、このタイトな感じがいいんじゃないですか!
子供が小さいうちはスポーティなクルマでも、クーペボディでも
まだまだぜんぜん、余裕タップリですわ。

投稿者 staff001 : 21:34 | コメント (0) | トラックバック

ジャナイトスタッフ日記TOPへ