ジャナイトスタッフ日記TOP > バックナンバー:2008年01月

« 2007年12月 | ジャナイトスタッフ日記TOP | 2008年02月 »

2008年01月30日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 マツダ 新型「アテンザ」 登場

001ですこんにちは。
マツダの「アテンザ」がフルモデルチェンジされましたね。

新型アテンザ Sedan 「25EX」.jpg
               Sedan 「25EX」

ボディタイプは「Sedan(セダン)」、「Sport(スポーツ:5ドアハッチバック)」、
「Sport Wagon(スポーツワゴン)」の3ボディタイプとなっています。

新型アテンザ Sport 「25Z」1.jpg

新型アテンザ Sport 「25Z」2.jpg
                Sport 「25Z」

初代モデルは2002年5月に発売されました。
約5年半発売されていたことになります。
デザインテーマは「Bold & Exquisite(大胆かつ精妙な佇まい)」ということですが
全体的には大きなイメージチェンジではなく
ビッグマイナーチェンジのような印象で、
スッキリとしたデザインになった気がします。

新型アテンザ Sport Wagon 「25Z」1.jpg

新型アテンザ Sport Wagon 「25EX」2.jpg
              Sport Wagon 「25EX」

価格は「Sedan」が2,070,000~2,500,000円(消費税込み)、
「Sport」が2,280,000~2,670,000円(消費税込み)、
「Sport Wagon」が2,200,000円~2,670,000円(消費税込み)となっています。


ほんとスッキリしていて嫌いではないですね~。
特に5ドアモデル(Sport)なんてイイ感じにまとまっていると思います。
「5ドアクーペ」という感じなんでしょうか。

同じマツダで昔、ランティスというクルマがありました。
このクルマの5ドアクーペモデルがかなり個性的でカッコ良かったんですよ。
昔ってモデル1つ1つの個性が今よりも強かった気がしますね。
好き嫌いが別れてしまうので難しいところですが、
そういうアクの強さみたいなところが
所有欲を駆り立てるんだと思うんですけどね。

投稿者 staff001 : 23:52 | コメント (0) | トラックバック

2008年01月28日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 【Project 8】 ライト交換

001ですこんばんは。
先日の記事でご紹介した水滴が溜まってしまうライトのお話。

RX-8 フロントライト 水滴.jpg

助手席側ヘッドライトと運転席側テールランプ。
やはりRX-8の運転席側テールランプは
この症状になる個体が多いようですが
ヘッドライトはどうも稀なケースみたいですね。

そんなわけで週末にマツダで交換してもらいました。

ヘッドライトユニットの交換作業では
きっとフロントバンパーを外すだろうと思っていたので
『正しいバンパーの外し方を教えてもらおう!』
というわけで、作業を見学させてもらいました。

バンパーはずし.jpg


??
なんでバンパーの外し方を知る必要があるの?!

と思ったそこのアナタ、


正解です!!


でもですよ、
必要あるとか無いとかはどうでもいいのです。

「何となく」ですから!

投稿者 staff001 : 22:09 | コメント (0) | トラックバック

2008年01月27日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 ガンバレ受験生

001です。
「きっと勝つ」ということで
キットカットが受験生に売れているらしい昨今。
その昔はタバコを「ハイライト」にするというのもあったとか。
(hi-liteを「入りて~」と読んで・・・願望なんですけどね。。)
私はその狭間の世代らしく、特にそういうのはなかったですね。

そんな中、今日見つけたのがコレ。

ウカール.jpg
「ウカール」!

わざわざ「試験に受か~る」とか
説明しているところがまたオツです。

投稿者 staff001 : 21:55 | コメント (0) | トラックバック

2008年01月24日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 スズキ 新型「パレット」 登場

こんばんは001です。
スズキは、1月30日より販売を開始するワゴンタイプの軽自動車
「パレット」を今日発表しました。
パレットはこれまでの同社のモデル以上にゆとりのある空間、
さらには乗降性・積載性を備えているとのこと。
スズキ パレット.jpg
スズキでは軽ワゴンタイプという新しいジャンルを切り拓いた「ワゴンR」、
ユーザーの求める機能と装備を充実させた「MRワゴン」に続き、
幅広いユーザーのライフスタイルに対応し新しい価値観を生み出す
スズキ軽ワゴンタイプの第3の柱と位置づけているようです。

特長は、左右どちらからでも乗り降りできる後席両側スライドドアと
低いステップによる乗降性と良さ。
そして、新開発の低床プラットフォームと後席ダイブダウンシートの採用により、
大開口&大容量の荷物スペースという
日常での使い勝手を追求した1台となっています。

価格は1,113,000~1,693,650円(消費税込み)となっています。


発表会に行った人に聞いてみると
とにかく後部座席が広い!!とのことでした。
後部座席で脚を組んでもスペースに余裕があるそうですよ。
いいですね~。
ウチのクルマはむちゃむちゃ狭いですからね。。
きっとこれ1台あれば日常生活は十分ですよね。。
まあ、私にとってクルマは日常生活の単なる道具ではないから
ああいうクルマに乗ってるわけですけどね!

というわけで
少し前にご紹介したダイハツのタントに似た風情のクルマですね。
新しいタントも後席がスライドドアですし。
タントの場合は前のドアも一緒に開けると
センターピラー(屋根と床をつなぐ、ドアとドアの間の柱)がなく、
全開になるのが大きな特長でした(ミラクルオープンドアって言ってました)。

ちなみにウチのも“センターピラーレス観音扉”です。
一見すると剛性がなさそうに見えますが
当然そういうことも考えられているでしょうし、
安全面だってまったく問題ありません。
レーシングカーじゃないんですから気にすることもないと思いますが
微妙に好き嫌いの別れる部分かも知れませんね。
でもこれはこれで使い勝手いいんですよ。

とにかくこの2台は強力なライバルになるんでしょうね!

投稿者 staff001 : 22:11 | コメント (0) | トラックバック

2008年01月22日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 【Project 8】 ライト内に水滴。。。

はいどうも001です。
まずはこちらをご覧下さいませ。

RX-8 フロントライト 水滴.jpg
RX-8のヘッドライト部です。
助手席側です。
内側が水滴でビショビショです・・・。
何でこんなことになるんでしょうね。

昨日のボディカバーをする前に
ガッチリ洗車をしようと思っていたのですが
ここのところの寒さにくじけてしまい、
ガソリンスタンドの洗車機に突っ込んだところ
スタンドの兄さんに指摘されました。
実はこれが2回目で
先日自分で洗ったときにもこうなってたんですね。

しかもRX-8というクルマ、
テールランプがこういう症状になりやすいんです。
スタンドの兄さんも言ってました、リアの方が多いって。
実を言うとウチのクルマもたまになってるんですよコレが!
わりとすぐに解消されてましたし
めんどくさいので放ったらかしにしてました。

ネットで調べてみると同じ症状の人がたくさんいて
さらに調べてみるとこれは初期不良とのこと。
今はちゃんと対策品になっているそうです。

しかしフロントがこうなる人はあまりいないようですが・・・。

マツダに聞いてみました。
即答でした。
「フロントもリアも交換します」

この症状、放っておくとレンズが黄ばんだり切れたりするらしいので
めんどくさいからといって私のように見て見ぬふりをせず
症状が出ている人は早めに交換してもらったほうがいいですよ。


ちなみに
スカイライン(特にR32・R33型だった気がしますが)の丸いテールレンズも
水が溜まりやすかった気がします。
たまにテールレンズの中で水がチャプチャプしてるクルマもいますので
自分のクルマの状態は隅々までしっかりチェックしておきたいものですね。

投稿者 staff001 : 22:12 | コメント (0) | トラックバック

2008年01月21日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 【Project 8】 ボディカバー購入

やってまいりました001です。
ついに買ってしまいました。
前からずっと悩んでいたボディカバー。

私の周りでは賛否両論でした。
 賛:外装はもちろん、内装の「焼け」など劣化が防げるから使うべき
 否:屋内の無風の場所で使わないと必ずボディとカバーが擦れて傷になる

どっちも「まあ確かに・・・」という感じだったので
購入するには至っていなかったのですが
周辺環境が若干変化し、ある意味ではやむを得ず
カバーした方が良いと判断される状況になりました。

カバーの条件は
RX-8専用カバーであること、裏面が起毛になっていること。
やはり裏が起毛になっている方が傷がつきにくい(とされている!)ですからね。

選択したのは仲林工業という会社のものです。
RX-8専用設計があるのはもちろん、
フロント・リア・サイドのスポイラーの有無や膨らみ防止の通気筒の有無など
条件を細かく選択できて、それに沿って裁断してくれるという
非常にユーザー思いの製品だったからです。


早速使ってみました。(ひどい写真でスミマセン)
RX-8用ボディカバー.jpg

さすがにミラクルフィットですね。
フロント側からかけてやるだけで装着も思ったよりラクでした。
(多少右に行ったり左に行ったりしますが・・・)
とりあえず天気の良い日に1回かけてみただけですが
まあまあなかなかいいんじゃないでしょうか!

ですが・・・
やっぱりボディカバーって、屋根のある駐車場じゃないとキツイですよね。
雨の日とかってどうするんでしょう。
まあ、毎日100%カバーをするっていうのは無理なんでしょうが
気が向いたときにしか使わないのかなぁ~と思ったりして。。
まだ1回したかけてないのに、すでにヘコタレそうですよ。。

これから雨の日も、雪の日も、風の日も使ってみて、
あらためてレポートしたいと思います。

投稿者 staff001 : 21:25 | コメント (0) | トラックバック

2008年01月19日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 自然治癒に期待する

こんばんは001です。
昨年末、「首~左肩~左ヒジの痛み&シビレ」ということで
近所の小さな接骨院に行ったことを書きました。
痛みはやや和らいでいるものの、シビレが日に日に厳しくなってきて
上を向いたり首を回したりすると左肩から左手首までがジ────ンとシビれ、
何もしていなくても時々左肩から左手首までが
突然、ジ────ンとシビレるようになってしまいました。

さすがにもう一度病院で診てもらうべきかと思い、
前に行ったところとは別の整形外科に行ってみました。
今度はしっかりレントゲンもとってもらい、診断してもらった結果は・・・
「首の椎間板ヘルニア(やや軽め)」!
近所の接骨院で言われたことと前々違いますな。。

といっても原因は不明。
特に何か思い当たることもありません。
強いて言えば極度の運動不足でしょうか・・・。

今後は激しい運動を避け(普段からしてませんけどね!)、
ジムでマシンを使うようなトレーニングをした方がいいらしいですよどうも。
最悪~!そういうコツコツトレーニングって向いてないんですよ私。
しかも、首を引っ張るリハビリにも通わねばならんのですが
受付時間が限られているために、終業と同時にダッシュで帰って間に合うかどうか。
もう想像しただけでクジけますね。
どうなることやら。


病院に行くと先生に「なんでこんなになるまで放っておいたんだ!」
と怒られてしまうことが多い私ですが
今回は特に怒られませんでした。
(痛みを感じ始めてから1ヵ月半以上ですが・・・)
な~んだ、まだまだ大丈夫だったんだきっと!
と、つい思ってしまいましたが
同じような症状のある方は、早めに設備の整った病院に行った方がいいですよ!

投稿者 staff001 : 23:20 | コメント (0) | トラックバック

2008年01月17日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 そして思い出は遥か彼方へ

001です。
我が家で活躍中のカメラ↓コイツが
camera550uz.jpg
正月早々撮影不能に陥ってしまいました。

まず元旦、奥さんの実家で集合写真をパチリ。
翌2日、ウチの実家で集合写真をパチリ。
イメージは「無邪気に戯れる子供たちをやさしく見守る大人たち」という皇族ルックな写真です。
いやあ、われながらナイスな構図でうまく撮れた!というわけで
ウチの実家で撮り終えた後にカメラの電源をOFF。
しばらくして、実家の愛犬と戯れる娘@11ヶ月を撮ろうとカメラの電源をON。
するとどうでしょう!
メモリーカードがまったく認識されませんが・・・
挙句の果てに表示された文句が「初期化しますか?」
・・・はぃ?
いやいやいやいや
愛娘初めての正月写真、両家でのステキな集合写真はどうなるワケか?

結局どこをどう操作しても初期化するほかに撮影を続行する方法がない。。
ガッ・・・カリ・・・。
もう、断腸の思いで「初期化する」を選びましたよ。
するとどうでしょう!
進行状況を示す棒グラフみたいなヤツが動き始めたかと思ったら、突然電源OFF!
初期化されたのかされてないのかようわらかん!
ということで電源ONにしてみると、再度「初期化しますか?」。。はぁ?
あまりのことに10回くらい同じことを繰り返してしまいましたよ。

なんとなくカメラ側は問題なさそう。
違うカードを入れて試してみたいところですが
このカメラに使われているメモリーカードは「XDピクチャーカード」というやつで
SDカードほど一般的ではなく、そこらへんに転がっているシロモノではありません。
picturecard01.jpg

静電気か何かでカードが変になったのか?
それともカメラのカードスロットにも問題があるのか?
しかたなしに購入した電気店に持って行ってみました。
保証期間内なので無料で直してもらえるでしょうし。
その場で違うXDカードを試してみたかったのですが、どう説明しようとも
修理カウンターの担当者は「メーカーに送って調べます」の一点張り。
もうお話にならないのでとりあえず渡してきました。


そして約2週間が過ぎた今日、ようやく戻ってきました。

預けたところと同じ修理カウンターでの引き渡しだったわけですが
カメラと周辺部品はグルグルに梱包されており、
メーカーの修理明細が中に入っているとのこと。
すぐにその内容を知りたかったので
「どんな不具合でどんな修理だったかってお分かりにならないですよね?」
と、ダメもとで聞いてみました。
すると担当者は
「今この場で梱包を開いて、修理明細の内容を私が読み上げることはできますが?」
人を小バカにしたようなその言い方に
(死ねっ!)と心の中で叫んだのは言うまでもありませんが、グッとこらえて
「要するにあなたは修理の内容を把握していないということですよね?」と言うと
担当者は「そうです」。
最初からそう言いさらせ ボケ~ッ!
『申し訳ございませんが私共では分かりかねますので、
 メーカーが同封した修理明細をご覧いただけますか』 となぜ言えない!


とまあ、そんなやりとりがあったわけですが
うちに帰って修理明細を読んでみました。

XDカードを対応機器(デジカメやPC等)で認識するための管理情報、
および画像データを記録するための領域が破損していたとのこと。
原因の特定には至らなかったものの、PCやPC周辺機器の不具合、
または静電気や端子面の接点部分(金色の部分)の汚れといった不安定な状態で
データ通信した場合に発生する可能性がある、ということでした。
picturecard02.jpg

結局カメラ側の不具合は見つからず、カメラ本体とは関係の無い
メモリーカードの不具合(しかも私の扱い方によるっぽい)だったのですが
メモリーカードを新しいものに取り替えてもらっちゃいました!!

・・・と喜んだところで思い出の集合写真はもう二度と戻ることはありません。。


私の場合、メモリーカードはいつもカメラ本体に入れっぱなしで
取り出してカードリーダーや別のスロットに入れたりはしないんですが、
端子面の接点部分(金色の部分)が結構汚れていたそうです。なぜでしょう・・・?

まあ、手脂も接触不良の原因になるようですので極力触らないようにした方が良いですね。
汚れてしまった場合はメガネ拭きのような柔らかい布で拭き取ると良いそうです。

投稿者 staff001 : 23:36 | コメント (0) | トラックバック

2008年01月16日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 昔も今も

おつかれさまです001です。
JUジャナイトに掲載している、JUイメージガール 松嶋初音さんのコーナー

最近のチョロQはなかなかやりますな。
チョロQ001.jpg
突然うちにやってきたこの2台はオマケの類なんですが
それにしてもちゃんとしてます。
カウンタックなんてガルウィングが開きますし。
よくみるとただの赤ではなくて
チョロQ002.jpg
パールだったりします。。(お分かりいただけるでしょうか)

チョロQが出たころ、たしか1台、
フォルクスワーゲン ビートルを持っていましたが
コレクションしたり改造したりするには至りませんでした。
むしろその当時傾倒していたのはラジコンでした。

ラジコンといってもできあいのものではなく
タミヤ模型などから出ていた自分で制作するものですね。
その当時、タミヤ模型で開催されるレースの模様を中心に
テレビ東京系列で夕方に放送されていた「RCカーグランプリ」は
毎回欠かさず見ていました。

オンロード、オフロードともにありましたが
私が興味を持ったのはなぜかオフロード。
しかし、ジープをベースにデフォルメされて、
ワンメイクレースが開催されていた「ワイルドウイリス」のようなタイプではなく、
いわゆる“バギー”タイプがお気に入りでした。

当時の主力車種は
ハイパワーの「マイティフロッグ」、エントリーモデル「グラスホッパー」、
エントリーモデルなみの手軽さながらハイパワーな「ホーネット」です。

「お金はないけど人に負けないマシンが欲しい!」
当然こういう要求だったわけで
お年玉をはたいて何とか買えるマシン(プロポやバッテリーなど動かせる一式)は
グラスホッパーかホーネットだったのですが
仲の良い友達が先にホーネットを買ってしまったんですね。
となると、死んでもホーネットは選べないわけで(今も変わらない損な性分)。。
でもそんな友達の前で、ローパワーなグラスホッパーは選べない。
そこで私がとった行動は・・・。

実はハイパワーマシン マイティフロッグとシャーシを共有する、
そしてホーネット並の本体価格(確か・・・)、
という普通のピックアップトラック「スバル ブラット」を買ったんです。
このマシン、ノーマルではどうしようもなく野暮ったく(当時の感性では)、
ムチャクチャ重いのに「380モーター」というローパワーモーターを装備していました。
お話にならんっ! ということで
まずはモーターの載せ替えから着手。
マイティフロッグやホーネットに載っていたのが「540モーター」。
ですが、たしか当時最強だったのは「540ブラックモーター」というものでした。
もう迷わずそれに載せ替えですよ。
さらに!
ブラットはピックアップトラックという野暮ったいボディでした(当時の感性では!)ので
シャーシを共有するマイティフロッグのボディに交換。
タイヤもノッペリタイヤからイボイボタイヤに履き替えです。
ほかにもマイティフロッグに近づける、あるいは人と違うマシンにするために
いろいろなモディファイを実施した記憶があります。

がしかし・・・・
たしかにハイパワーでカッコはよくなったんですが、そもそも重いボディも手伝ってか
充電時間が約8時間というバッテリーに対し、走行時間はなんとわずか5分!
燃費悪いにもほどがある!
友達のホーネットは15分くらいは走行していたように記憶しています。
友達と一緒に遊べるのがわずか5分というこの切なさ。。

しかも・・・・
すでにお気付きの方もいらっしゃると思いますが
もろもろの改造コストで普通にマイティフロッグが買えていたというアホらしさ!
計画性ゼロだったんですね、昔から。


もしかして・・・・
今も実車で同じようなことをしているのはないか?!
精神衛生上、突き詰めないようにしようと思わずにはいられません。

投稿者 staff001 : 22:02 | コメント (0) | トラックバック

2008年01月15日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード005 GR

遅ればせながら、、

明けましておめでとうございます!

本年もよろしくお願い致します。

ども、金星人(−)の005Aです。

 
 
昨年は、

このBlogでも書きましたが、

欲しいモノをほとんど手に入れられなかった一年でしたが、

今年の私は違うぞと、

ついにやってしまいました。

GR_digital2.jpg
(写真は箱を開ける前に携帯で撮りました・・・)

GR DEGITAL Ⅱです。

とうとう買ってしまいました。

やはり年末年始は、家電量販店に行くと危険ですね。。

お金が無くても、

なんだかまわりの活気に勇気をもらい、

強気でレジへと進んでしまいます。

(レジに行くまでは強気でも、もちろん支払いは分割です!)
 
 
 
むかしアナログの一眼レフを中古で買って、

毎日のように首からさげていたにもかかわらず、

半年も経つか経たないかのうちに、

「でかい」「重い」「肩凝る」の理由で、

持ち歩かなくなってしまった

あの頃の自分に今年はリベンジしたいと思います。

投稿者 staff005 : 22:22 | コメント (0) | トラックバック

2008年01月12日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 東京オートサロン2008 に行ってきました

おつかれさまです001です。
行ってまいりました東京オートサロン2008
いいですね。
約600台というチューニングカー、カスタムカーが並ぶのはやはりすごいですね。
ほんとにワクワクします。
08as01.jpg

今年のオートサロンはこれまでの雰囲気と少し違い、
ややおとなしめな印象でした。
各出展社のブースも割とシンプルな感じですし、
メーカー系のブースは特にあっさりしていたような気がします。
モーターショーのときよりも見やすくて好感が持てました。
大掛かりなショーを展開して集客しているところもずいぶん減ったようですね。

クルマで目立っていたのはやはり日産のGT-R。
あっちにもこっちにもGT-R(駐車場でも結構見ました)。
こんなにたくさん出展されているとは思いませんでした。
どこのGT-Rも、とんでもなくいじられているわけではありませんが
やはりたくさんの人を集めていました。

GT-R効果とでも言うんでしょうか、
昨年秋の東京モーターショーでも同様でしたが、
これだけミニバンや1BOXに人気が集中している世の中でありながら
展示車輌はほとんどクーペとセダン!
たま~にbBやオデッセイあたりを見かける程度でしょうか。
以前はステーションワゴンなんかもたくさんカスタムされてましたし、
ここのところはやはりミニバンが多かった気がしますが
今回はほとんど目立ちませんでした。

ミニバンや1BOX、SUVに触れすぎてしまった軸が
クーペやセダン、スポーツカーに戻りつつあるんでしょうか。
もちろん歓迎すべきなんですが、極端な動きをしてほしくないですよね。
「こっちが売れるから」といって、
「何もかもこっち!」というのはもうたくさんです。


そんなこんななんですが
とりあえず気になったクルマの写真を撮ってきました。
いつも通り、独断と偏見によるセレクトですのであしからずご了承ください。

08as02.JPG
まずはRE雨宮のRX-7。オールカーボン丸出しボディ。スゴイ!

08as03.JPG
三菱 ランサーエボリューションⅩ。三菱ブースはランエボⅩだらけでした。

08as04.JPG
マッハ号ですよ。「スピード・レーサー」という映画で主人公が乗るらしいですね。

08as05.JPG
TRUSTのGT-R。正直言うとGT-Rはカッコイイと思わないんですが、コレはいいですね。

08as06.JPG
次期マツダRX-8。マイナーチェンジです。フロントの造形がかなり変わりました。

08as07.JPG
同じく次期RX-8のマツダスピードコンセプト。

08as08.JPG
とそのリアスタイル。リアも結構変わりましたね。以前の方がアクが強かったような。。

08as09.JPG
ホンダ シビックのスポーツモデューロ タイプR。

08as10.JPG
コレ、トヨタのマークXジオですよ。素のままだと何とも思わないんですがこうなると違います。
「コレなんてクルマ?」言われますよ~。そういうアプローチが好きです。

08as11.JPG
出ました。今年のSUPER GT GT500に参戦するGT-Rのワークスカラーリング。

08as12.JPG
KNIGHT SPORTSのRX-8。ここのエアロパーツはカッコイイんですよ。

08as13.JPG
PAN SPEEDのRX-8タイムアタックマシン。ここの8もカッコイイ。

08as14.jpg
今年のヘンテコ。トヨタのチェイサーじゃないですか。でもドア2枚なんです。
チェイサーといえば4ドア。ああ、何か別のクルマのチェイサー顔か・・・。
いや、違う!(写真では分かりにくいですが)ドアが異常に長い!
フロントドアを延長してリアドアの一部を埋めてあるみたい!

08as15.jpg
最後は正統派フェイススワップ。オートクラフトのRX-8顔RX-7です!

投稿者 staff001 : 22:48 | コメント (0) | トラックバック

2008年01月10日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 2008 SUPER GT

1ヶ月くらい前から
うちのヒメ@もうすぐ11ヶ月が「バブバブ」言うようになりました。
赤ちゃんってほんとにバブバブ言うんですね!
イクラちゃんだけかと思ってました。
ちなみに機嫌が良い時は「パッパブ~」を連呼します。
そんな001ですこんばんは。

昨年末、SUPER GTの2008年スケジュールが発表されました。

 Round1  3/15(土) ~ 16(日)  鈴鹿サーキット (三重県)
 Round2  4/12(土) ~ 13(日)  岡山国際サーキット (岡山県)
 Round3  5/ 3(土) ~ 4(日)   富士スピードウェイ (静岡県)
 Round4  6/21(土) ~ 22(日)  セパンサーキット (マレーシア)
 Round5  7/26(土) ~ 27(日)  スポーツランドSUGO (宮城県)
 Round6  8/23(土) ~ 24(日)  鈴鹿サーキット (三重県)
 Round7  9/13(土) ~ 14(日)  ツインリンクもてぎ (栃木県)
 Round8 10/18(土) ~ 19(日)  オートポリス (大分県)
 Round9 11/ 8(土) ~ 9(日)   富士スピードウェイ (静岡県)

今年の目玉はやはりGT500の日産 GT-R の参戦でしょうか。
明日から始まるオートサロンではそのワークスカラーリングが公開されるようです。

GT300でも、昨年は先代インプレッサで参戦していたクスコレーシングが
今年の第3戦あたりから新型(現行型)インプレッサを投入する予定です。
2006年のGT300チャンピオン RE雨宮レーシングのRX-7も
イメージカラーだったこれまでの黄色からカラーリングを変更するようです。
GT300には、国内外のいろいろなマシンが
それぞれに進化しながら参戦してきますので
どんなマシンが出てくるのか、これまた楽しみですね。

実は私、これまで一度もこのSUPER GTを見に行ったことがありませんので
今年こそは一度くらい見に行きたいと思っています。

投稿者 staff001 : 21:29 | コメント (0) | トラックバック

2008年01月09日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 東京オートサロン2008

どうも001です。
やってまいりました東京オートサロン2008
1月11日(金)~13日(日)の3日間、千葉県の幕張メッセで開催されます。
(12日は業界・報道関係者招待日で、13時から一般特別公開)

そのオートサロンとは・・・
自動車関連アフターパーツメーカーや自動車メーカー、チューナーが
最新の技術でチューニング、あるいはドレスアップしたクルマを展示するショーです。

前回2007年は出展者319社、出展台数602台、来場者数は約25万人で
こんな感じでした!
07010003.JPG

キャンギャルやショーばかりでなく、ちゃんとクルマを見に来るクルマ好きも
まだまだこんなにたくさんいるんだな~と思いましたよ、前回会場で。

2005年にJUジャナイトブースを出展してからはや3年。。。
来年こそはまた出したいな~と思いつつ、
今年も会場に行って、気になるクルマをレポートしたいと思っております!


このオートサロンですが
2月15日(金)~17日(日)には福岡で、
その後は札幌でも開催される予定です。お楽しみに!

TAS_image02.jpg

TAS_image04.jpg

TAS_image09.jpg

投稿者 staff001 : 22:05 | コメント (0) | トラックバック

2008年01月07日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 スバル 新型「フォレスター」 登場

001ですこんばんは。
スバルがフォレスターをフルモデルチェンジしましたね。
すでに12月から発売を開始しています。
forester001.jpg
フォレスターは、1997年の初代モデル発売以来、
高い走破性とシンメトリカルAWD(オールホイールドライブ)による優れた走行性能、
さらには高いアイポイントによる使いやすさが評価されてきました。
3代目となる今回のモデルは「パッケージング」、「走り」、「環境」という3つの要素を
絶妙にバランスさせたそうです。
forester002.jpg
価格は1,995,000~2,819,250円(消費税込み)となります。


少し前に発売されたインプレッサの新型と同じ系統の顔になりました。
スバルのアイデンティティということなんでしょうね。
正直個人的には、「どっかで見た感」が否めません。
ムラーノやハリアーを始めとした他社のSUV車と
なんだかよく似た感じのエクステリアになってしまったな
という感想を持ってしまいました。

初代が出たときは
「走りが良くて荷物も積めて使い勝手が良い!でもレガシーじゃない!」という、
ライトクロカン4駆とステーションワゴンの中間を行く
「うおぉぉぉ~!そういうのもアリなのか!」というような
オリジナリティたっぷりのエクステリアを感じた気がします。
2代目も似た感じでしたね。

コレが初代です。
forester1_001.jpg
昔の方がシンプルだったような気がしますね。
さらに!
1996年10月に「24時間世界最速記録」に挑戦して
平均速度180.082kmという記録を樹立した車輌はこんな感じなんですよ。
forester1_002.jpg
カッコええ~! (まあ、車高が落ちてますしね・・)
シンプル&スクエアな感じがたまりません!
初代が登場したのが1997年の2月、2代目が2002年の2月。
初代だってまだまだ現役バリバリですよ。

ちなみに2台目はこんな感じでした。
forester2_001.jpg
forester2_002.jpg
(個人的にはこのリアデザインがちょっと苦手・・・)

投稿者 staff001 : 21:36 | コメント (0) | トラックバック

2008年01月04日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 【ちょっと気になるこのクルマ】 ランボルギーニ ムルシエラゴ

今年もお世話になります001です。
さて毎年お参りしている東京赤坂の日枝神社。
昨年は18時の閉門ギリギリに行ってしまったがために(知らなかったもので・・)
かなりバタバタしましたので、今年は早めの時間に行ってみました。
日枝神社2008.jpg
・・・人多過ぎ!
1月4日なのでまだマシな方なのかも知れませんけが。
仕事初めで訪れている方も結構いたようですね。


そんな初詣をすませた後、ついにあこがれのクルマを買ってしまいました!
murcielago_minicar.jpg
ば~ん! ランボルギーニ ムルシエラゴです。
1/43スケールですが。。
AUTOartのミニカーで3000円くらいです。
本物は3000万円くらいしますけどね・・・えらい違い。

以前にも、SUPER GT 2007の第3戦で2位に入った
GT300クラスのムルシエラゴをご紹介しましたが
このムルシエラゴはイタリア ランボルギーニのクルマ。
2001年にディアブロの後継車としてデビューしました。
現行モデルは6500cc V型12気筒エンジン、最高出力は640馬力!
パワーウエイトレシオ(1馬力が負担する重さのこと)は3kg/psですよ。
07r03ph008_murcielago.jpg

ポルシェにもフェラーリにも、同じランボルギーニのガヤルドにも
さほど魅力を感じないんですが
このムルシエラゴだけはなんだかそそられるんです。
エンジンレイアウトがミッドシップのせいか
見た目のバランスは今ひとつで、
どちらかというとブサイクな部類な気もするんですが
不思議とスーパーカーらしい憧れを持って見てしまいます。
「スーパーカー」と呼ぶにふさわしいクルマに見えるんですねきっと。

近所の子供たちが憧れて「見せて見せて」と寄ってくるような
そんなスーパーカーを所有できるといいよな~と思いますね。

投稿者 staff001 : 21:42 | コメント (0) | トラックバック

2008年01月01日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 あけましておめでとうございます

子供を寝かしつけた後、夫婦仲良く
グランツーリスモ4で年越しです。そうです001です。
あけましておめでとうございます。

下の絵のネズミは世界的に有名な彼をそらで描いた作品「Mキーマウス」です。
以前掲載したときに称賛の嵐となりましたので再度登場させてみました。

そんなこんなですが
スタッフ一同 今年も頑張りますのでよろしくお願いいたします。
あけましておめでとうございます2008.jpg

投稿者 staff001 : 00:03 | コメント (0) | トラックバック

ジャナイトスタッフ日記TOPへ