ジャナイトスタッフ日記TOP > バックナンバー:2008年07月

« 2008年06月 | ジャナイトスタッフ日記TOP | 2008年08月 »

2008年07月31日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード005 LIVE ecoMOTION

こんにちは。
005です。

先週末、横浜ゴム主催のライブ
「LIVE ecoMOTION (ライブエコモーション)」に行ってきました♪

20080731_1.jpg

入場料はなんと500円!
ワンコインですよ~。

入場料はWWF(世界自然保護基金)の地球温暖化防止活動のために寄付されるというこのライブ。
今回で2回目。

今年の参加アーティストは「MONKEY MAJIK」「JYONGRI」「BONNIE PINK」「童子-T・BENI」。

チケットは抽選なので、『当たれ~』と念じていたら
幸運なことにチケットが手に入ったわけです~!(ヤッター)
しかも去年に引き続き2回目!!
すみません、MONKEY MAJIK のファンなもので。。。2回とも応募してしまいました。
ちなみにTシャツも買っちゃいました♪

20080731_2.jpg

このライブの特徴として、
参加アーティストは、それぞれに「エコについての話題」をするのですが、
「このライブの入場料500円がエコの為になるんやで~(関西弁)」と、
あるアーティストが言っていました。
なるほど、確かにライブに参加するとそれだけでエコ活動の一環になるなら
それはいいな~。

ちなみに、ライブ会場の照明なんかのエネルギーは全て自然エネルギーを使用しているそうです。

そんなエコな感覚に浸っている時に、
主催者側からの、かなり気になるアナウンスを耳にしたのですが、
地球温暖化防止の為CO2の排出量を削減しようという活動が行われている中、
なんと、逆にCO2の量が上昇しているというのです!

私なりに節電(エアコンなんかの温度調節など)や
エコバッグを使うといった地味~ながらもエコ活動をしていましたが
この事実にはかなりショックを受けました。

海面の上昇や、サンゴ絶滅の危機などの記事を目にすると
今後何十年か後の地球の将来を考えずにはいられません。

これから誕生する生命の為にも、これ以上地球温暖化を悪化させるわけにはいかないと
このライブをとおして再び考えさせられました。

投稿者 staff005 : 20:16 | コメント (0) | トラックバック

2008年07月28日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード004 フジロック

ごぶさたしてます。004Aです。

7/26に「FUJI ROCK FESTIVAL '08」に行ってきました。

フジロック 入口

フジ・ロック・フェスティバルとは・・・
今年で12回目になる夏の野外ライブイベントで、基本的に会場は苗場スキー場ですが
初回は富士山麓で開催されたので「フジ」と呼ばれております。

今年もなかなかの盛況ぷりです。
2008072803.jpg

004Aは今までも何回か来たことがあるのですが、最近はお目当てのバンドのライブを見るため、
というよりもちょっとお祭りに行ってくるみたいなノリです。
こんな感覚で来てる人は多分私だけではないはず。

ライブだけではなく、大道芸やトークショーなどもあります。
今まで知らなかったアーチストのライブを見て新しい発見をするのも良し。
ビールを飲んでグダグダしてるのも良し。
全体的に「まったり」した空気が流れてるところが好きです。

いっぱいの緑も癒してくれます
2008072804.jpg

川辺でまったりするもよし
暑いんです

で、肝心のライブはというと・・・
「The Birthday」というバンドしかちゃんと見てません(汗)
あとは他のライブをちょっとずつ”つまみ食い”したり、ビール飲んで昼寝してたり・・・

でも十分満足した004Aです。

投稿者 staff004 : 15:31 | コメント (0) | トラックバック

2008年07月24日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード005 しょうゆ

暑いですね~。

005です。

そういえば、前回の「豆大福を買いに」について
「001」さんから「ええ??!豆大福を買ってくれよ!」
というツッコミをいただいてしまいまして。。。

「ちゃんと買ったんですが、すっかりそのことを書き忘れておりました!」

タイトルが「豆大福を買いに」にも関わらず全くふれておらず。。。
「豆大福はどうしたんだ!!」とツッコミが入るのも当たり前ですね。。。

買いました!!確かに買いましたよーーーー!!


ということで
今回のお題は「しょうゆ」。

先日ラジオを聞いていたら気になる話が・・・

「アイスにかけるしょうゆを買ったんですよ~」という話。

そういえば最近、よく見かける「しょうゆ」もの。
以前、たまごかけご飯用の醤油を買ってみたのですが
これがなかなかおいしい。

コンビニなんかでは「塩」をアピールしたお菓子もよく見かけますが
正直「そろそろ塩は飽きたな~」なんて思っていたら
次は「しょうゆ」がきているようですね。

ということで何やらしょうゆを使った食べ物が気になり、
先日「みたらしぷりん」なるものを購入してみました。

200807.jpg

みたらし団子のような風味で、濃厚なたまごの味がしっかりとして
なんだか懐かしい味がしました。
やはり「しょうゆ」だからですかね~。
ちなみに、結構かため。

ただ、みたらし風の「とろ~りソース」を期待していたのですが
残念なことにソースは見当たらず・・・
ちょっと物足りない感じではありましたが。

しょうゆはそもそもキャラメルのような味わいになるので
何でも合いそうですよねー。

今度は『アイスにかけるしょうゆ』か『キットカットのしょうゆ風味』を試してみたいですね~。

投稿者 staff005 : 12:40 | コメント (0) | トラックバック

2008年07月19日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 企業倫理

001ですごぶさたしておりました。
ここのところ、家族の入院や手術などで病院に行く機会が増えています。
病院ってスケジュール通りに事が進まないところなんですね。知りませんでした。
「この時間に処置をしますよ」とか、「3時から手術の予定です」とか言っていても
まあアテにならないもんで、今回も4~5時間遅れてました。

処置中や手術中もそうですが、とにかく待つ時間が長いので
文庫本を持っていくようにしていました。
今回読んでいたのは山崎豊子著「沈まぬ太陽」(全5巻)。

ナショナル・フラッグ・キャリアの腐敗と
史上最悪と言われた日航ジャンボ機墜落事故を題材にしたもので
事実を基に小説的に表現されたお話です。

ちょうどいま、この日航ジャンボ機墜落事故を
地元の新聞社を舞台にして描かれた映画「クライマーズ・ハイ」が話題ですね。

あの事故当時、私は中学1年でした。
夏休みでしたし、8月の中旬でしたから部活も休みでしたので
ずっとテレビにかじりついていた記憶があります。
事故があったこと自体はしっかり覚えているのですが
詳細はほとんど覚えてませんでしたね。

いやあしかし、改めてというよりも初めて事故当時の話を読むと
気軽に飛行機に乗れなくなりますね。
読む前だって、子供が産まれてからは飛行機が「気軽」ではなくなってましたから。

もちろん当時のように、30分もの間、墜落の恐怖を味わうこともあります。
ある男性が墜落の恐怖の中、家族に宛てて書いた遺書はもう、涙なくしては読めません。
そんな遺書が自分に書けるのだろうかとも思います。
でもやはり遺された家族を想うとツラすぎですね。
想像を絶するショックはもちろんですが、遺体の確認や引き取り、補償の問題。。
もし仮に、奥さんと子供が乗った飛行機が落ちたとしたら・・・
かなりの確率で自殺を選ぶんじゃないかという気さえします。


これからも飛行機に乗ることがそこそこあると思いますので
一瞬「読まない方が良かったかも・・・」とも思いましたが
人の命を運ぶこうした手段がある限り
絶対に忘れてはならならい事故なんだと心底思いましたし、
企業の不祥事が相次いで発覚している世の中なわけですから
とんでもない犠牲が出る前に、企業倫理というものを
企業の上層部こそが徹底せにゃいかんと思いますよ。

投稿者 staff001 : 22:05 | コメント (0) | トラックバック

2008年07月18日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード002 お仕事ナルシス

関東地方はそろそろ梅雨が明けてくれないですかね。久々の002です。

ムシムシする今日この頃、なんとなく些細なことでイライラしちゃうんですが、

連続してこんなことがありました。


とあるお寿司屋さん(もちろん廻るやつです)で食事をしてレジへ・・・。

そしたらこれが結構並んでるんですね。

レジにいるオネーサンはてきぱきした感じなのになんで??って思ってたらようやく自分の番に・・・。

伝票を渡してお金を払おうとすると、オネーサンがてきぱきとした口調で「ちょっとお待ちください」

オネーサンはどうやら抜きん出て仕事が出来る人らしく、同僚の人から次々と「これどうしたら・・・?」とか

「4名様はどこのテーブルに・・・?」なんて指示を仰ぐ問い合わせが入るんですね。

そのたびにオネーサンは目の前の仕事(僕のお勘定なんだけど)を中断してそれに対応するんですよ。

本人はすごく充実したオーラを出して「私ったらもうキビキビよー!!」と顔に書いてあるんですけど、

こちらとしてはその口に極太の恵方巻き突っ込んで「おどりゃーオレの勘定早くせんかいっ!」

と言いたい気分です。

さんざん待たされた挙句、オネーサンあさっての方を向いて指示を出しつつ僕におつりを渡して終了。


次のケースはファミレス。

そこそこの込み具合だけど、ホールの人手は足りている感じでした。

その中でも一際激しく動いているのが店長のネームプレートをしている30台後半の方。

次々とオーダーを取り、料理を運び、コーヒーを注ぎ、八面六臂の大活躍ですよ。

店長がこれだけ率先して動いているんだからさぞかしスムーズな接客が出来ているんだろうと思えば

これがそうでもないんですね。

オーダーをなかなか取りに来てくれないし、食後のコーヒーも来ない。仕方がないので、その店長さんや

ウェイトレスさんに合図して呼ぶんですけど、な~かなか気が付かない。

店長はつむじ風のように店内を走り回っていて気が付くはずもなく、ウェイトレスさんは自主性がまるでな

くできれば一生お客と目を合わせたくない感じ。


知り合いのベテランマネージャーに聞いたら、「店長がホールの主役じゃ駄目、ウェイトレス・ウェイターに

仕事をさせて、自分はお客様を目配りして指示を出すのが正解」とのことでした。

まあ、なかなかそんな余裕はないかもしれませんし、最近問題になっている「名ばかり店長」で苦労して

いるのかもしれないですけどね。


でも、自分の仕事っぷりに酔ってしまって、仕事の本筋を(この場合はお客さん)を見落としていることって

最近よく見るような気がしますね。自分も気をつけようっと。

投稿者 staff002 : 14:47 | コメント (0) | トラックバック

2008年07月14日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード004 常用漢字

どうも、004Aです。

常用漢字から「俺」をなくすかどうかで
もめているそうです。
常用漢字改訂、「俺」で大モメ
「俺」は普通に使いますし、
なくす必要は無いと思うのですが・・・
いろいろと事情はあるのでしょうけど。

子グマのミーちゃん日記にもあるような、
根本的な日本語の遣い方に関しても
同じくらいモメてほしいと思うしだいです。

投稿者 staff004 : 15:55 | コメント (0) | トラックバック

2008年07月11日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 ほんとは羨ましいに違いない

昨日のスタッフ日記によると
005氏が「豆大福を買いに」行ったらしく、そんなタイトルが付いているわけですが
行った先の巣鴨の気になる風景が紹介されて、そのまま終わっていました。
「ええ~?!豆大福を買ってくれよ!」
ツッコんだのは私だけではないはずです。そうです001です。こんばんは。

世の中クールビズですね。
「ネクタイ&上着なし」ですね。
私個人的にはネクタイなしがどうも受け入れがたいんです。
っていうか、私のタンスでは受け入れられないというのが正解です。
だって、ネクタイをしないのであれば
ネクタイをしなくてもサマになるような「カッコいいワイシャツ」にしたいじゃないですか。
今持っているワイシャツはカッコいいワイシャツじゃないんですよ。
ネクタイをしないと、ただのダラシナイ感じにしかならないんですよ、私のワイシャツ。
かといって、ネクタイをしないために今持っているワイシャツをすべて捨てて
それに見合ったカッコいいワイシャツを買うのって
むしろ環境負荷がかかるのでは・・・。

そんなこんなで常にネクタイを欠かさない今日この頃です。
とはいっても思いっきりネクタイを緩めているので、結構だらしないんですけどね。
しかし、ノーネクタイスタイルがこんなにも街中に溢れかえるとは思いませんでした。
こうなったら意地でもネクタイしてやるぞ!と思うくらいです。

6~7年前、以前勤めていた会社に
とても暑がりで、夏は必要時以外ネクタイをしない人がいました。
でも上司には「おめえネクタイくらいしろよ!」っていつも言われてました。
その上司が今クールビズだったとしたら、どんな顔でクールビズなんでしょうか。

とはいっても「ノーネクタイ&上着なし」がクールビズなのではなく
「ノーネクタイ&上着なし&高温度設定」なわけですから
昔からノーネクタイの彼が、ただのノーネクタイだったら
決して時代の先端を行っていたわけではなくて、ただの暑がりなわけですね。

でも、今ほどノーネクタイが市民権を得ていなかったために
上司はそんな言い方をしていたわけですが
今思うと彼が羨ましかったのかも知れませんね。

自分はしたくてもできないのに、してるヤツがいる → 叩く

そこで!
みんなと違うウェアで頑張っている卓球の四元奈生美選手。
みんなと違うからいろいろ言うヤツがいるんですよ。
みんなきっと羨ましいだけなんですよ。
がんばれ四元選手!

ダラダラと思うままに書いてしまいましたがコレを言いたかった!

投稿者 staff001 : 22:12 | コメント (0) | トラックバック

2008年07月10日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード005 豆大福を買いに

暑いですね。
005です。

そういえば、突然「豆大福」が食べたくなったので
わざわざ巣鴨まで買いに行ったんです。

七夕間近?の商店街はお祭りのような飾りつけで、
通りの真ん中に点在しているパラソルのテーブル席では
ほどよく酔っぱらっているお年寄りもちらほら。

20080710_01.jpg

巣鴨と言えば「とげぬき地蔵」。
早速お参りに。

途中、いかにも占いをやってそうな店にもかかわらず
「占いでない占いの店」という一見怪しげな店を発見。
のぞいてみると中には誰もいないようでした。
きっと暑いからその辺でしゃべってるんだろなぁ~
実にのんびりした街です。

20080710_02.jpg

初巣鴨だったのでインターネットでいろいろ調べていたら
お昼のランチが「480円」で食べれる定食屋を見つけたので
行ってみることにしました。

ある程度さびれた大衆食堂のイメージがあったのですが
予想以上に綺麗な店内でした。

その日は「クリームコロッケと春巻」。
いや~これで480円ならかなりの満足感ですね。
(こんな感じです↓↓↓)

20080710_03.jpg

20080710_04.jpg

そうそう、「日本一の赤パンツ」というお店にはかなりビックリしましたが
「幸福の赤い力」らしいです。さすが地蔵道り商店街。

投稿者 staff005 : 18:42 | コメント (0) | トラックバック

2008年07月07日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード004 暑くなってきました

こんにちは、004Aです。

ここ数日で急に暑くなってきました。
九州ではもう梅雨明けして、各地で真夏の暑さとのこと。

004Aも暑さに耐え切れずクーラーつけっぱなし状態です。
今年の夏も電気代が・・・
そこで前から気になっているのが

非電化工房

で紹介されている、電気を使わないのに
真夏でもなんと7~8度に冷えるという冷蔵庫。

非電化冷蔵庫

構造は至ってシンプル。
冬の晴天の夜に放射冷却現象で冷え込むのと
同じ原理で冷えるようです。

いつかの日にか、これを家サイズで作ってみたいと思うこのごろです。

投稿者 staff004 : 15:41 | コメント (0) | トラックバック

2008年07月04日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 【Project 8】 ボディカバーその後

001です。
さんざん迷った挙句、今年の1月に購入したクルマのボディカバー
ご紹介したように賛否両論のカバー。
半年使ってみたのですが・・・イイ!スバラシイ!
クルマがず~っとキレイです!
毎週末 洗車したいくらい洗車好きだった私が
この半年間、1回か2回しか洗車してませんから。
さすがの洗車好きも、汚れてないものを洗ったりしません。
ず~っとピカピカ。

自分で思ってた以上に、マメにカバーをしてるってのもあります。
めんどくさくてすぐにイヤになるかと思っていましたが
キレイな状態が保たれているのを見てからは
駐車場に入れるや否や 「うおぉぉ!いますぐにカバーせねば!!」
という、もう強迫観念といいましょうか、潔癖症といいましょうか
何もそこまで・・・と思うくらい必死にカバーしている自分がいます。
ちょっとしたディフェンスの要ですね。
井原ですね(世代がやや前ですが)。

でもちょっと気付いてしましました。
実はこの半年間、3000kmくらいしか乗ってない。。
そもそも乗ってないじゃん!
そりゃ汚れませんわ。
とくに雨の日にはほとんど乗ってないかも。
だからカバーの付け外しが苦にならないのかも。

でもですね、やっぱりあるとないでは違いますよ。
ジワジワくるであろう、内装の劣化も抑えることができますし。

実際使ってみるとさほどめんどくさくないですから
迷われている方は使うべきだと思います。
常にキレイな状態のクルマに乗るのはやっぱり気持ちいいですからね!


カバーをしている場合はもちろん
カバーをしていなくてもこれからの時期は忘れちゃならないのがコレ。
080704湿気取り.jpg
「湿気取り」 快適空間を保つ必須アイテムです。

投稿者 staff001 : 23:27 | コメント (0) | トラックバック

2008年07月03日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード005 もうすぐ七夕

005です。

もうすぐ七夕ですね。
七夕と言えば「天の川」。

20080703_01.jpg

先日池袋のプラネタリウムに行ってきました。

天の川は、無数の数の恒星の集まりであり、
銀河系の円盤にそって一周しているので
地球から見ると天の川として見えるらしい。
しかも見えているのはほんの一部分だとか・・・

夏でも冬でも見る事が出来ますが、
星がもっとも密集している銀河系の中心がちょうど射手座の方向にある為、
夏の夜空のほうが明るく輝いて見えるそうです。

天の川はたくさんの暗い星の集まりなので
残念なことに、街灯や高層ビルなどの人工のあかりが多い都会などでは
見る事が難しいのだそう。。。

できるだけ空が暗い場所(田舎や山・海など)に移動して、
まずは目を暗闇に慣らした後空を見上げると
白い雲のようなものが見えるらしい。

今年の七夕の天気はどうかな〜。


さて、プラネタリウムでもう一つ気になったのが「流星群」。

20080703_02.jpg

そもそも「流星群」とは、彗星の軌道上に残るチリの帯を地球が通過することで、
チリが大量に地球大気に飛び込み発光する現象のこと。

地球に平行に降ってくる流星は、地上から観測すると、
見かけ上、空の1点から放射状に飛び出してくるように見えるそうです。
その1点(輻射点)にある星座により、呼び名が変わります。

ペルセウス座流星群、しし座流星群、ふたご座流星群・・・など
これからの時期だと「みずがめ座」「やぎ座」「ペルセウス座」の流星群が見られそうですね。

プラネタリウムもいいけど、本物の流星群を見てみたいもんです。
1時間に何回も流れ星が降ってきたら、願い事を言えるチャンスがたくさんありそうですね。

投稿者 staff005 : 11:54 | コメント (0) | トラックバック

2008年07月01日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 幸せになれるパン

001ですおつかれさまです。
その前を通るとなぜか引き寄せられるように入ってしまう店ってないですか?
15年くらい前、全財産をパチンコにつぎ込んでいた頃は
駅を出ると勝手に足がパチンコ屋に向かってしまい、
気がつくとパチンコ台の前に座っていたようなしだいですが
すっかり足を洗った今、たま~に通る商店街で、
目に入るとどうしても買い物をしてしまうパン屋があります。

東京都大田区の西馬込商店街という、微妙にパッとしない商店街。
その中で、昭和中期な風情が漂うパン屋。その名も「サカエヤベーカリー」。
食パン、菓子パン、総菜パンがちょっとと、お菓子や飲み物がちょっと。
このパンがもう、美味しいとか美味しくないとかそんな簡単な話ではなくて、
とにかく素朴で、一言で言い表すとすれば
「なんとなく幸せになれる」、そんなパンなんですね。

PA0_0001.JPG

とりあえずはこのパッケージでやられますね。
店の風情がこの絵に表現されている気さえします。
こんなコピーがついていますが
毎朝ごはんと納豆の私もついつい手が出ずにはいられません。

この食パン(190円)もどこかフルーティな感じがするんですよ。
店に訪れた時、「ここの食パンはフルーティですよね」って言ったら
店主に「そうですか?そんなことないと思いますよ」って言われましたけど。
そんなことないのかも知れませんが、そんな感じがするんですってば!

そしていつも買ってしまうのがコレ。

PA0_0002.JPG

パンダパン? パンダクリームだったかな? 忘れました(120円)。
パンダがくっついたクリームパン。
中はもう、超超超素朴な、やや目の粗い感じのカスタードクリーム。
それはもう端から端まで入ってます。
これを食べるとしばらくそこらのクリームパンは食べられませんね。
大量生産なクリームパンなんてパンじゃないですよ。もうこうなったら。
「未来少年コナン」に出てきたような、プラスチックからできたパンですわ。
(インダストリアの工場では、プラスチックを原料にしたパンが
           次々に製造されていました。マニアックですみません。)


今日も会社帰りに前を通りました。
カバン以外に子供のオムツやらなんやらを抱えていたので
いったんは通り過ぎたんですよ。
でもやはり・・・5mくらい行ったところで引き返してしまいました。
見たら入らずにはいられない「サカエヤベーカリー」。
経営とは直接関係のないファンとしては
いつまでも「素朴な町のパン屋さん」でいてほしいものです。

でもですね、帰ってからふとレシートを見てみたら
“ポイント”まで印字された、感熱タイプの割と最新の風情のレシートだったんですよ。
少し前までは、青紫色のインクで印字がされた、3cmくらいの細い幅の
これまた素朴な、ある意味おもちゃみたいなレシートだったような気がします。
経営とは直接関係のないファンとしては
前の方が良かったな~って思ってしまいました。

変わることもそうですが、変わらないってのもまた大変なんでしょうね。

投稿者 staff001 : 22:53 | コメント (0) | トラックバック

ジャナイトスタッフ日記TOPへ