ジャナイトスタッフ日記TOP > 世界最小PC?(Fit-PC Sli...

« まとめて出張報告 | ジャナイトスタッフ日記TOP | ちもと »

2009年02月16日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード004 世界最小PC?(Fit-PC Slim)

どうも、004Aです。

先月末、長年使っていたデスクトップPCが、ディスプレイが映らないわ、
異音がするわでとうとう寿命が来たようなので、代わりを探してたところ、
世界最小PC※を謳う「Fit-PC Slim」を発見。
代理店の「イーテック」さんに問い合わせたところ、無線LAN、
ハードディスクドライブ無しの「Fit-PC Slim Barebones 512M」で
価格は送料・代引き手数料別 31,000円也。買っちゃいました。
(ハードディスクドライブが無いので2.5インチのIDE接続のものを別途用意する必要有りです)
ちなみに電波法で海外の無線LAN機器の国内使用は違法らしいので、
無線LAN有りモデルは取扱ってないとの事。

※「picotux」とか「MTube」とか、もっと小さいPCがあるようですが、
Windows XPの利用が実用に耐えるデスクトップPCとしては最小??

↓世界最小じゃ無いかもですが、十分小さい!
 消費電力4~6Wで環境にもやさしい。その分性能は低いですが。
Fit-PC Slim Barebones 512M

とりあえずディスプレイにつないでBIOS画面を確認した後2週間放置してましたが
(欲しいものを買うと、買っただけで満足してしまうことが多々あり)
重い腰を上げてOSのインストールを始めてみました。

このFit-PCはWindows XP、Windows 98用のドライバソフトは用意されているようですが、
Windows 2000用は無い模様。手持ちのWindows 2000で使えれば良いのですが・・・

Windows XP、98で動くのなら2000もいけるだろと、ものは試しということで。
古いノートパソコンの4GBのハードディスクがあったのでFit-PCに入れて、
USB接続の外付けDVDドライブ(アイ・オー・データのDVRP-U8XLEを買ってきました)をつなぎます。
Windows 2000 SP4 のインストールディスクをセットして、
BIOS設定で最初のブートデバイスをCD-ROMにしてから、再起動。
Windows 2000 のインストールは最後の再起動時に1度ブルースクリーンが出ましたが
どうやらOSインストール自体に問題はなさそう。
LAN(Realtek)ドライバがすでに入っていてネットにもつなげます。

さて問題のドライバソフトですが、とりあえずWindows XP用ドライバを試してみました。
オーディオドライバのインストールはエラーが出ることなく、音も出るようになりましたが、
問題はグラフィックドライバ。
「VideoPortAllocatePoolがなんとかVIDEOPRT.SYSがなんとか」とエラーになってダメです。
Windows Updateでも変わらず。640×480ピクセルの解像度のままです。残念。

Windows XPのディスクを買うとなるとネットブックを買ってたほうが結局安上がりだった!?
ってことになるし・・・うーん。
そのうちLinuxを入れて使おうと思います。

投稿者 staff004 : 2009年02月16日 09:26

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1751

コメント

コメントしてください




保存しますか?


ジャナイトスタッフ日記TOPへ