ジャナイトスタッフ日記TOP > リス園に行ってウサギ...

« 2010年初 | ジャナイトスタッフ日記TOP | 日産札幌ギャラリーでモータースポーツイベント »

2010年01月19日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 リス園に行ってウサギが飼いたくなる

001ですこんばんは。
少し前の話ですが、休日に東京都町田市にある町田リス園というところに行ってきました。
放し飼いになっているリスに餌がやれて、またウサギやカメなんかもいる・・・
きわめて小規模な動物園?公園?です。

リスなんてうちの裏の林にいくらでもいるよ!という方もいらっしゃると思いますが
東京に住んでおりますとなかなかリスに会うことも
ましてや己の手から餌をやるなんてこともまずできません。
当然うちの子供@2歳11カ月も未経験ですので
まあドライブがてら行ってみようや、となったわけです。

前述の通り小規模ですので、朝から夕方まで過ごせる、なんていうところではありませんが
メインとなる「リスの餌やり」がなかなかどうして曲者です。
1袋100円でヒマワリの種を購入してリスが放し飼いになっているゾーンに入るわけですが
そんなもん、餌を手に乗せてホイッとやればワサワサ寄ってくるだろう、と思ったら大間違い!
木を複雑に組んだ隠れ家のようなものが点在していて、
その中や周りをリスが走り回っているんですが
たくさんリスがいる場所(隠れ家)を見つけて手を差し伸べても簡単には寄ってきません。
おそらく“相当お腹が空いているヤツ”を見つけ出さないといけないようです。

そこらじゅうに見えてるのになかなか餌付けできない苛立ちはなかなかのもので
子供はキレてイライラ、お父さん意地になってうるさい子供を叱る・・・
みたいな図があちこちに見受けられました。
また我々が行った時間が夕方だったので、すでに満腹なリスが多かったのかも知れません。
開園と同時に入れば、それはもう入れ食い状態だったりして・・・。

  *************************************************************
  と思っていたら町田リス園サイトには平日の朝と夕方がお勧めって書いてあります。
  朝と夕方が一番活発に活動する時間帯らしいですね。
  休日の夕方は活発とは言えないようでしたが。。。
  *************************************************************

といいつつ、空腹リスはちゃんといます。
食べるヤツはず~っと食べ続けてるんですね。
さて、ではどうするか。

思いついてしまいました。
名付けて・・・「長時間あげている人の横で、その人の餌がなくなるのを待つ」作戦!。

その人の餌がなくなってもリスはまだ空腹なんです(たぶん)。
隙を突いてスッと手を差し伸べるだけでその続きが我がものになるわけです。
結果はもちろん大成功!
隙が突けるようになればもうこっちのもん。
あっちのリスにもこっちのリスにも餌がやれます。
お父さんが空腹リスのハートをつかんでしまえば
2歳11カ月の子供にバトンタッチしてもまったく問題なし!それはもうご満悦です。

100119_risu.JPG
こんな感じ。このミトンみたいなやつも借りられます。子供サイズ(写真右)もあります。

しかも!そのうち自分たちの餌もなくなりますので、周りにいる家族連れや知らない子供にも
「ここどうぞ~」みたいな
「おじさんの後にやってごらん」みたいな
譲り合いの輪が広がったりして、ちょっと良いことしちゃったみたいな
和やかな気持ちになれたりします。

非常に奥深い・・・リス園、侮りがたし。

他にもウサギがいたり、珍しいリスがいたりしまして
ウサギにも餌がやれますし、抱くことができるコーナーもあります。

100119_usagi.JPG

噛まれちゃうんじゃないかと思うくらい、
小さなキャベツの切れっぱしをウサギの口にグイグイ押し込んでいる娘の姿を見ていたら
強烈にウサギが飼いたくなってしまいました。
子供の教育的にもいいんじゃないかと思ってまして
全員O型の適当家族でも飼えるのかどうか、よく検討してみようと思っています。

投稿者 staff001 : 2010年01月19日 21:56

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2084

コメント

コメントしてください




保存しますか?


ジャナイトスタッフ日記TOPへ