ジャナイトスタッフ日記TOP > バックナンバー:2011年09月

« 2011年08月 | ジャナイトスタッフ日記TOP | 2011年10月 »

2011年09月30日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 妄想野郎Aチーム

001です。

久しぶりに妄想に花が咲いております。

最近のお気に入りベース車両はプリメーラワゴン P12型です。

着地しちゃうくらいのシャコタンベースに

ここのところのお気に入りホイールを合わせてみました。

P12_プリメーラワゴンmoondisc.jpg
with MOONDISC

P12_プリメーラワゴンssrmesh.jpg
with SSR MESH

P12_プリメーラワゴンbbsrs.jpg
with BBS RS


このP12プリメーラワゴン、

世の中では不人気車種とされていて価格もなかなかお買い得。

このスペーシーな風情にはMOONDISCがジャストフィットな感じですがいかがでしょうか。

相変わらずな001でした。。。

投稿者 staff001 : 23:04 | コメント (0) | トラックバック

2011年09月26日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード004 最近気になる

どうも、004Aです。
最近気になったニュースをちょっとつぶやいてみます。

スズキ自動車とフォルクスワーゲンはなぜ互いに反目したか | サーチナ
御年81歳にして現役バリバリの鈴木修会長兼社長!

自動車諸税、9割が負担に感じ、軽減を望む
(JAF「自動車税制に関するアンケート調査」より) | Car Watch

自動車オーナーの004Aとしては、やはり税金は安いほうがありがたいです。

新車、中古車入り乱れ…モスクワの自動車流通センター | レスポンス
ところで、ロシアのプーチン首相が大統領に返り咲くようですね。

投稿者 staff004 : 13:34 | コメント (0) | トラックバック

2011年09月16日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 3年前の悪夢

001ですこんばんは。

運転免許の更新案内がきました。

免許更新110916.jpg

何が痛いって

すぐ近くの「指定警察署」で更新できないのが痛い!

ここのところ警察署で更新できてたのに。。

そしてゴールド免許からの陥落・・・ orz


でも!

本来ゴールド免許の更新期間である「5年」ですが

“過去5年間に軽微な違反1回”の場合は

ブルー免許でも更新期間が「5年」になります!!


・・・ってことは?!

5年もの間、ゴールドには戻れないってことか orz

投稿者 staff001 : 22:54 | コメント (0) | トラックバック

2011年09月14日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 MINI CROSSOVER が気になってた・・

001です。ご無沙汰しておりました。

基本的には愛車RX-8にぞっこんLOVEなんですが

ときどき違うクルマが気になる病が発症してしまうわけでして

WRC(世界ラリー選手権)の映像を見ていたら

今年から参戦しているMINI WRC(フル参戦ではありません)がとてつもなくカッコイイ!!

気になり出しまして、PCの壁紙もMINI CROSSOVER参戦車両にしてしまうまでに。

WRC車両のように車高を下げてデカいル―フスポイラーとフロントリップをつけて・・

と妄想しているうちにどうしても見に行きたくなってしまいまして

先週末には近所のMINIに行ってCROSSOVERを見てきました。

コレがまた、近くで見るとデカくてイイ感じなんです!

minicrossover.jpg

もはやMINIじゃない・・っていうくらいの大きさ。

がしかし!

中もある程度は広いだろうと思って行ったのですが、

やはりそこはMINIなわけでして、意外に狭い・・思っていた以上に狭い。。

もしかしたら8を下取りに出して買っちゃうかもよ?!とかなんとか思っていましたが

乗った瞬間に「ない」ことが判明してしまいました。

うちの奥さんの感想(感覚)も「8なみ」だそうで

もちろん補ってあまりある外装、風情、カスタムベースとしての良さもあるのですが

手塩にかけて育てたRX-8から乗り替えるかどうか・・といわれるとやはり「ない」。

しかも新車価格は何気に高い。。中古車はまだまだ流通量が少なくて価格もこなれてない。。

ショールームを見ていたらむしろ「CLUBMAN」が気になってしまい、

乗りこんでみたらなかなか広い!(広く感じた!)

当初の目的を逸脱して、こっちの方がいいんじゃない?!と思ってしまいましたが

8と同じ観音開きのドアながら、観音で開くのが運転席側のみという設計。。

左側通行でそれはないだろう!と前々から思っていまして

営業マンに両開きか、せめて助手席側開きのモデルは今後出ないのかと聞いてみましたが

一言、「ありません!」といわれてしまって「なし」になってしまいました。


 【一応参考までに他車種との大きさの比較をしてみます】

 MINI CROSSOVER クーパー
 全長 4105 × 全幅 1790 × 全高 1550mm  ホイールベース 2595mm

 MINI CLUBMAN クーパー
 全長 3980 × 全幅 1685 × 全高 1440mm  ホイールベース 2545mm

 VW ゴルフ TSI コンフォートライン
 全長 4210 × 全幅 1790 × 全高 1485mm  ホイールベース 2575mm

 VW クロスポロ
 全長 4000 × 全幅 1710 × 全高 1505mm  ホイールベース 2470mm

 日産 ジューク 16GT
 全長 4135 × 全幅 1765 × 全高 1565mm  ホイールベース 2530mm

 本当は室内長や幅を比べたかったのですがデータがありませんでした。

 いろいろ見ても、大きさ的にはどうやらジュークが一番近い気がしますね。

 ちなみにCLUBMANは数値以上に大きさ(広さ)を感じました。不思議なものです。


・・・ということで当分はRX-8のカスタムを続けていくことになりました!

次にやるべきはフロントタイヤの見直しと

ハンドルセンターが狂ってしまっていることもあってアライメント調整です。

投稿者 staff001 : 21:45 | コメント (0) | トラックバック

2011年09月12日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード006 子どもの成長(その4)

超久しぶりの006です。


少し前の話ですが、
夏休み限定で長女(5歳)がスイミングスクールのバス通学をすることとなりました。

バスはいろいろなルートで走行しており、スーパーやお店といった
目印になる所で停車しながら子ども達を拾ってくれます。
長女が利用するバスルートは自宅から徒歩5分のスーパーが最寄のバス停となります。
スーパーからスイミングスクールまでの乗車時間は10分程度。
帰りは逆ルートで帰ってくるので、スイミングスクールを
出発したら10分程でスーパーに到着します。


今回はバス通初日なので、自分と次女と一緒(嫁は自宅でお留守番)に
3人でスーパーまで行き、帰りはスーパーまで迎えに行く予定でした
予定でしたというのは予定通りに事が進まなかったということ…


嫁から『16時15分』にスクールを出発すると聞いていたので、
同じく16時15分に家を出発して迎えに行けば余裕でお迎えできます。
しかし、我々がスーパーに到着後、30分以上待ってもバスが来ない。

嫁に時刻表の確認の電話をしたところ、『よく分からない』と
パッとしない回答が返ってくるだけ。
嫁にスクールへ電話して確認してもらったところ、
とっくにスーパーのバス停で降ろしたとのこと…

姉さん事件です!
これは大事件です!!


もし長女が一人で歩いて帰ったとしたら、とっくに帰宅しているはず。
スーパーから自宅まで歩いて5分ですから。
子供がゆっくり歩いたとしても10分くらいのはず。

道に迷ったか!?いやそんなはずはない!!
この近距離で迷うはずがない!!
もしかして誰かに連れ去られたとか!?
そうだとしたら最悪だ orz

嫁は『スーパーの店内で待ってるんじゃないの?』
なんてのんきな事を言っていたが、30分以上も店内に子ども一人で
うろうろしているはずがない。

とりあえず店内を探しに入った瞬間、嫁から電話がかかってきました。

急いで電話に出てみると、なんと一人で歩いて帰ってきてたとのこと。

はぁ~~~、良かった。
安堵のタメ息を深くついた瞬間でした。


それにしても徒歩5分の道のりを30分以上かけて帰ったことになる。
これはおかしいでしょ。

嫁に発見の経緯を確認したら、スクールの『スーパーでとっくに降ろしました』
との連絡を受けて、すぐに家を飛び出したら家の前に長女がいたらしい。

発見時の長女はもちろん大泣き…

長女になぜ家の中に入らなかったのか確認したら、
クルマがなかったので家に誰もいないと思っていたらしい…
(私が次女とクルマでスーパーへ向かっていたので…)
母親(嫁)が家にいるに気がつかず、家の前でずーっと待っていたらしい。

 我が家は戸締りをきちんとしなかったのが原因で
 過去に空き巣の被害にあっているので、出かける際には必ず
 すべてのガラス窓を締め切って出かけるのだが、
 その時はすべての部屋が網戸になっているので
 家の中には入れたはずなのだが、頭が回らなかったようだ。


長女へ話を聞いたら泣きながら徒歩で帰宅途中、
見知らぬお姉さんに声をかけてもらったらしく
そのお姉さんに自宅まで送ってもらったとのこと。
しかも、しばらく一緒に家の前で待っていてくれたらしい。

世の中、悪い人ばかりではありません。
どこの子かも知らない子どもを自宅まで送り届けてくれ
しかも一緒に待っていてくれるなんて…
涙が出そうです。

その方は名前も名乗らず去っていったようだが、
今回の事件の発端は実は嫁。
時刻表の見方がわからず、スクールの出発時間を
スーパーの到着時間だと思っていたらしい。

あり得ない!

 私の心の叫び
 『時刻表もまともに見られないで、よく今まで生活できたもんだな。
 しかも、家の前で親切なお姉さんと我が子が居るにもかかわらず
 30分近くも気が付かなかったなんて…
 呆れてものも言えない。』


そんな母親を持つ長女はスーパーから自分の意思で帰宅するという
親の想像を超える行動をしてくれました。

泣きながらとはいえ帰宅した長女をとにかく褒めちぎってあげました。

これはこれで長女にとっては良い経験だったと前向きに捉えてしまう
超楽観的な自分でした。


写真なしの長文&駄文にお付き合いいただきありがとうございました。

投稿者 staff006 : 19:38 | コメント (0) | トラックバック

ジャナイトスタッフ日記TOPへ