ジャナイトスタッフ日記TOP > バックナンバー:2014年12月

« 2014年11月 | ジャナイトスタッフ日記TOP | 2015年01月 »

2014年12月25日|ジャナイトスタッフ日記

スタッフコード001 父ちゃんのクリスマスプレゼント物語 2014

001ですこんばんは。

12月25日、我が家にもクリスマスがやってきまして
子供たちがサンタクロースからプレゼントをもらっていました。

プレゼントを渡すスタイルはおそらく皆さんそれぞれあると思いますが
我が家のスタイルは、概ね毎年12月の初めごろに
「そろそろクリスマスに欲しいものをサンタさんにお願いする手紙書いたら?父ちゃんが出しておくから!」
という一言から始まります。
手紙を出したことにして私が開封し、会社帰りなどにプレゼントをこっそり買って
子供たちが開けられない納戸の奥にしまっておく。
そしてクリスマスイブの夜中、子供の枕元に置いておく・・というやり方。

上の子@小学2年生も未だにサンタクロースからのプレゼントが本当に届いていると思っているらしく
親は一切感謝されません (T_T)

年によってはプレゼントの手配を怠っていたせいで、手紙に書かれたものがなかなか見つからず
違うものを手に取って「これでもいいだろ・・」などと思ったり、
やはり夢を壊さないようにしなきゃと思って焦る・・なんてことがありますので
今年もそこそこ早めに手紙を書くよう促しました。

今年の手紙に書いてあったのは「ドラえもんのドンジャラ」。
下の子@2歳の分も上の子が書いてくれていて「トミカの大きいパトカー」。

割と楽勝な感じだったのでノンビリしてました。
この後、焦るようなことはなかったのですがちょっとした事件が2件発生します (´_ゝ`)


まず託されたサンタさんへの手紙。
そこらへんに置いておくわけにはいかないので
普段仕事で使っているカバンにしまっておきました。
手紙を託されてから10日くらい経ったある日、
出張の準備をしていてカバンをゴソゴソしていたら横にいた娘が

「あれっ?サンタさんに出した手紙が入ってるけど」

って言うじゃないですか!
なんと脇の甘いことでしょう!

咄嗟に出た苦しい言い訳がコレ↓

「ああこれね、出したら 『了解ですよ』 っていってサンタさんから戻ってきたんだよ」

orz 我ながら「なんだそりゃ?!」と思いますが
どうやら特に疑うことなく納得してくれたみたいです (^^ ;)

来年からは内容を確認したらシュレッダーでしょうか(微妙に忍びないんですが・・)。
サンタが確認印を押して返送するシステムにしようかとも思います (^^)


そんなことがあった数日後、そろそろプレゼントを手配しようかなと思っていたある日、
暇つぶしで子供たちと近所のおもちゃ屋さんをフラフラしてまして
なんとなくドンジャラがどんな感じが見てみたところ娘が

「あーっ!妖怪ウォッチのドンジャラがあるよ!」
「なんだ~、こっちにすればよかったなぁ」

実は手紙を書く前、ドンジャラが欲しいと言い出した娘に対して私が
「いろんなキャラクターのドンジャラがあるかも知れないけど、
やっぱドラえもんが定番じゃない?父ちゃんが小さいころも持ってたし」
みたいなことを言って促してしまったんです。
まさか妖怪ウォッチのドンジャラまで登場していたとは。。。

まあ、親的にはいつまでブームが続くかわからない妖怪ウォッチよりも
明らかに息の長いドラえもんを選択してほしいところですが

「でもドラえもんのドンジャラって書いちゃったしなぁ。。」

などと言って、もの凄い凹んでるじゃないですか (゚Д゚;;)
しかたがないので

「大丈夫だよ!願ってれば妖怪ウォッチのドンジャラにしてくれるんじゃない?」

まあ買うのは私ですから、無理矢理なことを言ってみたわけですが

「でももうドラえもんって書いて手紙出しちゃったよ」

とのこと。挙句に

「まあ、別にドラえもんでもいいけどね!」

なんだ「別に」って (ノ´Д`)ノ
明らかに妖怪ウォッチだろうにそんな言い方。。

「妖怪ウォッチがイイなら、そうお願いしてれば大丈夫だって!」

と励ましたみたところ

「いいよ、いいよ、別に」

2度目の「別に」・・・ずいぶん投げやりじゃないか  (´Д`)
そりゃあドラえもんを勧めたのは父ちゃんだけど、どうすべきか。。

妖怪ウォッチのドンジャラを買えば、頼んだのと違う!ってなりそうだし
ドラえもんのドンジャラを買えば、やっぱりね・・・ってなりそう。。


ということだったんですが、結果的には妖怪ウォッチのドンジャラを買いました。
何か変だな?と思われたときはそれなりに言い訳をするとして
やはり欲しいと思ってるものをあげたいじゃないですか。
何度も言いますが親は感謝されないですけどね (´Д`)

25日の朝、プレゼントの包装を開けた瞬間、
「妖怪ウォッチのドンジャラだった!」といって大喜びしてました。
特に何の疑いも持たなかったようです。

一方、トミカのデカいパトカー(トヨタの86パトカー)をもらった下の子は
トミカそっちのけで妖怪ウォッチのドンジャラに興奮していたそうな・・・(´_ゝ`)(´_ゝ`)(´_ゝ`)
 
 
20141225donjara.jpg
 
 
 
 
 

投稿者 staff001 : 21:01 | コメント (0) | トラックバック

ジャナイトスタッフ日記TOPへ