初めての中古車探し:プライスボードの読み方・vol.5-1-


第13話 プライスボードの読み方・vol.5

マ:プライスボード第5回目の今回のメニューはこちら。

2つの点検整備情報

マ:というわけで、前回にひきつづき点検整備についてのお勉強だよ。まずはちょっと復習。定期点検整備とは、なんのことだったでしょう。

ミ:はーい。点検をすることです。

マ:何を点検するんでしょ~う。

ミ:はーい。クルマです。

マ:どんな点検をするんでしょ~う。

ミ:はーい。わかりませーん。

マ:0点!! ひどい、ひどすぎる!! きみはいちじるしくひどい生徒だ。先生はがっかりだよ、トホホ。

ミ:うそよ。マーくん。このあいだちゃんと勉強したじゃない。ドライバー自身、もしくはその代理人がクルマを安全に使えるように保つために行う日常的なチェック行うこと、つまりクルマの保守管理のことを指すんだったわよね。

マ:お、今度は一転、怪しいまでに模範回答。まるで何か台本があるような的確な答えだ……。

ミ:そうよ~。台本があるの~。じゃぁん!! よくわかったわねぇ。

マ:……ひらきなおってるな。

ミ:でも大丈夫よ。しっかり中古車のお勉強もしているわよ。点検には2種類があるんだったわよね。

マ:おっと。

ミ:ちなみに、その2つの点検とは、日常点検と定期点検だったわね。

========================================================

◆日常点検◆

ユーザーが日頃、自分自身の責任において行う点検。運転席に座ったり、エンジンルームをのぞいたり、クルマのまわりを回りながら自動車の状態を見ることによって行う。

◆定期点検◆

クルマの故障を未然に防ぎ、その性能維持を図るために定期的に行う点検。自家用乗用車の定期点検には、1年点検と2年点検とがある。

========================================================

マ:お、すごい。ちゃんとわかってるようだね。じゃあ優秀な生徒さんのために勉強を進めよう。前回は、プライスボード内の「前使用者の定期点検整備記録簿の有無」について勉強したんだったよね。今回は、「定期点検整備実施の有無」について勉強するよ。

ミ:ん? 実施の有無ってどういうことかしら。前回勉強した点検とどこがちがうかのしら? なんだかちょっと混乱してきたわ。

マ:じつはプライスボードは、点検整備についての2つの情報が載せてあるんだ。ひとつが前回勉強した「前使用者の定期点検整備記録」。前使用者の定期点検整備記録簿があるということは、そのクルマの履歴書がキチンとのこっているわけだから、正確に品質についての情報が得られるということ。法定点検を漏れなく受けているわけだから、クルマの品質についての信頼度は、受けていないクルマに比べてだいぶ高いといえるよね。

ミ:うんうん。それは前回のお話でよくわかったわ。

マ:つまり、前回は展示車の“過去”の点検整備に関する情報の勉強だったわけだね。そして、今回勉強するのは、「定期点検整備実施の有無」、つまり、“現時点”での定期点検に関する情報についてのお勉強だよ。

ミ:ふうん、現時点のってどういう意味かしら?

マ:前回もいったように、クルマの保守管理はドライバー自身に責任があるということは、法律でも定められているんだよ。

========================================================

◆道路運送車両法 第48条◆

自動車の使用者は、次の各号に掲げる自動車について、それぞれ当該各号に掲げる期間ごとに、点検の時期及び自動車の種別、用途等に応じ国土交通省令で定める技術上の基準により自動車を点検しなければならない

========================================================

マ:つまり、中古車を購入しようとすれば誰でも、これから購入しようとするクルマはすぐに定期点検をする必要があるのかないのか、そのことを確かめることになるんだよ。今現在の整備点検の必要性、これが現時点での定期点検に関する情報だよ。

ミ:ほうほう。

マ:販売業者の方で販売(展示)時までに定期点検整備を実施して販売している場合、プライスボードの定期点検整備実施項目には、「定期点検整備あり」とか「定期点検整備済み」とか表示されるんだ。

ミ:ふうん。ていうことはこの表示があれば、定期点検がおわっているわけだから、何も心配することはないってことよね。
 
   
子ぐまのマーくんとミーちゃんの初めての中古車さがし