初めての中古車探し:見積書を作成する(税金編)-1-


第19話 見積書を作成する(税金編)

マ:今回は見積書の作成についてのお話だよ。

ミ:見積もりっていうのは、どのくらい購入するためにお金がかかるかって意味ね。

マ:プライスボードや試乗でクルマを確認して、気にいった車があったらお店に見積書を作ってもらおう。

ミ:わあい。いよいよ、いとしのローバー・ミニちゃんを手に入れるのも間近ね!! でも、マーくん。クルマのお値段だったらわかってるわよ。ほら、プライスボードに大っきくかかれているからすぐわかるじゃないの。

マ:あいかわらずミーちゃんは甘いなあ……。プライスボードで表示されている価格は車両価格とよばれるクルマ本体の価格なんだ。中古車をはじめクルマを購入する際には、このほか、保険や代行費用などの諸費用、そして税金がかかるんだ。

ミ:むむむ、不覚だったわ。すっかりプライスボードの価格を信じていたわ!!

マ:信じるってもう……。プライスボードの説明のときにしっかり話していたのに。ほら、このサイトの左上のバックナンバーから「9:プライスボードの読み方 vol.1」を見てごらん。ボクはちゃんと「大きく書かれた数字は、店頭で車両を引き渡す場合の消費税を含めた現金販売価格で、整備費用や保険料、登録等に伴う諸費用やその他の税金は含まれていないんだ」といってたよ。

ミ:あらほんと。ううん……税金ねえ……。わたしもちゃんと納めているもののちょっと耳がいたい言葉ね。

マ:せっかくお金を払うんだから中身はどういうものなのか、ここでしっかり税金について確認しておこう。

ミ:そうね。なんだかわからないでお金を払っているのも、ちょっと変だもんね。わたしはお金は納得したものにしか払いたくない主義よ。えへん。

マ:中古車購入にかかわる税金には、つぎのようなものがある。

1.
自動車税
2.
自動車取得税
3.
自動車重量税
4.
消費税(車輌価格に含まれている)

マ:まずは、自動車税から。自動車税は、クルマを所有するすべての人が毎年都道府県に納める税金なんだ。自動車税は通常4月1日現在の所有者に対して課税されるんだよ。中古車を購入した場合、抹消されていたクルマ(ナンバーが付いていないクルマ)を再度登録するときは、のちに書類でクルマを所有したことを国に申請する日、「登録日」の翌月分から月割りで課税されるんだ。もう1つ、旧所有者(下取り・買取り等)から新所有者へ移転登録をするときは、旧所有者は残りの期間(未経過分)の自動車税相当額の払い戻しをうけて、新所有者は自動車税の月割り相当額(未経過引継分相当額→消費税がかかります)を払うのが一般的なんだ。

ミ:月割りってことは、4月に買った場合はすべての金額を払うけれど、7月に買った場合、3分の2の金額を払えばいいってことね。

マ:そういうこと。翌年以降は毎年5月に1年分を納税することになる。そしてその金額は、クルマの排気量を基準に決められているんだ。

ミ:ハイキリョウ? それってなんだっけ? 松尾芭蕉お得意のやつかしら……。

マ:そりゃ俳句でしょ。

ミ:わかった!! 野山をお散歩するやつね。

マ:そりゃハイキング。

ミ:わかったわ。腹筋をきたえたらこれもきたえろって……。

マ:そりゃ背筋じゃい!! 初音ちゃん。中古車クイーンを名乗っている人が排気量も知らないのって、かなり問題だよ……。

ミ:は、はい……。

 
   
子ぐまのマーくんとミーちゃんの初めての中古車さがし